教育

学校は子どもたちがICT機器と自由に遊べる時間を確保するだけでいい

投稿日:24/09/2017 更新日:

2020年の学校ではプログラミング教育が一つの目玉になっていることは確かです。
堀田さんの「論」もしごくまともだとは思います。

が・・・

かつて学校へPCが導入された時もそうでしたが、興味のある先行実践をしていた一部の教員は自分でカリキュラムマネジメントをして各教科の中で活用できていましたが、その授業の準備にはかなりの時間を要していました。
未だに多くの授業ではICT機器も利用されないまま、旧態依然とした教科書学習です。
今回のケースでも、実際に「プログラミングと教科の内容をつなげて考えられる」教員がどれだけいるのか。

小学校の新学習指導要領の総則に「児童がプログラミングを体験しながら、コンピュータに意図した処理を行わせるために必要な論理的思考力を身に付けるための学習活動」とありますが、具体的にどういう学習活動なのか見えている教員は少ない。
確かに「プログラミングの指導は外部の人材や教材を活用すればいい」という考え方もありますが、予算と人材をどう確保していくかという大きな課題は残されたままで、一部の学校では推進され、そうでない学校との差は今以上に広がると思います。
学習指導要領にがんじがらめにされた中で、学校独自の「カリキュラムマネジメント」がそこまでできるかどうか、そもそもそのスキル能力のある人材が学校現場にいない中で、あと2年でどうやって育成していくのか。
ちょっと考えただけでかなりの課題があります。

アクティブラーニングとは何か?

あと、アクティブラーニングとは「与えられた課題をこなす」ことではありません。
では、その課題を解決する方法はないのか?

簡単です。
子どもたちがICT機器と自由に遊べる時間を確保するだけです。
しかも、それも希望する子どもだけにして、他のことをやりたい子はやりたいことをする。
さらにいえば、プログラミング教育は学校に行かなくても可能です。
というか、時間やカリキュラムに縛られるのではなく自由に学ぶ環境があったほうがいいです。
たったこれだけでアクティブラーニングは成立します。

すべての児童生徒に同じ時間に同じことをさせているシステムは無理が生じるのは当たり前です。
学習することが楽しければ学習規律なんかいりません。
子どもたちは規律を守るために学校に行っているのではなく、学ぶために行っているのです。
児童生徒がアクティブに学ぶためには、教員もアクティブである必要があります。
やらされている作業をこなしていてもアクティブにはなりません。
しかたなしにやらされていてもちっとも楽しくありません。
「明日もまた学校に行きたい!」って思っている教員は何割いるでしょうか?

学校教育に求められるプログラミング教育の考え方(堀田 龍也)

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

学校を変えようとする教員は「厄介者」なのか?

日本の学校は自己主張しないことがよしとされています。自己主張する者、目立つ者は叩かれる風土があります。 だから自己主張する者は「厄介者」として孤立し、黙って言われたことをこなす者が評価されます。 だか …

「スマホは偏差値を下げるから使うのをやめよう」の理由にはならない、これには反対です

“スマホが学力を破壊する”これだけの根拠を読みました。しかし、この分析はあまりにも乱暴です。 まるで全国学力テストの分析と同じで、まず「学力=学力テストの偏差値」としていること …

日本海新聞の「私の視点」に「不登校を考える鳥取県民のつどい」掲載

今日の日本海新聞の「私の視点」に「子どもの学びと不登校を考える鳥取県民のつどい」のことを載せていただきました。 「子どもの声を聴く」という当たり前のことから始めていきます。 長野のように10回をめざし …

教員の多忙化を解消するために何が必要か? 10個の提言

文科省は、弁護士や校長ОBなどを「学校業務改善アドバイザー」に任命して、全国の教委に派遣する事業を始めるという。 しかし、文科省が教委に派遣された(雇われた)アドバイザーが教員の多忙化解消を本当に実現 …

不登校になる要因は学校現場および学校制度にある

先生達へ(不登校についてのお願い) http://ameblo.jp/inclusionclass/entry-12117622349.html 全く同感です。 不登校になる要因は学校現場および学校制 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク