健康

原発事故後の日本を生きるために何ができるか

投稿日:21/09/2013 更新日:

小出裕章講演会 長野県松本市 2013/6/09
「原発事故後の日本を生きる未来を担う子ども達に今できること」
大気中の放射能だけで、広島原爆の168発分も存在している。
原発関連施設は、安全のため都市部周辺には作らないことにした。
原発や核燃料関連施設は、日本の過疎地に押しつけられた。
政府は、「どうやって国民を騙すか」だけを考えて原発を推進している。
あべしんぞうの「コントール発言」の代表されるように、国民をどうやって騙すかだけで行動している。
福島原発視察もただのポーズに過ぎない。
この度の選挙では、その「原発推進派」に国民が騙されて多くを当選させてしまった。
国民は、コケにされながらいつまで騙し続けられるのか!
それを変えていくには、あなたの行動にかかっている。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-健康

執筆者:

関連記事

新型コロナウイルスの集団感染拡大について思う

政府もお粗末ならメディアもお粗末。 どちらも無策、隠蔽、パニックを煽るだけ煽って責任回避に走っているだけ。 素人でも考えられる対策を出して終わり? 政府の対応力のなさとメディアの情報操作、今回もまた典 …

コロナは風邪の一種で、マスクも予防効果はあまり認められない!

・コロナは風邪の一種で、マスクも予防効果はあまり認められない。 ・健康に有害であるマスクの常時着用は不要である。 ・大手メディアによるプロパガンダが酷く、感染者数ばかり取り上げるために冷静な判断をでき …

COVID19のPCR検査は科学的に無意味である

科学的にも医学的にも根拠のない不確かな情報があたかも確かなものであるかのように思い込まされています。 「診断そのものに疑いがある」という根本的な間違いを正していく必要があると思います。 PCR検査の陽 …

子どもを犠牲にしてまで運動会をする必要はない!

こんなことしてまで運動会をする必要はない! 運動会だけじゃないで、普段の授業も音楽会、発表会、研究会、どれだけカッコだけの「形」のために無理してやってんの! 羽合小学校の飛び込み事故も、子どもの命より …

病名や、診断っていうのは、そもそも「未来」のためにあるものなんだ

声優・シンガー・ラジオDJ・作詞家であると共に一児の母でもある林原めぐみさんが18歳の自閉症の高校生からもらった手紙にブログで応えています。 この高校生のことも障害についてもとても深く考えていて、すご …

スポンサーリンク

スポンサーリンク