教育

「不登校」の子どもたちには休みというのはいつもより安心できる期間

投稿日:

あっちを見てもこっちを向いてもコロナに関することばかり。
このようなイレギュラーなことが起きると心が落ち着かなくなります。
でも、外に出て太陽の光を浴びておいしい空気を吸い込むと、少しだけでも気分がよくなります。

今日は小学校の卒業式だったところが多かったようです。
でも、他の子どもたちが嬉しそうにしている一方で、うれしい気持ちになれない子もいます。
学校に行きたいのに行くことができない自分を責めている子もいます。
「卒業おめでとう」を素直に喜べない、なんだか自分だけ取り残された感じ、別世界にいるような孤独感。
「入学おめでとう」で、さらに切ない気持ちにもなっていきます。
他の人たちは次の道に進んでいるのに自分だけ止まっているような感じです。
「みんなと違う」ことに不安を感じます。
自分はこのままでいいのかって。

みんな違っていいのですが、「みんなと同じ」であることに安心感を持ちます。
だから、一斉休校になって「みんなが休んでいる」ことで少し安心したりします。
「不登校」の子どもたちにとっては「みんなが外に出られない」状況はホッとできることだったりします。
みんなが学校へ行ってないので、「不登校」していることを感じなくて済むからです。
だから、「不登校」の子どもたちにとっては、春休みというのはいつもより少しは安心できる期間だといえます。
でも、それも長くは続きません。
新学期が始まるとまた「みんなと違う自分」を自覚せざるを得なくなります。
3月4月は、卒業・進学・就職など、人が動き出す、新しいことが始まる時期だからです。
そのような世の中の動きを見聞きすると、どうしても新しく動き始めた人と止まったままの自分を比べてしまいます。

ピカピカの新1年生向けのランドセル、新入学準備など新しい世界へ踏み出す雰囲気の中で自分だけ取り残された感じがします。
ただでさえ気持ちが不安定なのですが、この春という季節は気持ちの安定を保つのがとても大変なんです。

だから、だから、子どもの気持ちに寄り添うことが大切です。
安心して心配をかけられる人がそばにいてくれるだけでいいんです。

私たちは、そのままで 一人ひとりが大切な存在です。みんな違っていいのです
生きていること、今ここにいること、存在そのものに価値があります。

無理して頑張ろうとしなくたっていい。無理してみんなに合わせることはありません。
誰にも「そのままで」生きている理由があるのです。そのままで生きている役目があるのです。

卒業しても「助けて!」といえる人を作ってもっと大切にしてほしいにも書きましたが、ひとりで頑張らなくてもいい、不安な気持ちがあれば、そのままを身近な人に話しましょう。
「助けて」といえる、依存できる人を見つけていきましょう。
そして、「助けて!」といえる人を大切にしてください。
「頑張れ!」といってくれる人よりも「助けて」といったときに支えてくれる人を一人でいいから作りましょう。
安心して心配をかけられる人を作ってください。

そして、子どもだけじゃなくて、大人も安心して「助けて」って言ったらいいです。

鳥取県にも、安心して「助けて!」といえる不登校の親の会があります。
参加者のみんなで、すべての子どもたちを幸せにつなげる、誰もが幸福に生きていくためにいろんなことを話し合っています。
鳥取県不登校の親の会ネットワーク

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

遊びながら国語や算数が好きになるおすすめの本

国語や算数が好きになるドリルならこれが面白いです。 つまらない繰り返し漢字・算数ドリルなんかさせるより、学校でも天才脳ドリルを採用したらいいのに。 賢い子には知識では測れないセンスがある! 考える力を …

鳥取県教員採用試験で英語の能力だけに加点するというのはいかがなものか?

今日の日本海新聞に出ていましたが、やってくれますねえ、鳥取県教委。 来年度の教員採用試験において英語資格者に対する加点制度を拡大することを決めました。 2017年度は英検などの資格をもっている受験者に …

松江市教委や鳥取市教委 しっかりせんかい!

ネットでの広がり方は本当に早い。 松江市教委が独断で、市内の小中学校に「はだしのゲンの閲覧制限を要請していた」ということが大きな問題になっている。 今回は、はだしのゲンの閲覧制限という一つの事例だが、 …

ぴっかりさんの鳥取講演会の準備委員会スタート

ぴっかりさんの鳥取講演会の準備委員会をスタートしました。 「鳥取に来てください。」と連絡したら、即答で「ぜひ行きたいです。」という返事をいただきました。^^ 来年2017年の春ごろに倉吉で開催する予定 …

不登校の理由は子どもの数だけ理由があるのだからまずは寄り添うこと

毎日新聞の朝刊のコラムを執筆された小国綾子さんの投稿です。 前にも書きましたが、子ども本人と学校の回答で大きな違いが出たのは不登校の理由。 「教職員との関係」を挙げたのは、学校回答の調査ではわずか1. …

スポンサーリンク

スポンサーリンク