教育

なぜ小学校の先生を退職してまでこのような活動をしているのか?

投稿日:30/09/2015 更新日:

下村さん、全く同感です。

私のめざすところも同じです。

全国にはすでに、下村さんの向かおうとしている場を作っている人たちもいます。

彼らと全国的なネットワークを構築して、さらに発展させ、全国に広げていきたいです。

もはや、文科省の指導の下での学校教育は破綻しています。

教育力のスキルアップをめざして個人の努力をしている一部の教員だけでは限界もあります。

様々な問題が発生しているにも関わらず学校現場でも手を付けられなくなり、責任を取るものがいないばかりか、責任の取り方も知らない文科省や教育委員会に依存することはかなり危ないと考えています。

さらに道徳の教科化など、もってのほかです。

誰かに押し付けられた道徳など、何の価値もありません。

人間性、道徳性を国が評価する仕組みを作るなど、そら恐ろしいことです。

そもそも、国民を騙して政策を推し進めようとしている政府の道徳性が問われます。

http://ameblo.jp/sarukichi-kun/

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

鳥取県「子どもたちの明日を語る会」で保護者の声は届いているのか?

鳥取県では、平成25年度より「特別な支援を必要とする子どもたちの明日を語る会」を、各地区で年1回開催しています。 子どもに関係するいろいろな立場の人が一堂に集まって意見を述べ合う場は、年にこの1回しか …

発達障害の子どもに合った園や学校を選ぶことが大切

車を買うときに試乗したり、家を建てるときに展示場の見学や宿泊体験をしたりするように、幼稚園や学校を選ぶ時にも事前見学やリサーチは必要です。 できるだけ早い時期に、たくさん見に行くといいです。 それも、 …

学校は子どもたちがICT機器と自由に遊べる時間を確保するだけでいい

2020年の学校ではプログラミング教育が一つの目玉になっていることは確かです。 堀田さんの「論」もしごくまともだとは思います。 が・・・ かつて学校へPCが導入された時もそうでしたが、興味のある先行実 …

LD(学習障害)のある子も「できる子」として接すること

すべての子どもが「勉強したい!」「できるようになりたい!」と思っています。向学心、向上心のない子どもは一人もいません。 しかし、一斉一律学習によって勉強が嫌いになる子どもがたくさんいます。 学校の教室 …

文科省・鳥取県教委の考える「不登校児童生徒を支援する上での基本的な姿勢」

平成28年9月14日に文科省から県教育長宛に出された通知があります。2年前のことです。 不登校児童生徒への支援の在り方について(通知) 「不登校児童生徒を支援する上での基本的な姿勢」として ・不登校を …

スポンサーリンク

スポンサーリンク