暮らし

「みんな違っていい」といいながら「普通」に支配されて自分を生きていない

投稿日:11/10/2017 更新日:

世の中に排除するシステムが拡大していく理由。
だからいじめが起こります。
それはみんなの中にあります。
みんな違ってみんないいはずなのに、現実は誰が決めたのかわからない「普通」に縛られて生きている。「普通」から一歩外れたら社会からは偏見の目、「普通じゃなきゃダメ」という社会的重圧、社会的脅迫の中で怯えながら生きている。
たった一本の決められた道をたったひとつのものさしで評価され、そこから外れると「普通じゃない」と非難される。
こんな社会が生きづらいのは当たり前です。

「普通」とか「標準」とか「基準」とか、誰かが勝手に作った人と人を比較して優劣をつけるものさしなんかに振り回されないで、もっと自由にやりたいことをして生きたらいい。
自分のものさしは自分で作って自分で決めたらいいんです。
世の中にはそんな輝いて生きている人がたくさんいるのだから。

人はみな産まれた瞬間から、いや産まれるまえからあらゆる場面、あらゆる時に他人と比較されながら生かされています。だから自分自身も「普通」というものさしで無意識のうちに他人と比べるようになっていきます。
それは自分が他人より優れているか劣っているか比べるためです。
他人との比較によって優越感や安心感を得たいからです。
他人との比較によって得られる優越感や安心感は他者を差別し、排除することにつながっていきます。
世の中に上下関係を増大させていきます。世の中に排除するシステムを拡大していきます。
「普通」以上であることで安心し、他者を排除し、「普通」以下だと劣等感を感じ、嫉妬心が生まれます。
このようにして人は自尊心をどんどん失っていきます。
みんな違っていいといいながら、多くの人たちがこの「普通」に支配されて、自分を生きていません。
自分を生きるためには、自分だけのものさしを持つ必要があります。
それは「普通じゃない」ものさしでなければいけません。

学校での学習評価は限られた方法と「ものさし」で測定した値に過ぎないのです。
学校での学習評価は限られた方法と「ものさし」で測定した値に過ぎません。
子ども個々のもっている素晴らしい才能を見ることができていないんです。
インプットとアウトプットのしかたを工夫するだけで、学習障害の子どもたちも能力を発揮することができます。

学習障害は学習の仕方や評価のものさしを工夫することで「障害」ではなくなる。
みんなが同じ方法や評価基準で測定しているために「障害」と見られています。
その多くは才能あふれた人なのに、文字や音声などの限られた伝達ツールしか使えないために「学習障害」と判定されているだけなんです。
だから、「その子に合った学習時間」「その子に合った学習内容」「その子に合った学習方法」「その子に合った学習道具」「その子に合った評価」をしたら、それは障害ではなくなります。

親や学校からの一方的な評価によって自己肯定感を下げ、自分がダメな人間だと思い込み、自信を失っている子どもたちもいます。自分を計る「ものさし」に気づくことで自己肯定感を高められる。
大切なことは、大人の一方的な価値観で決めつけるのではなく、ともに考えて「できることをする」ことです。
なによりも、自分自身が「やってて楽しい!」と感じることが大事なんです。

みんなと同じにしようとするから悩むんです。他人に合わせようとするから無理が生じるんです。「みんな」とか「普通」とかいう基準を作るから排除や差別が生まれます。だから、自分のものさしで生きたらいいんです。

あなたは、自分だけのものさしを持っていますか?

世間一般の「普通」が人生を生きにくいものにしていないか
「空白期間があったらダメ」「通勤は満員電車」という風潮にウンザリ

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-暮らし

執筆者:

関連記事

反対意見は大歓迎です。逆にうれしいです!

結局は人と人とのコミュニケーションなんです。 確かに、仕事が出来る出来ないよりもこのような社会的常識は身に付けていてほしいです。 まあ無理なものは無理なのでしょうが、いきなり拒絶というのはあんまりなよ …

所属先や肩書きが知らず知らずのうちに人の意識の中に入り込んでいる

子どもの作品の展覧会やコンクールでは、作品には「鳥取市」「米子市」ではなく「○○小学校」「○○中学校」で、「金賞」「銀賞」ではなく「知事賞」「教育長賞」になっています。 学校の代表として出展しているの …

すべきことは「ひきこもりからの脱出」ではなく、本人の苦痛や困り感を解消すること

内閣府は29日、40歳~64歳までを対象とした「ひきこもり」の実態調査の結果を公表。40歳以上のひきこもりは推計61.3万人とした。15歳~39歳までの「ひきこもり」は2015年の調査で推計54.1万 …

不登校やひきこもり支援について鳥取県行政へのご意見、ご要望をお受けしています

鳥取県では3000万円の予算をつけて「不登校生徒等訪問支援、居場所づくり事業」を行っています。 実は、ある方を通じて不登校やひきこもりの支援に対する県民の声を県政に伝える機会をいただきました。 不登校 …

人生の目的は「幸せ」だと感じて生きていくこと、幸せを感じるのは貢献感

「この世の最大の不幸は、貧しさや病ではありません。だれからも自分は必要とされていない、と感じることです。」 (マザー・テレサ語る) 幸せとはお金でも仕事でも地位でもなく、誰かから必要とされていると感じ …

スポンサーリンク

スポンサーリンク