教育

不登校は「学校の評価」と「教員の対応のしかた」が問題

投稿日:16/10/2015 更新日:

不登校、ひきこもり、発達障害のある子どもさんの親御さんと話をして思うことがあります。

みなさんがフラットな関係でフリーで話をしているのですが、「学校の評価」と「教員の対応のしかた」の問題です。

教員がうまく対応できているかどうか以前の問題として、親の話が伝わっていない、伝わっていたとしても対応が遅すぎることが多いです。

学校現場が忙しいというのも確かですが、それは「言い訳」に過ぎません。

忙しいから目の前の子どもは後回しにしてもいいのか?ということになります。

お母さん方と話をしていると、あまりにも酷過ぎる対応が多すぎます。

中には個人の誠意と努力をして熱心な教員もいますので、運よく「いい先生」に”当たった”子どもさんはいいのですが、そうでない教員ばかりの学校では、子どもは追い詰められて行き場を失っています。

そんな学校環境が「二次障害」を引き起こしているといってもいいです。

「一次障害」の理解がないまま子どもに強制し、追い詰める、その結果「二次障害」というケースも少なくないのです。

さらに、子どもさんをなんとかしたいという思いから親御さんも悩んでおられます。

それを解決する1つの窓口が学校なんでしょうが、その窓口が閉じられているのではどうしようもありません。

これは、他の県の問題ではなく、あなたの子どもさんが通っている鳥取県内で起きている問題です。

教員個人の努力にも限界がありますので、システムとしての学校体制作りが急務です。

教員だけではできないこともありますので、そこは保護者とも連携していけば光も見えてきます。

まずは、何でも言える関係作り、誰もがいつでも気軽に学校に入れるようにすることが先決です。

そんな悩みを持っておられる親御さんのために、鳥取県内でも「親の会」があります。

明日10月17日(土)は鳥取たんぽぽの会に参加してきます。

グレーゾーン・発達障害 二次障害で親子とも苦しまない為に

http://mamasola.net/?p=24614&fb_action_ids=792085957521521&fb_action_types=og.likes&fb_source=feed_opengraph&action_object_map=%7B%22792085957521521%22%3A794144097275629%7D&action_type_map=%7B%22792085957521521%22%3A%22og.likes%22%7D&action_ref_map=%5B%5D

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

これこそほんものの「夏休み自由研究」といえます!

すんばらしい! まさにオリジナルです。 夏休みの宿題で、何をすれば良いか悩むのが「自由研究」です。 中には親が代わりにやって学校へ持っていっていることも多くなってきました。 「自由研究」なのですから、 …

前川喜平さんの講演会「 子どもたちの未来のために今私たちにできること」

街のみんなの学校プロジェクトが「自由人」前川喜平さんの講演会の動画をアップされました。 「自由に学べ、自由のために学べ」 「自分で未来を切り開く力」 そのためには何が必要で何が必要ないのか? 何を捨て …

今のままでは「不登校」という言葉をなくすことはできません

文科省は「不登校を未然に防ぐための支援策を検討中で、年度内にも方針を示す考え」だということですが、これまでもさんざんやってきた結果、不登校の児童生徒は増え続けています。 本質の理解をしないまま、できも …

授業をオンライン化したら「不登校」という概念そのものがなくなる

政府の規制改革推進会議(議長・大田弘子政策研究大学院大教授)の下部会合は5日、インターネットを使った遠隔授業を中学校で単位として認める検討を始めた。 在宅で授業がうけられるように授業をオンライン化した …

個を犠牲にしてまで集団を維持するのは間違っている

「みんなと同じ」「みんなができる」ことほど気持ち悪いことはありません。 しかし、多くの人は「みんなと同じ」平均的な日本人でありたいと思っています。 そんなにみんなと同じになりたいのでしょうか? 優先す …

スポンサーリンク

スポンサーリンク