教育

不登校でいろいろな選択肢を用意するのが学校や親、支援者のできること

投稿日:02/12/2015 更新日:

「不登校」と一口にいっても、一人ひとりが背景も要因も異なります。

親は将来の子どもの心配と同時に、明日のことも心配で頭が一杯です。

将来のことも気になりつつ、現実には「この子、明日はどうしよう、その次の日は・・・?」と目の前のことも心配でなりません。

そんなときに、いろいろな人の話を聞いて、多くの人とつながることで、未来に向かっての選択肢は多くなります。

人は一本の決められた道を進むのではありません。

人生の過程において、その都度その都度選択肢は複数あって、その都度決めていきていきます。

どの道を選ぶかを決めるのは、他でもない子ども本人なのです。

決定権を持っているのは、本人一人だけです。

それを学校の都合や親の願いによって決定されるようなことがあってはなりません。

とはいっても、本人が一番悩んでいるのが「これからどうしよう?どうしたらいいんだろう?」ということです。

そんなときに、いろいろな選択肢を用意できるのが学校や親、支援者のできることではないでしょうか。

10人の子どもがいれば10通りの選択肢、100人の子どもがいれば100通りの選択肢があります。

そして、その向こうにはさらに選択肢が枝分かれしています。

人はみなその都度、選択と決定を繰り返して生きていきます。

そういう意味では、このような保護者向け講演会や個別相談会がとても大切な場のひとつです。

鳥取県内にも、不登校や障害などのいろいろな課題を抱えて生きている子と親の会があります。

会に行くのは本当に勇気のいることだと思いますが、一歩踏み出すことで子どもの未来への光が見えてきます。

子どもが生き生きと成長するための選択肢はたくさんあります。

親が一人で頑張ってもできることには限界があります。

毎日悩んでばかりで何もしないでいたのでは、今の悩みがますます深くなっていくことはあっても、明日も明後日も何の変化もありません。

「そっとして、何もしないで見守っていく」という考え方もありますが、それはそれで一つの選択ではありますが、いつまでもそうであっては何も変わりません。

親の会に参加して少しでも気持ちが楽になれば、子どもの見方も変わり、少しずついい方向への変化も現れます。

子ども本人の「こうしたい、こうありたい」という思いをくみ取って、みんなで知恵を出し合い、「今できること」をやっていくことで解決への道につながっていくと思っています。

【ご報告】11/29「不登校生・保護者向け 講演・懇親・個別相談会@渋谷」

http://www.abe-futoukou.jp/2015/11/30/post-2960/

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

「16歳の教科書」を「教科書」にして学び合う 学ぶことの本質とは何か?

「ドラゴン桜公式副読本」ということで、10年前に買った「16歳の教科書」を読み返しています。はい、漫画「ドラゴン桜」が出発点です。 読んでみるとなかなか面白い、そして結構「いいこと」が書いてある。 い …

不登校の問題は「本人の問題」ではなく「学校の問題」

昨日の日本海新聞に「児童の不登校率過去”最悪”」と出ていました。 この書き方はおかしいです! ”最悪”という表現は「不登校は悪いこと」という認識があるために「悪」という書き方になっています。 「不登校 …

小学校入学までに「◯◯が出来るように」しておかなくてもいいです

「入学前に身に付けたい習慣」 1.朝は、時刻を決めて起きることができる。 2.夜は、時刻を決めて寝ることができる。 3.自分一人で衣服の着脱ができる。 4.脱いだものは、きちんとたたむことができる。 …

夏休みなのに「登校日」?これってすごく違和感があります

夏休みの「登校日」というものにすごく違和感があります。 どうしてもみんな一緒にまとめて来させたいのでしょう。 学校にはいつ行ったていいのだから、それぞれ行きたい日に行けばいいんです。 登校日に休んでも …

コロナ休校はまたとない教育改革、教員の働き方改革のチャンス

小学校6年中学校3年分の学習をたった7日で総復習できるのかにも書きましたが、学校の勉強は学年ごとに1年間もかけなくても学習内容を身につけることはできます。 教科書程度の内容であれば、無駄をなくす学習の …

スポンサーリンク

スポンサーリンク