テクノロジー

FabLabとっとり・倉吉・米子で3Dプリンターが無料で使えます

投稿日:19/09/2015 更新日:

昨日は、FabLabとっとりで3Dプリンターでペンケースを作りました。
3Dモデリングデータ作成&基礎操作セミナーの2回の講座を1日で受講しました。

参加者は私1人だけでしたので、3Dプリンターの操作方法だけでなく講師の方と2人で「ものづくり」や日本の製造業の未来のことなど、いろいろなことを話ながら作業をしていきました。

まずは、123D Designというフリーソフトを使って、設計図3Dモデリングデータを制作。
そのデータを保存、加工用に変換して3Dプリンターで造っていくという流れです。

最初から最後まで確認しながらやったのは初めてでしたが、次回はもっと複雑な形をデザインして造ってみたいと思います。

CAD(キャド)というのはパソコンで設計をするためのツール(道具)のことで、クルマや家電、家の設計など、今までプロの設計士が仕事で使うものでした。
今ではパソコン用のいろいろなCADソフトがありますが、3Dで設計ができる無料のCADソフト「123D Design」って、結構使えます。

高機能なCADソフトは使いにくいですが、これは必要最低限の機能に絞られているためとても使いやすいです。

1つ、操作画面が英語表示なのが難点ですが、使っているうちに分かりサクサク動いて面白いです。

イメージが立体化されて見えるので、つついていれば使い方も分かります。
そして、そのデータを3Dプリンタに送信するだけで立体模型が完成します。

このツールも使い方次第でいろいろな展開ができそうです。

都会には3Dプリンタが使える施設もあるのですが、使用料が高いため使う気になれませんでしたが、FabLabとっとりは講習を受ければ無料で自由に使うことができます。

分からないことは担当の方もおられるので、その場で聞くこともできます。

ただ、残念なことに今は県の補助金で運営されているので来年3月で終わる予定だとのこと。
ぜひ来年度以降も存続できるように積極的に利用していきたいです。

興味のある方は、鳥取、倉吉、米子のFabLabに問い合わせてみるといいですよ。

pencase1

pencase2

P1010679

ファブラボとっとり(FabLab tottori 鳥取)Facebook

FabLab tottori mid(倉吉)のFacebook

ファブラボ倉吉(旧FabLab tottori mid)のホームページ

FabLabとっとりwest(米子)のホームページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-テクノロジー

執筆者:

関連記事

理化学研究所の小保方さん、ねつ造報道もねつ造?

小保方さん:「画像データ捏造の必要ない」 コメント全文  新たな万能細胞「STAP細胞」作製を報告した論文の画像などに疑問が指摘されている問題で、理化学研究所の理研発生・再生科学総合研究センター(CD …

ドラマ「下町ロケット」を支えた日本企業の開発現場がスゴイ!

ホンモノの評価は社名や認知度、企業の大きさや社会的な権力によって決められるものではありません。 日本の開発現場で働く人たちの「情熱」とものづくりの「技術力」で評価されるべきです。 表面的な見た目や人気 …

ICT機器活用は障害者の補助機器としてではなく、自己表現、自己実現が目的です。

ICT機器の活用というと、特別支援が必要な子どもたちの学習のための補助ツールというイメージが強いと思います。 あなたはどうでしょうか? 学校の学習時間や生活の場面でICT機器をどのように使うかという研 …

植松さんにとって宇宙開発は夢ではなく、手段に過ぎない

植松さん、カッコいい!素晴らしい! 「思ったらそうなるよ」 「思い続けるって大事だよ」 「ぼくにとって宇宙開発は夢ではなく、手段に過ぎない」 学校の先生がこういった 「そんな夢みたいなこと言ってないで …

ディスレクシア音読指導に使えるアプリを紹介します

昨日の保護者の会でディスレクシア音読指導アプリを教えてもらいました。 「ディスレクシア」は学習障害のひとつのタイプで、文字の読み書きに困難があり、学業不振や二次的な学校不適応などが生じます。 この単音 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク