教育

遊びながら国語や算数が好きになるおすすめの本

投稿日:19/09/2016 更新日:

国語や算数が好きになるドリルならこれが面白いです。
つまらない繰り返し漢字・算数ドリルなんかさせるより、学校でも天才脳ドリルを採用したらいいのに。

賢い子には知識では測れないセンスがある!
考える力を伸ばすパズル道場の秘伝公開! 天才脳ドリル 語彙&表現 初級

考える力を伸ばすパズル道場の秘伝公開! 天才脳ドリル 数量感覚 初級

算数の楽しさを直接子どもに伝えたいなら、これをリビングに置いておくといいです。
子どもの方から、「これってどういうこと?」「これどうやってするの?」と聞いてきますよ。

さがしてみよう、あそんでみよう、つくってみよう 体験型読み聞かせブック
算数好きな子に育つ たのしいお話365

考える力が身につく! 好きになる
算数なるほど大図鑑 (ナツメ社こどもブックス)

さわって学べる算数図鑑

暗算・算数に遊びながら強くなる
びっくりサイコロ学習法―変形12面体&20面体サイコロつき

なぜ算数・数学を勉強するといいのか、ビジネス実践に役立つ内容です。
この本には数式はほとんど出てきません。
数式を使わない数学本ですから、「数学なんかいやだ!」という人も読めます。というか、くらしや仕事に必要な数学だけ取り上げられていますので、お金儲けをしたい人にはおすすめです。
会議の資料、プレゼン、マーケティング、商品開発といったビジネスに直結する「数学的スキル」のほか、接待、上司の説教、飲み会といった仕事上のごく日常的なシーンが登場します。
読み終わったら、「なぜ数学を学ぶのか」「どこで役に立つのか」実践的な内容で、なぜ「ビジネス×数学=最強」なのか分かります。
接客業、経営者、営業マンなど必読の書だと思います。
子どもに与える前に親が読んでみると、他人に教えたくなりますよ。

ビジネス×数学=最強

お任せ! 数学屋さん (一般書)

お任せ! 数学屋さん2 (一般書)

本は読んで聞かせるよりも、親が読んでいる本をリビングやダイニングに置いておくといいです。
親が面白そうに読んでいると、子どもの方から「どんな本なの?」「それって面白いの?」と聞いてきます。

学校の宿題をするよりも、よっぽど子どもは賢くなります。
親も「宿題をしないさい!」というストレスからも解放されますから、こんなにいいことはありません。

おじいちゃん、おばあちゃんから孫にプレゼントしてもいいですね。
子どもに渡す前に自分が読みたくなっちゃうと思いますよ。

家庭学習時間なんか決めなくていい

宿題をする家庭学習時間=学年×20分とか、繰り返し漢字ドリル何ページとかありますが、それって子どもがやる気になりません。
というか、長い時間や繰り返しやっても力はつかないし勉強が嫌いになっていきます。
でも、教科書やドリルよりも面白くてためになるものがあるので、やるならその方がいいです。
一番いいのは外で思いっきり体を動かして遊ぶことです。
だから、教科書やドリルは教室の机の中に置いといたらいいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

別に学校に行かなくても困っていない、自分で決めたことをやっていきたい

昨日、ある保護者の方と話をしました。 「うちの子は学校には部活だけいっていて勉強はしていない。それを問題だとは思いません。友だちとも遊ぶし、本人も毎日楽しく過ごしていて、体も心も健康です。」 周りの人 …

入学式や入社式が「一斉」であるのは良いことなのか?

ほんとめんどくさいなあ! こういう儀式や形が日本人を不自由にしている気がします。 窮屈な原因がわかった。 こういうことってすべて支配する側の都合で決めたことです。 何歳だって、どこにいたっていいじゃな …

道徳科導入と教員の評価についての問題点がありすぎる

小学校では今年度から「道徳科」が始まりました。 ・教育の最低基準が行き過ぎると、教育の画一化を招いたり、ときの政治権力の考えに沿って学校教育が行われたりするようになってしまう。 ・道徳は個人の価値観や …

「不登校」を解決する方法は2つ 「不登校」という言葉も日本から消滅します

鳥取県内の学校ではすでに2学期が始まっているところもありますが、無理して学校へ行かなくたっていいよ。 私も全く同じ意見です。 「なぜ不登校の児童生徒が増えているのか?」 これに明確に答えられない人は、 …

不登校も競い合いの学校体制が背景にあります

不登校も競い合いの学校体制が背景にあります。 親御さんは「なぜうちの子が」「なぜ自分たちがこんな思いを・・」という”悩み”を抱えておられますが、学校に行かないことが間違っているのではありません。 学校 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク