教育

不登校も競い合いの学校体制が背景にあります

投稿日:11/12/2015 更新日:

不登校も競い合いの学校体制が背景にあります。

親御さんは「なぜうちの子が」「なぜ自分たちがこんな思いを・・」という”悩み”を抱えておられますが、学校に行かないことが間違っているのではありません。

学校に行っていないことに罪悪感を感じる必要もないし、親として責任をとる必要もありません。

親御さんにそう思わせている教育行政や学校の方に責任を感じてもらいたいです。

不登校の子どもたちこそ、そのような学校体制はおかしいと訴えているのです。

自分の意志をはっきり表明し、不登校という行動として表現しているのです。

それを無理やり学校に戻そうと強制することの方が間違っています。

子どもたちに学校選択の自由はありません。

教科書すら自由に選べないで、やりたくもない勉強を強制させられ、全く意味のない拘束でがんじがらめにされています。

理不尽なルールを押し付けられて、それを遵守することが正しいという仕組みそのものが間違っているのです。

世間では、そうすることが当たり前だと見ていて全く疑うことなく従っています。

中にはおかしいと思っている人もあるかもしれませんが、それを見てみぬふり、何も言わないでただただ流されている大人もいます。

「不登校=悪いこと」
「不登校の子=悪い子」
では、決してありません!
わが子が不登校であることを恥じることなんかありません。

競い合いの学校体制ではなく、本当に助け合える環境が整っていれば、「不登校」という定義なんか生まれることはありません。

教育行政が自分たちの管理のしやすさだけを考えて勝手に定義しているだけのことです。

「不登校を治す」という言葉がありますが、治す必要はありません。

治すとしたら、「不登校にさせるような学校体制」「教育行政担当者や教員の考え方」「社会的な固定観念」の方です。

「うちの子、学校なんか行ってませんけど」と言える社会を作っていくべきなのです。

不登校対策は子どもや家庭へのアプローチ、子どもや親の考え方を変えることを行っていますが、これも間違いです。

学校体制はそのまま何もしないでいて、子どもを連れ戻そうというのは根本的に間違った対策です。

再登校、学校への復帰対策というのであれば、学校体制を変えていく取り組みでなければなりません。

不登校の子こそが、健全な考え方の持ち主であって、これからの社会を構築していく担い手になってほしいです。

彼らこそ、競い合いの学校体制ではなく助け合いの社会体制を作っていくことができる主人公なのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

不登校はさぼりではありません 寄り添うための親の心得

多くの子どもたちは「学校に行きたくても、行けない」という状況にあることをたくさんの大人に知ってほしい。 子どもを信じて、見守り、寄り添い、待つ。 そして、嬉しいときはいっしょによろこびましょう。 不登 …

知的障害や発達障害のある子どもの二次障害を防ぐためにできること

親や園や学校が気づいたときに、子どものうちから知的障害の診断を受けることはもちろん大事です。 しかし、それ以上に大事なことは、診断後の対応の仕方です。 知的障害や発達障害のある子どもに対する周囲の不適 …

ADHDの特性のある子どもとの関わり方のヒント

集団活動をしているときに周りの人にちょっかいを出したり、うろうろ動き回ったりする子を見ると、あなたはどう思いますか? 「厄介な子、迷惑な子、落ち着きのない子」と、マイナス行動としてとらえてしまう人も少 …

自ら学び考える力を育てるためにも「学びの自由化改革」が必要です

この度のコロナの影響がさまざまな形で現れていますが、だから私も、今こそ教員の働き方も含めて教育制度の見直しをするチャンスだと思います。 チャンスにしなければなりません。 一斉授業をオンライン配信する競 …

鳥取市でひきこもりの保護者の会「鳥取らくだ会」に参加

昨日は、鳥取市で行われたひきこもり当事者と保護者の会「鳥取らくだ会」に参加しました。 前半は、ひきこもり当事者が講師となって開講しているひきこもり大学のビデオを視聴。 当事者自らが発案し講師として話を …

スポンサーリンク

スポンサーリンク