仕事

82歳のおばあちゃん“はっちゃん”が作る料理が並ぶ食堂、最高の生き方

投稿日:17/11/2017 更新日:

はっちゃん、スゴイ!
はっちゃんのようになりたい。こんな生き方が最高です。
こんなばあちゃんをめざしましょう!

「月に7万円の赤字なんだよ。
でも自分が楽しんで最高なんだよね。
喜んで帰ってもらいたいんだよね。」

自分を生きるってこういうことなんだと思います。はっちゃんを知っただけで元気、やる気が出てきますね。
落ち込みそうになったらこの動画を見ます。

時間無制限・食べ放題・500円!
82歳のおばあちゃん“はっちゃん”が作る料理が並ぶ食堂
(11月1日 Nスタ(TBSテレビ) Nコレ。より )

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-仕事

執筆者:

関連記事

つながる雇用を実現します! 誰もが輝ける会社に

「障害がある」からといって仕事と何の関係がありますか? 「障害者雇用」は制度としての「形」はできていますが、実際には給与面で不当な差別をされたり、従業員から酷いいじめを受けている実態も少なくありません …

公務員ほど価値観や世界観の狭い職種はない、公務員こそ2枚目の名刺を持とう

公務員ほど価値観や世界観の狭い職種はないと思います。 異年齢、異性、異業種の自分の仕事と関係ない人とつながることで、仕事の幅が広がり、自分にも職場にもメリットが多いです。 また、名刺は自分を「売る」ツ …

学校も職場もコンフォーミティ(同調性)を増長させる特長を持っています

学校に代表される「教員一人対生徒多数」という場はコンフォーミティ(同調性)を増長させる環境であるという認識が必要です。 学校も職場もコンフォーミティを増長させる特長を持っています。 さらに「同一集団」 …

「働きたいけどすぐには無理」沖縄での引きこもり相談

「社会参加」って「家の外」に出して「決められた枠」の中に閉じ込めることなのでしょうか? ここで言っている「社会参加」という概念そのものに不自由さを感じますね。 この意味が理解できる人は何人いるでしょう …

「勝手に働き過ぎ」と言わせず 教職現場の包括的命令、最高裁認める

鳥居さん、みんなのために闘い続けてくれてありがとうございます。 なにが「勝手に働き過ぎ」というのでしょうか! 無理を強いている、過重労働を押し付けているのは文科省や教委でしょう。 まじめで責任感が強い …

スポンサーリンク

スポンサーリンク