教育

僕は、みんなと同じことをさせられる学校が大嫌いだった。

投稿日:01/06/2017 更新日:

僕は学校が嫌いだった。小学校も中学校も高校も、みんな大嫌いだった。
僕が通っていた小学校の教育目標には、「みんな明るく元気よく」といった言葉が並んでいた。
僕にはこれがどうしても許せなかった。

まったく同感です。
学び方も生き方も、100人いたら100通りあるのが当たり前。
学校教育目標は、人間の多様性を否定しかねない。
それが人間性まで評価されたらたまったものではありません。
画一的、一方的、一律的な強制は人間性を奪うことにつながる。
自ら事業を起こす雇われない働き方だってたくさんあります。
組織の中のパーツではなく、「個」として生きることに大いに賛同します。
一人でいる素晴らしい子です。
このような「僕」を育てていきたいですね。

「刑務所みたいで嫌だった」
同じ勉強、同じ給食、休憩時間も掃除時間も決められている。同じ時間にみんなが同じことをする。
まさにぴったりの表現ですね。

日本では何もしなくても座っていたら勉強したことになります。
子どもにとっては苦痛でしかありません。
日本ではそうやって勉強嫌いの子どもを作っています。
学校に行った大人も勉強が嫌いになり、「勉強は我慢してやるもの」として子どもに強制しているのですから、ますます勉強が嫌いになります。
これが日本の学校教育です。

一番おとなしいのは、ものいえぬ教員じゃないでしょうか。

僕は学校が大嫌いだった。日本人は「みんな明るく元気よく」の呪縛に囚われている

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

「教育だっぴ」という鳥取大学の学生が主催したイベントに参加

今日は「教育だっぴ」という鳥取大学の学生が主催したイベントに参加してきました。 ゲストは学校の教員など教育関係者が中心でしたが、今回もいろいろな人たちと交流ができ、多くの刺激を得ることができました。 …

やる気の出ない宿題なんかしなくたっていい

やる気の出ない宿題なんかしなくたっていいんです! やりたくなるような内容だったらやればいいですが、無理やりやらせるのは無茶苦茶です。 本来、勉強は学校でやるもの。 残業(居残りや宿題のこと)手当ももら …

英語が小5から正式教科って誰のための英語の教科化なのか?

何のための、誰のための英語の教科化なのか? 小中高を通してのビジョンが全くないままの小学校での教科化では、なんの意味もありません。 英語が教科になれば評価もする必要がありますが、その評価基準もバラバラ …

算数嫌いになるのは、嫌いになるような指導をしているから

算数嫌いになるのは、嫌いになるような指導をしているからです。 一番ダメな指導が無理やり問題を解かせて算数を嫌いになってしまうことです。 その一番障害になっているのが学年別の一律のカリキュラムと評価制度 …

鳥取県西部地区の不登校児童生徒と家族を支援する「つながろう会」の3月例会

鳥取県西部地区にある不登校児童生徒、ひきこもり青年の家族を支援する「つながろう会」の月例会があります。 日時:3月12日(土) 13:30~16:00 場所:米子市福生西公民館 1F学習室    米子 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク