教育

彼らは誰のため、何のために教員をやっているのでしょうか?

投稿日:

部活動中の事故やいじめなどが原因で死亡・負傷した児童生徒の保護者ら41人についての調査結果です。

「学校側の事後対応についてどうだったか?」という質問に対して

民間団体「全国学校事故・事件を語る会」が遺族や当事者に対する調査では、「適切だった」と回答した人はゼロ。
文部科学省が教育委員会や学校を対象に実施した同様の調査では、「適切だった」と回答した人は98%。

民間団体の行った遺族や当事者のアンケートでは、発生から1週間以内の学校側の対応について、「適切だった」と感じている人はまったくいなかった。

文科省の行った学校の事故対応に関する調査報告書では、発生直後の遺族らへの対応が適切だったと思うかという問いに、「とても適切だった」が82・7%を占め、「少し適切だったと思う」が15・3%だった。

このように、遺族や当事者と学校の事故対応に関する認識に極端な違いがあります。
違いというか、全く反対の数字が出ています。

このような調査では、学校側は文科省に「適切でなかった」なんて言えないし、もしそう答えたとしても、責任を取らされる文科省側も自分たちの都合のいい答えを出そうとするのは当然の結果です。

これだけ被害者意識と加害者意識が正反対であるにも関わらず、学校側や文科省は、被害者の思いを無視して責任から逃れようとしています。

「部活動中の事故やいじめなどが原因」で子どもたちが死亡・負傷したのに、文科省、教委、学校には何の責任もないなんて、どう考えてもおかしいでしょ。

被害者の家族や遺族がどんな思いで暮らしているのか、分からないのでしょうか?
分かっていても「学校にはなんの責任もない」と答えて、その後も何もなかったように学校運営ができる教員の考え方は全く理解できません。
彼らはいったい誰のため、何のために教員をやっているのでしょうか?
少なくとも、子どもたちや親御さんのためではないことは分かります。

あと、大事なことは「これは他府県で起こっている」という認識ではいけません。
あなたの子どもさんも、毎日このような危険な場に置かれていることを自覚してください。

だからこそ、私たちは日ごろから文科省、教委、学校の取り組みを注視していく必要があります。

http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201509/0008396421.shtml

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

トエックを卒業した子たちが12年間も実証し続けている!

小学6年間、まったく授業を受けなくても、 中学校の初期段階で学力はほとんど追いついてしまう! 「本当の学び」とは何か? 子どもの主体性を伸ばすとは何か? 私たちが目指すべき「学校」がここにあります。 …

大学入試センター試験は「発達障害特別措置」で受験できます

大学入試センター試験は「発達障害特別措置」で受験することができます。 その際、「個別の指導計画」や「個別の教育支援計画」を作成したかも記入する必要があります。 さらに、高校で作った個別の教育支援計画は …

自由な発想をするのにおすすめなのが「ひとりブレインストーミング」

「光と同じ速さで、光線の中を走ったらどうなるんだろう?」 この発想がアインシュタインの偉業の一つ、相対性理論を生み出すきっかけになりました。 ここで、アインシュタインの立場になってみましょう。 まだ相 …

子どもが学校に行きたくない本当の理由

「宿題ができていないと、みんなの前ですっごい怒られるんだ」 「給食を見に行くと、え? 軍隊なの?と思うような雰囲気でした。」 学校教育の評価のしかた、教員の対応のまずさも不登校の要因になっています。 …

中学校に行っていなくても高校に行けますか?進学できますか?

子どもが学校へ行かなくなったとき、親の一番の心配は高校進学だと思います。 中学校に行っていないのに、高校はどうするのか?さらにその先の進路はどうなるのか? と、親は不安になるのも当然ですよね。 多くの …

スポンサーリンク

スポンサーリンク