教育

『学校をやめる』っていう選択肢もありです。私はこれで学校を辞めました

投稿日:26/10/2016 更新日:

「あの頃は『学校をやめる』っていう選択肢があることを知らなかった。そういう選択肢があるって知っていたら、もっと早くに楽になっていたと思う。」
「親の期待に応えるために、心を壊してまで子どもが頑張る必要はない。」
「子どもは親の所有物ではなく、親の希望を叶えるために生きているのではない。」

子どもは教えない方が自ら学習しますね。
私も生徒と保護者以外、渡る世間は「敵」ばかりです。(笑
あえて敵を作って楽しんでいるという「Mっ気」もあるかもしれません?

私は決して学校を否定しているわけではありませんが、学校にも限界があるということです。
すべての子どもを今の体制の中に閉じ込めることは不可能です。
そうしようとするから、子どもたちは自ら言葉だけではないメッセージを発しているのです。
そのメッセージの受け止め方もまた問題ありありなんですよね。
学校に行くのもあり、それ以外の選択肢から選ぶこともありなんです。

どこで何を学ぶか、どこでどんな仕事をするか、すべては個人の自由です。そのために必要があれば学べばいいんです。
子どもは学校を選ぶ権利ももっています。
本当は、選ぶ権利も生きる自由も誰にも縛られることはないんですよね。
学校行くとか行かないとか、関係ないんですよね。

「学校は命を賭けていくところではない」「学校へ行くか死を選ぶか」という究極の二者選択ではなく、そこまでギリギリになってから「学校へ行かない」と決めるのでもなく、もっとシンプルに考えたらいいんです。
・学校へは行きたいときに行って、行きたくないときには休む
・他のことがしたければ学校を休んで他のことをする
「学校へ行くこと」が前提ではなく「自分の興味・関心」が動機、出発点であることが重要なんです。
そこに学びたいことがあるのか、自分の求めているものがあるのかという目的で決めたらいいんです。
大人が自分を生きていないことを子どもに押し付けるのは、こどもにとっていい迷惑です。

「不登校になる前は、なぜ学校に通っていたの?」娘の答えはあまりにもシンプルだった

担任が家庭訪問をするたびに「学校においで!」「みんな待ってるよ。」という言葉かけ。
さらには、クラスの子どもたちからの手紙まで持ってくる。
これでは子どものプレッシャーを益々大きくし、保護者の精神的な負担を増してどんどん不安だけが拡大していきます。
学校との信頼関係もどんどん悪化していきます。
誰からそのように仕向けられているのか分かりません(いや、分かってます)が、これこそまさに不適切な対応です。
子どもは担任や校長のために生きているのでも学校へ行くのでもありません。
まずは、「自分を生きるとはどういうことなのか」教員自身が自覚することが先です。

こちらに、私から親御さんと学校の先生へのメッセージを書いています。

「むやみな言葉かけが子どもの心を傷つけるときもある。」
「先生と会えば学校に連れていかれる!」
「子どもは自分を認められたことで安心し、自然と前に向くようになっていきます。」

不登校の子を「見守る」という支援を。先生に忘れてほしくない4つのこと

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

「道徳的価値観」を評価するなんて不可能です

評価しようということが大きなまちがいです。 道徳の教科化が一番不道徳なことです。 100人いれば100の「ものさし」がいるんですよ。 これまでだって道徳の副読本はあったけど、全部消化した教員はいないで …

夢や希望は観念ではなく小さな行動の積み重ねによって自分で作っていくもの

思いを持つことは大事です。 思いがなくては何も始まりませんからね。 しかし、思いを持つだけでは夢は実現しません。 思い以上に大事なことが行動を始めること。それ以上に大事なことは行動を続けることです。 …

コロナ休校はまたとない教育改革、教員の働き方改革のチャンス

小学校6年中学校3年分の学習をたった7日で総復習できるのかにも書きましたが、学校の勉強は学年ごとに1年間もかけなくても学習内容を身につけることはできます。 教科書程度の内容であれば、無駄をなくす学習の …

「不登校」の子どもにとっては「学校みたいな場じゃない」ことが大切

不登校の児童生徒は「心の不安感」だけでなく「制度上の不利益」を被っているにも書きましたが、「出席扱い」になるかどうかも重要だとは思います。 でも、子どもにとってはそれが最優先なのかなあ? 「子どもにと …

「不登校を100%解消させて学校へ戻す」という高額セミナーを考える

「不登校・ひきこもりを100%解消させて学校へ戻す」という高額のセミナーがあります。 「何とかして学校へ行かせたい!」と思っている親御さんにとって、このような触れ込みは魅力的に思えるのかもしれません。 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク