教育

不登校は問題行動ではない 「義務教育」は「子どもが学校へ行く義務」ではない

投稿日:19/10/2016 更新日:

「不登校問題」とは「不登校は問題である」という考え方そのものにあります。
なので、「不登校は問題行動ではない」という認識が広がることが「不登校問題」の解決です。

既存の学校の「枠」ではすべての子どもに対応できなくなっていることは何年も前から言われていたのです。
学校以外の学びの場が認知されることによってすべての子どもが「自分らしさ」を発揮して生き生きと学ぶことができるようになります。
それは子どもだけでなく、学校の教員にとっても学校以外の人にとっても「自分らしく」居られることにもなるのです。

「義務教育」というのは、「子どもが学校へ行く義務」ではない

「義務教育」の「義務」について間違った考え方をしている人は多いです。「小・中学校は”義務教育”なんだから、義務である以上、学校は通わなくてはいけない」という解釈です。
しかし、この解釈が違うんです。

「義務教育」というのは、「子どもが学校へ行く義務」ではないんです。 実は、「義務教育」の義務は、大人の義務なんです。
「普通教育」を受けることは子どもにとっての「権利」であって、「義務」ではありません。子どもが健やかに学び育つように、「普通教育」を受ける権利を保障する義務は大人にあります。

つまり、行政は、学ぶ権利を保障するための学校を設置する義務があり、親は学校に行くよう、手続きなどを整える「就学の義務」があります。子どもには「普通教育」を受けることができる「権利」があり、大人には「普通教育」を受ける権利を保障する「義務」があるということです。
そして、これもよくある間違いですが、「普通教育」を受けることのできる場は「学校」とは限りません。
つまり、子も、親も「義務教育」に違反はしていないのです。違反しているのは、「普通教育」を受ける権利を保障できていない学校行政の方であって、すべての子どもが「普通教育」を受けることのできる環境を作っていく責任があるのです。

親は学校へ行けるように手続きもし、条件も整えているので、親の義務違反にはならない。
しかし、今の学校では、すべての子が学ぶ権利を保障するための学校にはなっていないのです。

不登校の児童生徒に対して行政の対応として多く行われている、子どもを学校へ矯正して来させるための「適応指導」ではだめで、子どもが学びやすい学校にしていく必要も、学校では学びにくい子どもに学ぶ権利を保証する場を作っていく必要もありまです。
つまり、今の状況では、行政の方が「子どもが学ぶ権利を保障するための学校を設置する」義務に違反しているといえるのです。
なので、「学校が合わない」のであれば、堂々と学校を休んでいいんです。だから無理していく必要もないんです。
学校へ行かないからといって罰せられることはありません。(罰があるという間違った考え方をしている人までいますが、本当に無理解な人です。)「不登校」は悪いことでもなく、間違ったこともしていないのです。間違ったことをしているというか、子どものニーズに応じた「普通教育」を受ける権利の保障が十分にできていないのは、教育行政の方なのです。

憲法にも教育基本法にも「学校へ行く義務」は書いてない

憲法にも教育基本法にも、明確にこう明記してあります。

●憲法第26条第2項
すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に「普通教育」を受けさせる義務を負ふ。義務教育は、これを無償とする。

●教育基本法
第4条 (義務教育) 国民は、その保護する子女に、九年の普通教育を受けさせる義務を負う。
2 国又は地方公共団体の設置する学校における義務教育については、授業料は、これを徴収しない。

「子どもは学校に行く義務がある」なんて事項はどこにもありません。
「九年の普通教育」については学校教育法で定められています。これって、教員採用試験で絶対に出題される内容です。

「条件付き入学」って法律に違反しているのでは?

障害を理由に「うちでは無理」と入学を拒否されるケースが多いのも法律に違反していると言えます。
確かに条件付き入学というのが現状ではありますね。
これって憲法違反なのですが、責任の所在が明確ではないのでうやむやになっていることが大きな課題のひとつです。

「普通教育」といってもまだまだすべての子を受け入れる体制は整っていません。
そして、行政は自ら気づいて動くということはないので、「合理的配慮」の要請など当事者や保護者が直接訴えていくことも必要です。
また、困っているのは子どもや保護者だけでなく学校の教員もそうなんですね。現場で具体的にどのように対応したらいいのか分からない教員も多いです。
なので、学校と対立するのではなく、保護者が具体的な方法を提案することも必要ですし、関係者が対話を重ねてできることを少しずつ進めていくしかありません。
これからも子どもたちの未来のために活動を続けていきますので、情報交換していきましょう。

文科省 不登校児童生徒への支援の在り方について(通知)

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

マインドマップを使った読書感想文の書き方

どうしても書かなきゃいけないなら、定型パターンに当てはめたり、穴埋め方式やなりきり感想文を書いていく方法もあります。 これにハマる子は、原稿用紙を何枚も書きます。「もうやめていいよ」と言っても書きます …

小学校を減らすことは、子どもにとってもデメリットしかありません

倉吉市の小学校適正配置について、小鴨・明倫・成徳地区説明会の概要が公開されています。 「小学校適正配置の推進計画についてどう思うか」に対して、各地区の意見は次の通り。 明倫地区:計画通り66.7%、計 …

9月1日に子ども自殺注意報を出す異常な国にしたのは誰か?

最近は、9月1日の前になると、「死んではいけない」と色々な団体や個人が発信するようになりました。 そんな君だからこそ、生きてやるべきことがある。君にしかできない役目があるのです。 それが、君が生まれて …

いじめ撲滅キャンペーンのような「初心者講座」からいいかげんに脱出せよ

鳥取県いじめ防止対策ガイドブック 「いじめられた側は傷つく」だから「いじめは悪いこと」 こんなこと、誰でもわかっています。 「いじめの本質」を分かっていないまま、いじめについて”理解した気でいる”人も …

不登校を「問題行動」と判断してはいけない

何度でも言います! 不登校が問題なのではなく、「不登校を『問題行動』だとしていること」が問題なのです。 学校システムそのものが不登校を生んでいるという認識が必要にも書いたとおり、2016年(平成28年 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク