教育

遊びながら国語や算数が好きになるおすすめの本

投稿日:19/09/2016 更新日:

国語や算数が好きになるドリルならこれが面白いです。
つまらない繰り返し漢字・算数ドリルなんかさせるより、学校でも天才脳ドリルを採用したらいいのに。

賢い子には知識では測れないセンスがある!
考える力を伸ばすパズル道場の秘伝公開! 天才脳ドリル 語彙&表現 初級

考える力を伸ばすパズル道場の秘伝公開! 天才脳ドリル 数量感覚 初級

算数の楽しさを直接子どもに伝えたいなら、これをリビングに置いておくといいです。
子どもの方から、「これってどういうこと?」「これどうやってするの?」と聞いてきますよ。

さがしてみよう、あそんでみよう、つくってみよう 体験型読み聞かせブック
算数好きな子に育つ たのしいお話365

考える力が身につく! 好きになる
算数なるほど大図鑑 (ナツメ社こどもブックス)

さわって学べる算数図鑑

暗算・算数に遊びながら強くなる
びっくりサイコロ学習法―変形12面体&20面体サイコロつき

なぜ算数・数学を勉強するといいのか、ビジネス実践に役立つ内容です。
この本には数式はほとんど出てきません。
数式を使わない数学本ですから、「数学なんかいやだ!」という人も読めます。というか、くらしや仕事に必要な数学だけ取り上げられていますので、お金儲けをしたい人にはおすすめです。
会議の資料、プレゼン、マーケティング、商品開発といったビジネスに直結する「数学的スキル」のほか、接待、上司の説教、飲み会といった仕事上のごく日常的なシーンが登場します。
読み終わったら、「なぜ数学を学ぶのか」「どこで役に立つのか」実践的な内容で、なぜ「ビジネス×数学=最強」なのか分かります。
接客業、経営者、営業マンなど必読の書だと思います。
子どもに与える前に親が読んでみると、他人に教えたくなりますよ。

ビジネス×数学=最強

お任せ! 数学屋さん (一般書)

お任せ! 数学屋さん2 (一般書)

本は読んで聞かせるよりも、親が読んでいる本をリビングやダイニングに置いておくといいです。
親が面白そうに読んでいると、子どもの方から「どんな本なの?」「それって面白いの?」と聞いてきます。

学校の宿題をするよりも、よっぽど子どもは賢くなります。
親も「宿題をしないさい!」というストレスからも解放されますから、こんなにいいことはありません。

おじいちゃん、おばあちゃんから孫にプレゼントしてもいいですね。
子どもに渡す前に自分が読みたくなっちゃうと思いますよ。

家庭学習時間なんか決めなくていい

宿題をする家庭学習時間=学年×20分とか、繰り返し漢字ドリル何ページとかありますが、それって子どもがやる気になりません。
というか、長い時間や繰り返しやっても力はつかないし勉強が嫌いになっていきます。
でも、教科書やドリルよりも面白くてためになるものがあるので、やるならその方がいいです。
一番いいのは外で思いっきり体を動かして遊ぶことです。
だから、教科書やドリルは教室の机の中に置いといたらいいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

平成29年度の全国学力・学習状況調査もやっただけで終わりです

7月24日に「全国学力・学習状況調査」の倉吉市の学校の結果概要が公開されました。 学力調査と地域社会との連携とはどういうことでしょうか?? 調査結果を受けて具体的にはどういうことをするのでしょうか? …

「学校に行きたくない」自分の子どもからそう言われたら・・・

国の調査では山形県内の不登校の数が昨年度、過去最多に。 一方で、その数には現れてこない課題も、取材から見えてきました。 「学校に行きたくない」自分の子どもからそう言われたら…? 実際に、子どもから「学 …

鳥取県内の3中学校校内にサポート教室を試験設置へ

2018年度の鳥取県の中学校の不登校生徒数は486人 相談室・保健室には登校できるが教室には入れない生徒は117人 この他に公設の支援センターや民間のフリースクールに行っている生徒がいる。 そして、残 …

いじめ撲滅プロジェクト「BE A HERO」を知っていますか

子どもの発達科学研究所がいじめ撲滅プロジェクト「BE A HERO」、いじめ予防プログラム「TRIPLE-CHANGE」というのをやっています。 対話型のデジタル教材「すらら」など、いろいろな取り組み …

被害者が我慢しなければいけない学校も社会も間違っている

被害者が我慢しなければいけない学校も社会も間違っています! いじめを見てみぬふりをしている学校の教員も加害者です。 口だけで「いじめは許さない」といっている教員や教育委員会がいじめを許しているのですか …

スポンサーリンク

スポンサーリンク