教育

不登校でいろいろな選択肢を用意するのが学校や親、支援者のできること

投稿日:02/12/2015 更新日:

「不登校」と一口にいっても、一人ひとりが背景も要因も異なります。

親は将来の子どもの心配と同時に、明日のことも心配で頭が一杯です。

将来のことも気になりつつ、現実には「この子、明日はどうしよう、その次の日は・・・?」と目の前のことも心配でなりません。

そんなときに、いろいろな人の話を聞いて、多くの人とつながることで、未来に向かっての選択肢は多くなります。

人は一本の決められた道を進むのではありません。

人生の過程において、その都度その都度選択肢は複数あって、その都度決めていきていきます。

どの道を選ぶかを決めるのは、他でもない子ども本人なのです。

決定権を持っているのは、本人一人だけです。

それを学校の都合や親の願いによって決定されるようなことがあってはなりません。

とはいっても、本人が一番悩んでいるのが「これからどうしよう?どうしたらいいんだろう?」ということです。

そんなときに、いろいろな選択肢を用意できるのが学校や親、支援者のできることではないでしょうか。

10人の子どもがいれば10通りの選択肢、100人の子どもがいれば100通りの選択肢があります。

そして、その向こうにはさらに選択肢が枝分かれしています。

人はみなその都度、選択と決定を繰り返して生きていきます。

そういう意味では、このような保護者向け講演会や個別相談会がとても大切な場のひとつです。

鳥取県内にも、不登校や障害などのいろいろな課題を抱えて生きている子と親の会があります。

会に行くのは本当に勇気のいることだと思いますが、一歩踏み出すことで子どもの未来への光が見えてきます。

子どもが生き生きと成長するための選択肢はたくさんあります。

親が一人で頑張ってもできることには限界があります。

毎日悩んでばかりで何もしないでいたのでは、今の悩みがますます深くなっていくことはあっても、明日も明後日も何の変化もありません。

「そっとして、何もしないで見守っていく」という考え方もありますが、それはそれで一つの選択ではありますが、いつまでもそうであっては何も変わりません。

親の会に参加して少しでも気持ちが楽になれば、子どもの見方も変わり、少しずついい方向への変化も現れます。

子ども本人の「こうしたい、こうありたい」という思いをくみ取って、みんなで知恵を出し合い、「今できること」をやっていくことで解決への道につながっていくと思っています。

【ご報告】11/29「不登校生・保護者向け 講演・懇親・個別相談会@渋谷」

http://www.abe-futoukou.jp/2015/11/30/post-2960/

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

自閉症の子どもが公演中にパニックを起こし叫んでしまったら?

あなたがその場にいたら、どうしますか? 関連記事も読んでみてください。 自閉症の子どもとそのお母さんがいたのですが、公演中にパニックを起こし叫んでしまった。 この時、観客席では他のお客さんから親子に向 …

なぜ日本では自分で考えない子どもが育つのか?日本の学校のせいです

やりたいことが見つからない。 それは、考えないような教育を受けているから。 学校では「みんなと同じこと」を強制され、社会でも「世間に合わせること」をよしとされている。 みんなと同じじゃ面白くない。 み …

三朝町立西小学校で「できる!わかる!を可能にするタブレット活用法」研修会

2017年11月25日(土)に、三朝町立西小学校で「学校でのタブレット活用法」についての研修会があります。 学校でタブレットの活用が進んでいかない理由の一つに、私たちがタブレットの活用方法を知らないこ …

発達障害者支援センターにおける祖父母支援

古い固定観念に縛られた祖父母に限らず、周りの人に発達障害についての理解を求めることは簡単ではありませんが、まずは身近な人に伝えていくことが大切ですね。 また、発達支援は子どもだけの問題ではありません。 …

マルチメディアDAISY「ごんぎつね」を「AMIS」で再生してみました

いわゆる「紙の教科書」では読むことが困難な児童、生徒はパソコンやタブレットでデジタル教科書を使うと学習がしやすくなります。 そのひとつが「マルチメディアデイジー教科書」です。 利用するには申請が必要で …

スポンサーリンク

スポンサーリンク