教育

不登校対策で重要なことは「不登校の本質」の理解と教育予算の増加

投稿日:26/02/2016 更新日:

不登校調査をすることは意味がないことはないのですが、調査のための調査に終わっては意味がないのです。

文科省も教育委員会も学校も調査やアンケート、その報告だけが目的でやっているのでは何の意味もありません。

時間も費用も無駄でしかありません。

大切なことは「不登校の本質」を理解したうえでの調査です。

さらに、その場しのぎの対処療法的な不登校対策だけでなく、「不登校の本質」を理解したうえでの対応が必要です。

すでに公教育に依存しない「自立した学びの場」が次々作られています。

その場で未来志向のいきいきした子どもたちが育っています。

国や文科省のやるべきることは、「不登校の本質」の理解と教育予算の増加です。

子どもたちの本来もっている力を発揮するには、「教育的指導」は必要ありません。

というか、「教育的指導」は子どもの能力開発のじゃまになります。

「みんなちがってみんないい」ことを実現して、多様な子どものニーズに応える教育環境の改善をしていけば、「不登校」という言葉自体がなくなります。

学校での「いじめ」もなくすことができます。

これまで、調査のための調査に終わっていることと、私たち大人が本気で子どもの教育の改善にとりくんでこなかったことが問題なのです。

「不登校調査 深刻なケース把握で項目新設へ」

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160226/k10010422161000.html

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

鳥取県の特別支援教育と個別の教育支援計画について

昨日は不登校の親の会「鳥取タンポポの会」の9月例会でした。 初めて参加された保護者の方もあり、近況報告やいろいろなことを情報交換しました。 話題がどんどん広がり、予定した時間を超えて会が終了したあとも …

第4回倉吉市学校教育審議会 不登校といじめ問題に関する意見から

2月22日に行われた平成27年度第4回倉吉市学校教育審議会 行政サイドからの情報発信が少ないという意見は前から出ていますが、改善されていません。 議事録もかなり遅くなってからの公開で、もっとスピーディ …

鳥取市教委作成の「教職員の障害者対応要領」これでは不十分

鳥取市教委は、小中学校の教職員が障害のある児童・生徒や保護者に対して適切に対応するための要領を策定し、6日までに運用を始めた。相談体制の整備や研修の義務化を定め、学校現場に即した「合理的な配慮」の具体 …

自分を計る「ものさし」に気づくことで自己肯定感を高められる

自分の価値は自分で決めることなのですが、多くの人は常に他者評価を気にしながら生きています。 他者からの「できたか できなかったか」という評価によって、自己肯定感を下げてしまう人が少なくありません。 親 …

先生が理由で不登校する子は2%しかいないって本当?

不登校のきっかけの第1位は「不安など情緒的混乱」で、第2位は「無気力」。 これは5年連続となっていて、「不登校は子ども本人の問題である」と結論づけされています。 しかし、注意してほしいことは、これは「 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク