社会問題

引きこもり状態にある人たちの高年齢化が進んでいる

投稿日:25/11/2015 更新日:

ひきこもり男性の26%は、発達障害の可能性が高い。

徳島大学の調査で、「広汎性発達障害」と年々高年齢化、長期化する「引きこもり」との関連性が報告されています。

山梨県では「ひきこもり」該当者のうち、40歳以上の占める割合は6割を超えるというデータも報告されています。

・数ヵ月前までは人と話すことすらできなかった彼らは、なぜ100人以上がいる前で、堂々と話せるようになったのか。

・一体なぜ、当事者がこれだけ集うことができたのか。

・引きこもり状態にある人たちの高年齢化の傾向は、ますます進んでいる

・会社を退職後、なかなか再就職先が見つからない状態が続いている

「引きこもり」するオトナたち

http://diamond.jp/category/s-hikikomori

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-社会問題

執筆者:

関連記事

日本で言ってはいけない真実とは?

「わが身に危険が迫ってもこれだけは伝えたい日本の真相! 」船瀬 俊介 (著) 今日もメディアは、皮層の情報しか流さない。 深層は永遠に闇の奥に隠蔽される。 それどころか虚報が“真実”の衣を …

小保方論文は早大がまともな審査をしていないことが問題

小保方さん戦ってます。 「学術的な理由とはかけ離れ、社会風潮を重視した結論を出された」というのも一理あると思います。 そもそも今回の件が「社会風潮」にならなかったら、小保方さんは研究者の道を閉ざされる …

2学期の始業式前後に自殺する子どもたちの “SOS” を見逃さないで

学校に行くのがイヤで子どもが自殺する。 これが現実に起きている日本の学校教育っていったいなんのためにあるのか? 学校に行くことは子どもの義務でもなんでもない。 学校に行かないという権利も自由もすべての …

東京五輪開催なんかで浮かれているときではない!

原発再稼働はなんとしても阻止しなければならない。 今日で、2011年3月11日の福島第一原発による人類史上最悪の原子力災害から2年半。 2年半経ったが、現場被災地では何の解決もできていないどころか、問 …

斎藤環さんが「ひきこもり」について書いている連載記事をまとめました

2018年3月の不登校・ひきこもりに関するイベント情報にも書きましたが、3月5日(月)に鳥取大学であった斎藤環さんの「ひきこもりと対話」という講演会に行ってきました。 講演の内容は詳しく書くことができ …

スポンサーリンク

スポンサーリンク