教育

なぜ小学校の先生を退職してまでこのような活動をしているのか?

投稿日:30/09/2015 更新日:

下村さん、全く同感です。

私のめざすところも同じです。

全国にはすでに、下村さんの向かおうとしている場を作っている人たちもいます。

彼らと全国的なネットワークを構築して、さらに発展させ、全国に広げていきたいです。

もはや、文科省の指導の下での学校教育は破綻しています。

教育力のスキルアップをめざして個人の努力をしている一部の教員だけでは限界もあります。

様々な問題が発生しているにも関わらず学校現場でも手を付けられなくなり、責任を取るものがいないばかりか、責任の取り方も知らない文科省や教育委員会に依存することはかなり危ないと考えています。

さらに道徳の教科化など、もってのほかです。

誰かに押し付けられた道徳など、何の価値もありません。

人間性、道徳性を国が評価する仕組みを作るなど、そら恐ろしいことです。

そもそも、国民を騙して政策を推し進めようとしている政府の道徳性が問われます。

http://ameblo.jp/sarukichi-kun/

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

平成27年度「倉吉市民シンポジウム倉吉市立小・中学校の適正配置」について

倉吉市のHPを探しに探してやっと見つけました。 平成27年度「倉吉市民シンポジウム倉吉市立小・中学校の適正配置」について http://www.city.kurayoshi.lg.jp/p/gyous …

大学入学共通テストの試行試験、採点者も迷う記述式で点数のバラツキ大きい

大学入学共通テスト、試行試験が行われましたが、これ、ちょっと見てみたけどまったくやる気が起こりません。 時間制限なんかされたら不可能です。 こんな問題やってる高校生、そしてそれを勉強させている高校や塾 …

不登校対策やひここもり支援にしても本質の理解が欠けている

世間から「学校を休んだり、逃げたり、撤退するということへの否定的なまなざし」が強いのは確かです。 学校に行く行かないの自由は認められたとしても、現在不登校をしている子どもたちが「学校に行かなくても、何 …

多様な教育機会確保法案には絶対反対です!

9月14日、文科省は「不登校を問題行動と判断してはならない」との見解を含む「通知」を出したばかり。 だというのに、「子どもを学校に行っている子と学校に行っていない子に分類し、個人の状況や能力に応じて違 …

全国学力テスト採点現場のひどい実態、採点現場の混乱

まあ、全国学力テストなんてこんなもんです。 現場の教員の多くは、こんなもの信じていません。やる意義を感じていません。めんどうなものとしか考えていません。 こんなことに巨額の予算を投じて、全国の学校を序 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク