教育

「不登校の子どもの権利宣言」は誰もが生きやすい社会を目指しています

投稿日:13/10/2015 更新日:

「不登校の子どもの権利宣言」って知っていますか?

一、教育への権利

二、学ぶ権利

三、学び・育ちのあり方を選ぶ権利

四、安心して休む権利

五、ありのままに生きる権利

六、差別を受けない権利

七、公的な費用による保障を受ける権利

八、暴力から守られ安心して育つ権利

九、プライバシーの権利

十、対等な人格として認められる権利

十一、不登校をしている私たちの生き方の権利

十二、他者の権利の尊重

十三、子どもの権利を知る権利

http://www.shure.or.jp/kenri/

明日の鳥取たんぽぽの会でも紹介したいと思っています。

鳥取県内の不登校やひきこもりの親の会についてのお知らせです。

「親の会」というのは、鳥取県にある不登校児童生徒、ひきこもり青年や家族を支援する、公的な教育機関とは全く関係のない自主的で自由な会です。

その中のひとつ「鳥取タンポポの会」が今週土曜日に行われます。

定例会は事前予約は必要ありませんので、当日、どなたでもご参加できます。

子どもの不登校で悩んでいる親御さんだけでなく、現場の教員や教育関係者、民生委員など子どもの教育に関わっている方たちの参加をお待ちしています。

日時:10月17日(土)13時30分~16時
場所:鳥取市総合福祉センター「さざんか会館」2階アクティブとっとり
鳥取市富安104-2
参加者の方からはお茶代として300円いただいています。

215

216

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

「ひきこもりからの回復」とはどのような姿をいうのか?

「ひきこもりからの回復」とはどのような姿をいうのか? 目を通してみると整理できると思います。 ・親が考え方、受け止め方を変えること ・一喜一憂しない、未来に希望を持つ ・第3者の存在の重要性 ・心身の …

教科書の採択結果に納得できない市民や教員たちが反発

教育委員会制度の閉鎖性が一番の問題なのですが、私たちの教育に対する無関心がそうさせているといってもいいです。 だから意見も出ないし議論も深まらない。 まとまるはずもないので、決まりきったことを確認する …

「発達障害児への配慮をずるい」と考える人の頭の中ってこうなのでは?

ずるいと思っている人のイメージ図が分かりやすいです。 学校で配慮がされないのも、教員や他の子どもたちのイメージがこうだからなのかもしれません。 まだまだこのように分かりやすく説明する必要がありますね。 …

教育の目的は自立、「特別支援学級の子どものためのキャリア教育入門」

「特別支援学級の子どものためのキャリア教育入門」(明治図書)を読みました。 教育の目的は「自立」「生きる力をつけること」っていわれますが、それをどこまで分かって教育に関わっているでしょうか? 「自立」 …

学校も社会も嫌なことを我慢する場ではない!

「社会に出ていくためには我慢がいる。だから学校でも我慢することが子どものためになる」って、本気で思っている人がいます。 「社会は甘くない。だからそのための訓練の場が学校である」と。 そのための「訓練の …

スポンサーリンク

スポンサーリンク