教育

「自閉症の僕が跳びはねる理由」の東田直樹さんとお母さん美紀さんの講演会

投稿日:05/03/2016 更新日:

今日は、ハワイアロハホールで行われた「自閉症の僕が跳びはねる理由」の著者、作家であり自閉症当事者の東田直樹さんとお母さん美紀さんの講演会に行ってきました。

素晴らしい講演会でした。
直樹さんもお母さんも、素晴らしい生き方をしておられます。

たくさんのことが勉強になりましたが、2人の話を聞いて特に思ったことは、「障害」というのは、限定された範囲の中で「障害」となっているだけだということです。
「障害」というのも、”一定の基準で判定された一つの状態”であるということ。周囲の環境によって「障害」になっているのだということが再確認できました。

今では彼の「障害」自体が強み、”武器”になり、様々な人に認められ、立派に社会貢献しておられます。
彼がもし自閉症でなかったら、今の彼はなかったといってもいいです。
自閉症の彼だから、今できることがあるのだと思います。

彼のメッセージや生き方そのものが多くの人たちに生きる喜びや勇気を与え続けている「作家」として活躍しておられます。
知的障害者が「知的能力が低い」と”判定”されているのは、現段階ではその人の才能や能力を測定する手段がないだけで、正確に観る方法を持っていないためなんです。

その能力をきちんと計る方法がないために当人の「持っている力」を見ることができないだけなのです。
私たちが「測定する手段」を持ち合わせていないために、「知的障害者」と診断されることによって、「知的能力が分からない」ために「知的能力が低い」と判定されているのです。

いろいろな知能テストや観察検査はありますが、それで測定できることは限られています。
直樹さんも「言葉」のみでの伝達は困難なのですが、”彼なりの伝達手段”を使えば、ちゃんとコミュニケーションも成り立ちます。

周囲の人が彼のメッセージをきちんと受信することさえできれば、会話も成り立ちます。
今日は、参加者の質問に対して「手書きの文字盤」を使って答えていました。時間はかかりますが、私たちがいつも使っている「日本語の言葉」による回答もできるんです。

他の発信手段があれば、彼の才能はもっと発揮されるだろうと思いました。

「障害」がある人もそうでない人も、自分の価値、自分の能力に気づいていない。
本人も周りの人たちも、その「よさ」に気づいていないことが多い。
本人の「よさ」に気づき、それを発揮できる場があるかないかで、生き方が違ってきます。

直樹さんの今があるのも、今このような形で作家として自立できているのも、小学生の時の出会いがきっかけです。
なので、自分のよさや才能に気づくためには限られた世界で暮らすのではなく、さまざまな人たちと出会うことが必要です。

自分が自分の価値に気づき、「自分らしく」生きていくためには、人生において誰と出会うかがとても重要です。
本人も周りの人たちも「その人らしさ」に気づき、存在そのものを認めてくれる人がいること、明日の自分を待ってくれる人がいることが希望になります。

今日の講演会は、「障害」の理解を深めることも目的でしたが、それ以上に自分の生き方を見つめるいい機会になったと思いました。

私にできることもまだまだたくさんありますので、これからもできることをしていきたいと思って帰ってきました。
今日のの講演で聞いたことで伝えたいことはたくさんありますので、またお会いしたときにでも話したいと思います。

314

自閉症の僕が跳びはねる理由 東田直樹公式サイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

プログラミング学習を「学び」と考えるか「遊び」と見るかで取り組み方は大きく違う

2020年の小学校でのプログラミング必修化に向けて、教員がプログラミング学習をすそのときにることは可能なのかということがよく取り上げられるようになった。 さらに、どんなツールをどのように使えば良いのか …

算数障害の理解と具体的な対応法とは?

なにより避けたいのは、無理やり問題を解かせて算数を嫌いになってしまうことです。 自分なりに時間をかけて計算が理解できるようになれば、子どもの自信につながります。 自信がつけば、自ら問題にチャレンジする …

学校がしんどいのは子どもだけではない 学校はますます窮屈になっている

今日から学校が始まったところが多いと思います。 「みんなといっしょに楽しく学校生活を送ってほしい」と思う親御さん、「休まず元気に学校に来てほしい」と思う学校の先生。新年度になって心機一転子どもに期待し …

児童虐待への対応、行政職員は丸腰 スキル磨けぬ仕組みが問題

今、この瞬間も子どもたちは苦しんでいるのに ・国の施策は穴だらけで肝心なところは現場任せ ・虐待にきちんと対応できない構造的な問題を ・児相は人手が足りず、専門性もない ・児相を国の機関にし、児童福祉 …

不登校のまま中学へ進学するとき、親はどうあるべきか

やれやれ卒業したと思ったら次は入学式が待っています。 この季節、進学は子どもも不安です。 小6と中3のこの季節は最も不安が大きいときです。 この時期に親のできることは、子どもを「信じて、見守り、待つ」 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク