教育

今のままでは「不登校」という言葉をなくすことはできません

投稿日:31/01/2016 更新日:

文科省は「不登校を未然に防ぐための支援策を検討中で、年度内にも方針を示す考え」だということですが、これまでもさんざんやってきた結果、不登校の児童生徒は増え続けています。

本質の理解をしないまま、できもしないことを簡単に口にすることはやめてほしいです。

そもそも、文科省は「不登校を未然に防ぐ」とはどういう意味だと考えているのでしょうか?
「不登校を未然に防ぐ」には、その本質の理解ができていなければ、解決は不可能です。

不登校が増え続けている大きな要因は、不登校の本質、抜本的な対策が講じられていないためです。

現状の学校制度を続けている限り、不登校は増え続けます。

なぜなら、今の学校制度が不登校を生んでいるからです。

学校環境を変えることができないのですから、不登校が増え続けることは「当たり前」なんです。

個に応じた学習指導、子ども理解の上に立った生活支援がきちんとできていない、すべての子どもに「学び」の保障ができていないために不登校を生んでいるのです。

社会通念、世間の慣習として「不登校の子どもは問題である」と考えること自体が間違っています。

学校に行くか行かないかで人を評価すること自体が間違っています。

「学校には行かなければならない」という考え方自体が間違っています。

学校に行くか行かないかは、今後の人生を決めるわけでもないし、人の価値とは何の関係もありません。

学校に行くか行かないかで人生が決まることなんかありません!
不登校が問題なのではなく、不登校を生みだしている学校教育制度、学校環境が問題なのです。

それを自覚しない限りは、どんな対策を講じても、一時的「対処療法的」な策に終わります。

そもそも、「不登校」という言葉は、上から目線、上から管理・支配するためが目的で作られた言葉です。

不登校当事者のニーズで生まれた言葉ではありません。

全く無責任なワードです。

今、議員立法として上程を目指す「多様な教育機会確保法案」という危険な法案が審議されています。

「学校に行かないこどもは悪い子だ。
」と法律で規定しようとしている法案です。

不登校を作りだしている国と文科省が「不登校=悪」と決めつけるもので、断じて許してはなりません。

現状では、学校に行く行かないに関わらず、義務教育は中学校卒業年齢に達した学齢で「卒業認定」がされます。

しかし、この法案は学校に行かせることが「親の義務」となり、その義務を履行しなければ「卒業」が認められなくなります。

そのための選択肢として「フリースクール」など、教育委員会が承認した場所で「学習指導内容」を履修すれば「修了認定」がもらえるという仕組みです。

もし、この法案がこのまま成立したら、小中学校に行かなかった子どもは「小学校卒」でも「中学校卒」でもなくなり、それ以降の進学の道が閉ざされてしまうことになります。

「学校へ行く自由」「学校へ行かない自由」を認め、すべての子どもに個々に応じた学びの場を保障とすることを「国の義務」としていかなければなりません。

学校以外の選択肢を認め、人それぞれいろいろな生き方があるのだということを世間の常識にしていかない限り、「不登校」という言葉をなくすことはできません。

新たに不登校になった小中学生6.5万人 2014年度

http://www.asahi.com/articles/ASJ1V4V9YJ1VUTIL02C.html

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

佐賀県三養基郡の上峰町が英語授業でフィリピン講師と英会話

2020年度に小学5年生から英語が教科化されることを見据え、佐賀県三養基郡の上峰町は昨年度から上峰小6年に実施しているオンライン一対一英会話を本年度から5年生に拡充する。インターネット通話サービス「S …

不登校の「親の会」に参加することも解決への道筋のひとつ

子どもが不登校になったときには、「自分の育て方が間違っていたのかも?」という自責の念や後悔など今の現状を招いた責任を一人で背負い込んでしまう人も、残念ながら多いです。 というか、子どもの育て方が間違っ …

「入学後のイジメは毎年ある」ってどういう意味ですか?!

ある中学校の保護者から、「娘が入学してすぐにイジメにあって、その時学年主任の先生が『入学後のイジメは毎年ある』みたいな事言っていた。」と聞きました。 本来なら、入学前の保護者の不安に応える話をすべきで …

「教員は忙しいから」というのは言い訳です

東京新聞の「発言」で、中学校教師の忙しさを元校長が訴える記事が載っていました。 教育行政の貧困を告発した内容ですが、それを解決できなかったことも問題ではないでしょうか。 本当に大切なことは何か、それを …

学歴も、進学も、手段の一つに過ぎないのに 学校というところは?

その通りですね。 ・自分が最高の投資先 ・学歴も、進学も、手段の一つに過ぎないのに ・もっと広い視野を持てるような教育を 広い視野を持てるような教育をするためには、広い視野を持っている教員が必要です。 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク