21世紀の松下村塾

21世紀の松下村塾を本日から年末まで無料開放します

投稿日:14/11/2017 更新日:

21世紀の松下村塾を本日から年末まで無料開放します。
開けているのは平日の14:00~18:00くらいまでですが、午前中がいいという人はご相談に乗ります。
何時に来て何時に帰ってもいいし、何でも持ち込みOKです。

私がいつもいるわけではありませんので、事前予約をお願いします。
当日の朝でも「今日行っていいですか」と聞いていただいて開けられるようなら来ていただくことも可能です。
気軽に立ち寄って気軽に話ができる場にできたらと思っています。

学校が冬休みの期間も無料で提供しますし、宿題やっつけ大作戦も行います。
どんな宿題があるのか興味がありますし、楽しく勉強したい子どもたちも大歓迎です。
なんなら、先生方に宿題の出し方も教えますよ。

これまで通り、教育相談は無料でおこなっていますので、子どもさんのことや学校のことなどで話を聞いてもらいたいという方、好きなことを仕事にしたい方、起業相談などいつでもお受けしています。
相談は土日でも大丈夫ですし、訪問相談もお受けしております。

これまでは日にちを限定していましたが、本日から年末まで21世紀の松下村塾を無料開放します。
うちにはカリキュラムもきまりもありませんので、何をやりたいかは自分で決めてください。
それに応じて個別に対応させていただきます。
やりたいことが見つからない人はいっしょに探します。
何時に来て何時に帰ってもいいし、何でも持ち込みOKです。
学校が冬休みの期間も無料で提供し、宿題やっつけ大作戦も行います。
教育相談は訪問相談もお受けしております。
起業相談もいつでもお受けしています。
詳しいことはお問い合わせください。

お問い合わせフォームはこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-21世紀の松下村塾

執筆者:

関連記事

保護中: 子どもの学びを考える勉強会vol.1「子どもはなぜ学校に行くのか?」資料

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

「不登校」の子どもたちは、世界を救う可能性を秘めている

僕らは、社会に合わせるために生きているんじゃない! 僕は僕であるからいいんだよ。 東大先端研ROCKET PROJECT・中邑賢龍先生 「社会不適合」といわれる不登校の子どもたちは、世界を救う可能性を …

子どもが不登校になった。よっしゃー、これはチャンスだ!

「子どもが不登校になった。なんとかしなければ。」 親ならそう思うかもしれません。 「学校とうまくいかない。このままでいいんだろうか」と思うから、「学校に行ってほしい、みんなと同じようにしてくれないか。 …

子どもたちが主体的に共に課題達成を目指して学び合う場を作りたい

教師は、課題設定と環境整備と評価に徹し、従来教師の仕事の中心だと思われてきた「教授」の部分は、従来のように教師が主導する一斉指導ではなく、子どもたちが主体的に共に課題達成を目指して学び合うというスタイ …

保護中: 子どもの学びを考える勉強会vol.2「SCHOOL CRYSIS CATALOGをつくる」資料

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク