教育

中学を卒業するまでに教科書を読めるようにすることが義務教育の課題

投稿日:12/11/2017 更新日:

教科書や新聞記事レベルの文章をきちんと理解できない中高生が多くいるにも書きました。

これは、「教科書の読み」について、ある中学校の学校だよりに校長が書いている文章です。

今まで行ってきた日本の教育は何だったのかと思うようになりました。
講師の方はRST(リーディングスキルテスト)を実施し、子どもたちに読解力がついていないことを明らかにしていましたので、講師の方は何度も「教科書を読める教育を」と強調されました。RSTの結果を分析すると、読解力は中学生までは伸びるが、高校生になると伸びないことも示されました。
読解力を伸ばすとしたら中学校を卒業するまでにという話が妙に説得力を帯び、義務教育の重要性を改めて認識いたしました。しかも、教科書を読めるようにすることを最重要課題にしている市(川口市の近隣市)があることを聴いて、驚きました。正直、そこまで読解力が喫緊の課題であるとは認識していませんでした。

学校だより「中学校卒業までに教科書を読める教育を」校長 鈴木 彰典(PDF)

「この高校生たちは,文章の意味を理解できているのだろうか?」
「義務教育で,教科書の文章を読める力は,本当についているのだろうか?」,などの疑問が残りました。

昨年,新井教授は,2万人の中・高校生を対象に,教科書をベースにした読解力調査を実施しました。その中で,多少の計算が必要な条件整理問題はAIにも回答が難しいとしても,「意味を理解する」力を持っているはずの人間でも正答できない問題が多々あったとのことです。

教育研究所 №733「中学卒業までに教科書を読む力を」

「中学を卒業するまでに中学校の教科書を読めるようにすることが義務教育の課題」?
えっ、今さらこれって??
じゃあ、これまでにやってきた国語の授業は何だったの?
何のために学校の授業を受けて、学校で何を学んでいるの?学んできたの?
読めない子を読めるようにするのが学校なんじゃないの?
これって義務教育の最低限の務めなんじゃないの?
読解力は教科書を繰り返し読んで身に付くものではありません。
きちんと論理立てて思考する技術を身につける必要があります。
読むためには「読み方」を学ばなければなりません。
それをやるのが義務教育の務めです。

「名門高校生・東大生」でも不安が残る読解力

小学校では、「算数の文章題を解けない生徒の多くが、『(問題で)何を聞かれているかわかる?』と聞いても答えられない。図にすれば解けるのだろうけど、図にすることができない。だからドリルは満点でも、文章題の答案は真っ白のままという生徒は少なくない。

教科書をどう教えるかについては微に入り細をうがって研究している教育系の学会でも、「教科書を生徒は読めるのか」という問題意識を持っていなかったことには驚かされました。「真剣に読もうと思えば、読めるはず」「読めなかったのはうっかりしただけ」と思い込んで、見過ごしてきたのでしょう。

「教科書が読めない人」は実はこんなにいる

これって、これまでにちゃんとした国語の学習ができていなかったということです。
国語の力が身につかないまま中学校を終えてたということです。
2020年から実施される新学習指導要領にもちゃんと明記してあるんじゃないの?
すでに数年前には人間がしていた仕事をロボットが担うようになっています。入試問題などAIには簡単にクリアできます。これからはロボットやAIが担う仕事はもっと増えていきます。
だとしたら、学校で何を学んでいくことが必要なのか、それをしなくちゃ。
しかし、そこまで考えて授業を組み立てている教員ってほとんどいません。今の学校は与えられたことをこなすだけで精一杯なので、そんな時間はありません。与えられたことをこなすだけなら人間よりもロボットの方が早く正確にできます。
21世紀の人間作りに何が求められているのか、ちゃんと考えてちゃんと実践しようよ。
それができたら学校って面白くなるよ。


まともな日本語を教えない勘違いだらけの国語教育


ブッククラブ・メソッドで国語力が驚くほど伸びる!―すぐにはじめられる教材と学習シート付き

近い将来にドラえもんのようなAIが誕生すると思います。
スマホみたいに世の中に当たり前のように友だちAI君ができます。「そう言えば、スマホっていうものがあったよねえ」って懐かしがるのもすぐ近くに来ています。
しかし、科学の進歩とともに常に戦争が伴なっているという現実があります。
それを考えるとAIの将来もどうなるか分かりませんが、それを回避するためにAIが誕生したと考えたいですね。

読解力がなければ「AIに職を奪われる」 教科書を正しく読めない中高生が多数いることが明らかに

そもそも読解力って何?
絶対評価でどの程度の読解力を診るのか?
大学入試で通用すればいい?
就職試験や資格試験に通用すればいい?
日常で使えたらいい?
そこから目的によっても違ってきます。

読解力に関してはバリアフリー社会なんで

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

7月29日(月)に虹の会主催で「不登校について考える」座談会形式のプレイベント

7月29日(月)に虹の会主催で「不登校について考える」座談会形式のプレイベントを行います。 発起人の小幡君も東伯文化センターにやってきます。 事前申し込みが必要ですので、参加希望者は「参加予定」だけで …

プログラミング教育は指導マニュアルがなくてもできる

いよいよ4月から学校でプログラミング教育が始まるようですが、準備はどうなんでしょう? 先行実践例では指導案なども公開されていますが、実際に「プログラミングと教科の内容をつなげて考えられる」教員がどれだ …

このたびのコロナ休校は学校改革の元年にする大きなチャンス!

今、改めて考えています。 学校はなんのためにあるのか? 子どもはなぜ学校に行くのか?行かされているのか?にも書きましたが、何故学校に行かなければ行けないのか?を問うことが大事だと思います。多くの人は「 …

「不登校の解決」って何かをしてもらうことではなくただただ共感すること

どんなに苦しい状況にある子どもでも、だれが見てももう救えないと思える若者でも、彼らがその状況から抜け出す力も、そこから歩き出す力も、誰が与えるものではなく、その力はすべて彼ら彼女たちが自ら持っているの …

みんなの困ったを改善するために「鳥取県 子どもたちの明日を語る会」があります

鳥取県では、平成25年度より「特別な支援を必要とする子どもたちの明日を語る会」を、東中西部の各地区で年1回開催しています。 子どもに関係するいろいろな立場の人が一堂に集まって意見を述べ合う場は、年にこ …

スポンサーリンク

スポンサーリンク