仕事

鳥取市でプロの現役ライターによる『フリーライターの世界入門編講座』

投稿日:17/02/2016 更新日:

今日は鳥取市で行われた「ライター養成講座」に参加しました。

鳥取県内にもWeb製作会社やデザインを企画したり出版や書籍の編集をする所はあるのですが、このように勉強したり交流したりする場はあまりありません。

関連セミナーなども東京や大阪など都会で開催されることが多く、交通費や宿泊費を払って参加していました。

それはそれで価値があるのですが、身近な地域で直に会って研修する機会もほとんどありませんので、今回はとても貴重な時間を過ごすことができました。

実際に会わなくてもコミュニケーションはとれるし、ビジネスが成立するのがネットのメリットではあるのですが、やはり日ごろから直に情報交換をしたり、実際に顔を合わせて交流することができるのは大きいと感じました。

今日は、雑誌の記事を書いたりWebコンテンツを作っているプロの現役ライターの方が講師だったので、実際の執筆の様子や仕事の取り方についても聞くことができ、得るものが多かったです。

また、様々な業種の方が参加されていたので、世界が広がったと同時に新たなビジネスチャンスを見つけることができました。

鳥取県では需要はあるのに供給が足りていない、供給がほとんどないということが分かったので、自分で作れば可能性は大きく広がると思いました。

都会にはあっても鳥取県にはないものをやっていくことで、チャンスをつかむことが可能です。

自分のやっている仕事はもちろん、さらに教育相談にも活かせる関係が作れたことが何よりの収穫となりました。

講師の方、スタッフの方、ありがとうございました。

プロの現役ライターによる『フリーライターの世界入門編講座』

フリーライター養成講座の募集

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-仕事

執筆者:

関連記事

国民一人あたり働いた2000万円が返ってくるって知っていますか?

武田邦彦さんが、国が日本国民に返すべきお金の金額について暴露しています。 元国税調査官の大村大次郎さんは、内部留保している日本企業が国の景気と庶民の生活を苦しめているかを暴露しています。 日本では働く …

ALSになっても、出来ないことは何もない。恩田聖敬

恩田聖敬さんと株式会社仙拓の社長である佐藤仙務さんとの対話が載っています。 佐藤さんは、生後10カ月で10万人に1人と言われる難病である脊髄性筋萎縮症と診断され、それ以来寝たきりです。 佐藤さんからし …

弟 貴親方の引退決断、お兄ちゃんも貴乃花も我が道を進んだらいい

お兄ちゃんのいうこともよくわかる。 相撲界を出た今だからこそそういえるんだと思います。 貴乃花も必死になって内部から改革しようとしたんだよ。でも彼はそんなに器用じゃない。相撲界も正論が通る世界じゃない …

新入社員が1年以内に辞めるのは雇用する側の問題でもある

新入社員は3年で3割が辞めると言われていますが、実は1年以内に結構な数の人が辞めます。厚生労働省の調査によると入社社員は1年以内で約5万人、つまり「10人に1人」が会社を辞めています。しかも、この傾向 …

障害者雇用助成制度活用で自分に合った仕事を

昨日のトトロの会でも学校や職場での発達障害のある方との関わり方、働きやすい職場環境について話題になりました。 「不登校になっても将来が心配なことはない」といいましたが、「発達障害によって将来の就労が不 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク