教育

子どもの自殺を減らすには根本から義務教育を見直す必要がある

投稿日:07/11/2015 更新日:

「中学生の自殺率増加を報じた記事(中学生の自殺率 過去最悪の水準 2015年すでに77件/BLOGOS)に対し、ホリエモンがTwitterおよびNewsPicksで以下のようにコメントした。

自殺率増加の一因は「義務教育で同一学年の同じ地域の子どもを9年間も集団生活させていること」だとし、根本から義務教育を見直す必要性を訴えている。

ホリエモンが義務教育に感じる「ずっと同じ人と同じコミュニティにいるヤバさ」

ホリエモンが義務教育に感じる「ずっと同じ人と同じコミュニティにいるヤバさ」

全く同感です。

「子どもの自殺を減らすには根本から義務教育を見直す必要がある。」

これと同じように、ひきこもりを減らすには、社会環境、職場環境を変える必要があります。

そもそも働くとは何かという根本から見直していかない限りひきこもりは増え続けると思います。

個人の提案はほとんど取り上げてもらいないですよね。

私は小学校の教員を25年勤めましたが、最終的にはめざす方向性の違いを痛感して辞めました。

口では良いことをいっていますが、言っていることとやっていることが違い過ぎるんですよ!
子どもに対しても、親に対しても、教員に対しても です。

私は自分の意志に反することを強制されるような組織の中にいても無理だ、できないと感じて、自分の道を進むことを選択しました。

上からの命令に妥協して生きるほどつまらない生き方はありません。

自由に意見が言えて自由に動き回れる今の状態の方がよっぽど充実しています。

これからも志を同じくする人たちとネットワークの輪を広げていきたいと思っています。

会議のための会議なんかやっても意味がありませんよね。

本気で「なんとかしたい」と考えている人たちが日常的に関わる場が大事です。

鳥取県では不登校やひきこもりの当事者の親の会を自主的に開いて語り合う場を設けています。

公的な相談機関とは違って、皆が本音を出しあえる素晴らしい場です。

今後もこのようなつながりをもっと広げていきたいと思っています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

倉吉トトロの会の9月例会に参加して

昨日は、不登校・ひきこもりの親の会「倉吉トトロの会」に参加しました。 現在不登校中のお母さん、かつて不登校を経験した当事者とお母さん、鳥取タンポポの会の世話人の方、蒜山で教育相談をしておられる方など、 …

前川喜平さんの講演会「 子どもたちの未来のために今私たちにできること」

街のみんなの学校プロジェクトが「自由人」前川喜平さんの講演会の動画をアップされました。 「自由に学べ、自由のために学べ」 「自分で未来を切り開く力」 そのためには何が必要で何が必要ないのか? 何を捨て …

鳥取県中・西部地区におけるハートフルスペース(教育支援センター)の立上げについて

鳥取県では、義務教育修了後の不登校(傾向)・ひきこもりが心配される青少年を支援する教育支援センターを設置しています。 東部ハートフルスペースでは従来の支援に加えて、今年4月からアウトリーチ型支援をスタ …

鳥取県教育委員会作成の「教育相談体制充実のための手引き」について

鳥取県教委は、新たに「手引き」を作成し、夏休み中に各学校の支援体制を整えてもらう考えだということですが、これまでも内部の担当者だけで作っている手引きがあります。 その結果が今回の数字です。 まず、この …

倉吉市民の多くは学校統合には「反対」なのに市報では・・・?

「市報くらよし」4月号ですが、これでは、まるで決定事項の報告になっています。 すでに5年後に学校統合が決まっているかのような市報の書き方は改めてもらいたいです。 市報の内容修正をもとめます! 「適正配 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク