教育

不登校対策で重要なことは「不登校の本質」の理解と教育予算の増加

投稿日:26/02/2016 更新日:

不登校調査をすることは意味がないことはないのですが、調査のための調査に終わっては意味がないのです。

文科省も教育委員会も学校も調査やアンケート、その報告だけが目的でやっているのでは何の意味もありません。

時間も費用も無駄でしかありません。

大切なことは「不登校の本質」を理解したうえでの調査です。

さらに、その場しのぎの対処療法的な不登校対策だけでなく、「不登校の本質」を理解したうえでの対応が必要です。

すでに公教育に依存しない「自立した学びの場」が次々作られています。

その場で未来志向のいきいきした子どもたちが育っています。

国や文科省のやるべきることは、「不登校の本質」の理解と教育予算の増加です。

子どもたちの本来もっている力を発揮するには、「教育的指導」は必要ありません。

というか、「教育的指導」は子どもの能力開発のじゃまになります。

「みんなちがってみんないい」ことを実現して、多様な子どものニーズに応える教育環境の改善をしていけば、「不登校」という言葉自体がなくなります。

学校での「いじめ」もなくすことができます。

これまで、調査のための調査に終わっていることと、私たち大人が本気で子どもの教育の改善にとりくんでこなかったことが問題なのです。

「不登校調査 深刻なケース把握で項目新設へ」

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160226/k10010422161000.html

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

学校に行っていない子たちからイノベーションが生まれる

『不登校』を『不幸』にしない異才発掘プロジェクト「ROCKET」が素晴らしい!にも書きましたが、中邑賢龍さんの”異能”が育まれる環境についての中で語られていることをまとめました …

教科書や新聞記事レベルの文章をきちんと理解できない中高生が多くいる

教科書や新聞記事レベルの文章をきちんと理解できない中高生が多くいることが、国立情報学研究所の調査で分かったといいます。 文章を読むことについて若者の声を聞いてみると、 「問題を考えるより文章を読むのが …

LD疑似体験 学習障害の中から”読む”ことのへ困難ってどんなの?

発達障害とはどんな障害なのか、言葉や文章だけで説明されても、その実際のイメージは伝わりにくいです。 教室での授業中に周りのともだちが教科書をスラスラ読んでいる中で、学習障害(LD)の子が教科書を読むの …

不登校の「親の会」に参加することも解決への道筋のひとつ

子どもが不登校になったときには、「自分の育て方が間違っていたのかも?」という自責の念や後悔など今の現状を招いた責任を一人で背負い込んでしまう人も、残念ながら多いです。 というか、子どもの育て方が間違っ …

「#不登校は不幸じゃないin鳥取県」を琴浦町と米子市で開催します

鳥取県内にも不登校の親の会がありますが、8月19日(日)の全国100ヶ所で同時開催イベント「#不登校は不幸じゃない」を琴浦町と米子市でも行います。 これまでは保護者の方を中心に行っていましたが、このイ …

スポンサーリンク

スポンサーリンク