暮らし

【500円食べ放題&子ども無料】おばあちゃん食堂がコロナでも頑張っていた!

投稿日:09/02/2021 更新日:

「私は人生が最高だよ 今」
「お客さんがよろこんでくれることがうれしいんだよ」
はっちゃん、最高だわ。
はっちゃんを観てるだけで元気が出てくるわ。


【500円食べ放題&子ども無料】おばあちゃん食堂がコロナでも頑張っていた!

82歳のおばあちゃん“はっちゃん”が作る料理が並ぶ食堂、最高の生き方

群馬・桐生市にある小さな食堂「はっちゃんショップ」は、いつもたくさんの客であふれていた。バイキング形式で並ぶ料理は、筑前煮やカレイの煮付け、焼きナスや山菜の天ぷらなど、懐かしい「おふくろの味」が15品以上並び、たった500円で食べ放題。地元だけでなく、県外からも多くの客が訪れる人気の食堂だ。

そんな食堂を22年間、たった1人で続けているのが、今年85歳になる、はっちゃんこと田村はつゑさん。1年中、素足に下駄で、料理から片付けまで全て1人でこなしている。
500円では採算が取れず、食堂は毎月7~8万円の赤字。それでも「お腹いっぱいになれば人は幸せになる」といつも笑顔で元気いっぱいだ。

いいことをして死んでいければいい。みんなに幸せを与えて、何分の一かは自分に戻ればいいなと思っているんだ。
ここがいいね。ここでみんなと話してる方が、旅行より楽しいよ。「お店をやるお金で旅行した方がいいんじゃないか?」と言われることもあるけど、実際に旅をする以上にいいことがあるからね。このお店をやっていると。お客さんが来て「うまいな~、500円で安いな~」と喜んで帰ってくれる。その喜んでる姿を見るのが大好きなんだ。
自分は子どもの頃に奉公先で散々バカにされて、泣かされてきた。その時に「今に見てろ、俺は俺で学校に行ってなくても、誰にもできないことをやってやるぞ」と思っていたんだ。それで今こうしてやれている。やるぞと思っていれば、できるものなんだよ。

はっちゃんの食堂を襲う新型コロナ、営業休止で生きがいを奪われ…

お客さんが来れば来るほど赤字なんですか?

そうだよ。500円じゃこんだけのものは食べられないよ。毎月7万円くらい赤字で、それは年金から出して補填してるんだ。それで17年くらいお店をやっている。65歳からやっていて、今もう83歳だからね。お金はもういらないと思っているからさ。貯めるつもりがないからやっていけるんだ。

10歳で家を出され、57歳で原付日本一周の旅へ。激安ワンコイン食堂を切り盛りする「はっちゃん」の経営哲学とは?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-暮らし

執筆者:

関連記事

もったいない、あなたの不用品が世界の子どもたちを救います

これ利用しました。 不要な衣類やバッグ・靴・服飾雑貨を送って世界の子どもにワクチンを贈れる素敵なお片づけサービスです。 捨てるのはもったいないものが誰かの役に立ち、さらに世界の子どもにワクチンを贈るこ …

山本太郎くんの「財源の話」「消費税廃止後の財源は法人税、所得税の累進性を導入」 

山本太郎くんの「財源の話」がとても分かりやすいです。 経済のことを理解するには算数の勉強も必要です。自分の頭で考えることはもっと大切です。 ・国民の生活を底上げすることなしで、この国の経済成長なんてあ …

鳥取県北栄町「職員の新型コロナウイルス感染症感染のお詫び」の必要はない

この感染により、町民の皆さまに不安を与え、ご迷惑をおかけしたことはとても残念であり、心からお詫びを申し上げます。 ん、ん? 職員が陽性者になったので町民に不安と迷惑をかけることになる? 陽性者になった …

新型コロナウイルス対策として国民1人当たり10万円を一律給付へ、その財源は?

新型コロナウイルス対策として、国民1人当たり10万円の現金の一律給付が決まりそうです。 「給付」というのが上から目線でなんだかなあとは思いますが、とりあえず安心する人は多いのではないかと思います。 こ …

2016年は自分の夢や理想に近づくために「超変革」の一年にしたい!

今年は、「社会的不適合者」の二人の生き方に学び、自ら実践していく一年にしたいと決めました。 家を飛び出し、長州藩を脱藩、放浪の後投獄、処刑、草莽崛起、立志尚特異の松陰、名主である実家を逃げ出し、修業し …

スポンサーリンク

スポンサーリンク