教育

なぜ小学校の先生を退職してまでこのような活動をしているのか?

投稿日:30/09/2015 更新日:

下村さん、全く同感です。

私のめざすところも同じです。

全国にはすでに、下村さんの向かおうとしている場を作っている人たちもいます。

彼らと全国的なネットワークを構築して、さらに発展させ、全国に広げていきたいです。

もはや、文科省の指導の下での学校教育は破綻しています。

教育力のスキルアップをめざして個人の努力をしている一部の教員だけでは限界もあります。

様々な問題が発生しているにも関わらず学校現場でも手を付けられなくなり、責任を取るものがいないばかりか、責任の取り方も知らない文科省や教育委員会に依存することはかなり危ないと考えています。

さらに道徳の教科化など、もってのほかです。

誰かに押し付けられた道徳など、何の価値もありません。

人間性、道徳性を国が評価する仕組みを作るなど、そら恐ろしいことです。

そもそも、国民を騙して政策を推し進めようとしている政府の道徳性が問われます。

http://ameblo.jp/sarukichi-kun/

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

「学校に行かなくてはならない」という思い込みを捨てましょう

鳥取県教育委員会が不登校のきっかけとして、 「小学校、中学校ともに『不安などの情緒的混乱』『無気力』という”本人に関わる問題”が多く、『(いじめを除く)友人関係をめぐる問題』が続いている。」 と発表し …

あなたは文字派? 聴覚派? 6つの「認知特性」ごとに最適な勉強法教えます!

繰り返しドリルは効果があるどころかますます勉強が嫌いになっていきます。 ドリルが宿題に出されてもやる気が出ないのは当たり前です。 だからそんな宿題はしなくていいです。 その時間を自分の好きなことをした …

特別支援学校は、頑張るため、我慢する訓練の場ですか?

働くことで得られる喜びとは何なのか? 学ぶ楽しさは、一人ひとりが違います。 進学も就労もゴールではなくスタートです。 働くことで得られる「報酬」とは、お金だけではありません。 人としての役立ち感、存在 …

子育て・教育指南本が母親の不安を増している

情報がたくさんありすぎても、却ってじゃまになる場合があります。 「いい子育て」 「いい母親になるために」 「子どもの教育成功法」 などという子育て、教育本が氾濫していますが、その情報に振り回されて本来 …

いじめ自殺でアンケート破棄が常態化する学校の「証拠隠滅」は裁判対策のためか?

本当にやり切れませんね。 怒りしかありません。 司法に訴えてもいじめの事実さえ隠蔽されて敗訴って。。。 一体正義とはなんなんでしょうか? ・司法は「いじめられた子ども」を守る判断ではなく、「いじめ自殺 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク