健康

大人が勝手に作った原発で子どもたちを被爆させてはならない

投稿日:03/10/2013 更新日:

「大人が責任を果たすためにできること」
福島の事故から2年半が経ち、未だ収束の目処すら立たず汚染水処理問題の拡大が報じられている中、原発再稼働と原発輸出への動きが本格化している。安倍政権は原発輸出を強化する方針で、国内原発メーカーは「国の後押しはありがたい」と受注拡大に期待している。
福島から避難先で暮らしている子どもたちからの大人へのメッセージがある。

「大人が勝手に作った原発でなぜ福島の子どもたちが被爆しなくてはならないのか、こんなつらい目にあわなくてはいけないのか、これほどの事故が起きたとしてもどうしてまだ原発再開を目指すのか、私には全くわかりません。総理大臣が替わっても良い国が作れるとは思いません。福島を徹底的にきれいにする計画を立てて実行してください。」
しかし、このような思いで暮らしている子どもたちの声を無視するかのように、大手電力会社、自民党政権、関連企業の多くはマスコミを通じて原発の停止によるデメリットばかりを強調し、原発推進に動いている。
福島第一原発事故後、ドイツ政府はいち早く2011年7月には22年までの全原発廃止を法制化した。原発廃止に向けてのプロセスには様々な課題もあるが、さすが世界の工業技術トップのドイツの英断だと言えよう。

では、原発の停止によるデメリットをどう考え、対応すべきなのか。
一つ目は電力不足問題だが、全く問題はない。
日本の電力全体の30%は原発で作られているというデータがあるが、これは火力・水力の利用率がそれぞれ50%、19%しか稼働していないことから出されている数値である。火力・水力の利用率を8割程度まで上げれば原発を0にしても日本の電力は十分足りているのだ。ことさら「節電」に努めなくてもいいだけの電力量は保てるのである。
二つ目は発電コストについて、実際には火力・水力発電の方が圧倒的に安く、原発の発電コストが一番高い。そして現在行われている事故処理費用を加えると膨大な費用が使われる計算になる。発電所の建設から廃炉までのコストまで含めるとさらに高くなる。
そして、その負担は国費、つまり国民の税金で賄われているというのも大きな問題である。原発事故の加害者である国と東電の事故処理費用には、原発の一次被害者である被災地の方を含めた国民の「血税」が勝手に使われているのである。
三つ目は化石エネルギー資源の確保について、「天然資源には限りがありそれを解決するには原子力しかない」という説もまた間違いだ。
確かに石油、石炭、天然ガスの埋蔵量には限りがあるが原子力燃料であるウランにも限りがあり未来永劫に渡って使い続けられるわけではない。しかも、原発が増えればそれだけは消費されていくのである。

「大人は命よりお金が大事なのですか?私たちの家族、友だち、だれひとり傷つけないでください。大人は責任をとってください。こんなことになるなら原発はないほうがよかった。」
このような福島の子どもたちの声に応えるには、大人が責任を果たすためにできること、それは、まず第一に原発の再稼働を直ちにストップし全原発廃止に向かって行動すること以外にはない。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-健康

執筆者:

関連記事

うつ状態の人にガンバレと言ってはいけない理由

実体験をもとに「うつ状態の人にガンバレと言ってはいけない理由」を考察した漫画に共感する人が続出しています。イラストレーターの汐街コナさんが、自身がうつっぽい状態に陥った経験から描いたものです。 むかー …

「大人の発達障害」当事者会の国内初の調査報告で30~40代男性が突出

発達障害の二次障害によって学校に行けなくなる子が在るように、それが背景にあって引きこもり状態になっている人もいます。 中には50代や60代の引きこもりの人もあります。 さらに、多くのケースでそれを自己 …

白まだら被害全化粧品メーカーに拡大 やっぱりか!

カネボウだけじゃなかった 白まだら被害全化粧品メーカーに拡大 ついに化粧品業界全体に“飛び火”した。 美白化粧品を使って肌がまだらに白くなる健康被害が出ているのはカネボウだけではなかった。 全国の消費 …

自然放射線と人工放射線の違いを知っていますか?

「自然放射線と人工放射線の違い」市川定夫氏 「もと地球上には放射能がある」だから、「今、福島から出ている放射能だって大丈夫」 「低線量なら身体に良い」「放射能は怖くない」「100ミリシーベルトまでは問 …

このチェックリストに当てはまったらADHDなんですか?

「発達障害児への投薬は危険!」にも書きましたが、この手のチェックリストが大流行しています。 このチェックリストに当てはまったらADHDなんですか? この記事のインタビューに答えているのは、「脳神経外科 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク