21世紀の松下村塾

21世紀の松下村塾は自分の強みに気づいて自分らしさを発揮できる秘密基地

投稿日:28/08/2017 更新日:

誰もが自分のやりたいことを持っています。
誰もがよくなりたい、学びたいと思っています。
誰もが「自分の強み」を持っています。
それに気づいていないだけで、可能性は無限大です。
21世紀の松下村塾は、それに気づいて自分らしさを発揮できる秘密基地にしていきます。

当塾は平日の昼間に空けています。
授業はしません。何も押しつけません。
自分で自由に過ごしていい、寝ててもいいです。
秘密基地のような場所にしていくので、なにかしたいことがあれば、いっしょにやりたいです。

たったひとつの仕事に縛られるのではなく、いろんなことをしたほうが楽しいし視野が広がりますね。
価値観は人それぞれですが、時代の変化というよりも、個の強みを発揮できる働き方の方がメリットがあると思います。
だから私は今の生き方を決めました。

学校に行きたくない子、学校の先生が嫌い、勉強が嫌いな子、人に会うのが苦手な子も、もちろん、学校や勉強が好きな子も大歓迎ですよ。
親子いっしょに来てもOKです。
訪問相談も始めました。
相談や見学は無料ですが、その際は事前にお問い合わせください。

21世紀の松下村塾はこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-21世紀の松下村塾

執筆者:

関連記事

人こそが人生の財産、人生を楽しむために一番大切なものは自由な時間

9月30日に、鳥取大学の学生2名が11月11日に行われる「教育だっぴ」の事前打ち合わせに倉吉まで来てくれました。 私が教員をしていたころの経験を聞きたいということで、この企画のゲストに呼んでくれたので …

子どもの学びを考える勉強会vol.3「SCHOOL CRYSIS CATALOGをつくる」のご案内

今の時代は子どもたちからいろんなものを奪っています。 自分の頭で考える力、学ぶ力、最も罪なことが子どもたちから自由な時間と遊ぶ場所を奪っていることです。 今は学校に行くだけでなく塾に行くことが当たり前 …

子どもたちが主体的に共に課題達成を目指して学び合う場を作りたい

教師は、課題設定と環境整備と評価に徹し、従来教師の仕事の中心だと思われてきた「教授」の部分は、従来のように教師が主導する一斉指導ではなく、子どもたちが主体的に共に課題達成を目指して学び合うというスタイ …

「不登校」の子どもたちは、世界を救う可能性を秘めている

僕らは、社会に合わせるために生きているんじゃない! 僕は僕であるからいいんだよ。 東大先端研ROCKET PROJECT・中邑賢龍先生 「社会不適合」といわれる不登校の子どもたちは、世界を救う可能性を …

9月28日に子どもの学びを考える勉強会vol.1「子どもはなぜ学校に行くのか?」開催

9月28日(土)に21世紀の松下村塾主催で第1回子どもの学びを考える勉強会を開きます。 21世紀の松下村塾というのは、私が代表をしている自由な学びの場です。 あなたは、そもそも子どもはなぜ学校に行くの …

スポンサーリンク

スポンサーリンク