地域情報

2018年3月の不登校・ひきこもり・発達障害に関するイベント情報

投稿日:24/02/2018 更新日:

平成30年3月3日(土)講演会

難波さん母子の話を聞いてきました。
寿和さんがお母さんにインタビューするような対話形式で子どものころから今に至るまでの振り返り。
途中で寿和さんのいきなりの指名でお父さんも一言。
家族っていいなと思いました。

「僕は発達障害だ」って言われても、相手にはなにがどうなのか伝わりません。
でも「○○タイプ」って聞くと、なんとなくなんとなくその子のことが分かるような気がする。
「診断名」じゃなくて、「その子、その人」を見ないとね。
と改めて感じた時間でした。

「大人の発達障がい者が生きやすく生きるために」~大人の発達障がいサバイバル術~
講師:山陰発達障害当事者会スモステの会代表
    難波 寿和氏 ほか
場所:倉吉交流プラザ 視聴覚ホール

チラシはこちら(PDF)

平成29年度『エール』主催研修予定

14歳からの発達障害サバイバルブック: 発達障害者&支援者として伝えたいこと(難波寿和 著)

3月5日(月)講演会

鳥取大学に斎藤環さんの「ひきこもりと対話」という講演会に行ってきました。
「対話」の目的は対話を続けること。
安心してひきこもる、これに尽きる。
これは、3日に難波さんの話にも出てきましたが、安心して帰れる場があること、安心して休むことができることが大事だということです。
斎藤さんの話を聞いてたくさんの気づきや取り入れたいことがあり、自分のやっていることに自信がもてました。
今回は「対話」がテーマだったので オープンダイアローグについての紹介もあり、もっと勉強したいと思いました。

斎藤環さん(筑波大学教授)が、「ひきこもりと対話」というテーマで講演されます。
斎藤さんは思春期・青年期を専門とされる精神科医で、ひきこもり問題についても著名な方です。
2部制で鳥取大学の井上雅彦さん、山口センター長との対談もあります。

何冊か著書を読みましたが、どれも共感、納得できるものばかりです。
今の私の考え方の基本には斎藤環さんの理論や実践があります。
学生支援センターのことは知っていましたが、いろいろな取り組みをしているんですね。
ただ、チラシだけでなくHPからPDFがダウンロードできたらいいのにな。

「オープンダイアローグ」という「魔法の鍵」

講演会のチラシはこちら

鳥取大学学生支援センター

平成30年3月21日(祝)講演会 講習会
平成29年度 困難を抱える若者に寄り添うフォーラム

ひきこもりに関する理解と県内における支援の流れ(20分)
・鳥取県立精神保健福祉センター所長        原田 豊さん
支援機関等の活動報告(40分)
・とっとりひきこもり生活支援センター代表     山本 恵子さん
・よなご若者サポートステーションキャリアコンサルタント 山田 香子さん
講演(90分)
テーマ「ひきこもりからの回復」
講師 ながおか心のクリニック院長・精神科医、NPO法人全国KHJひきこもり家族会連合会共同代表 中垣内 正和さん

日時:3月21日(水・祝)午後1時から午後3時50分(開場午後0時30分)
会場:米子市立図書館 多目的研修室(米子市中町8)
定員:140名
参加費:無料

チラシはこちら(PDF)

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-地域情報

執筆者:

関連記事

倉野川観光MAPとうーさーの倉吉マップ 似てるよね

倉野川観光MAPとうーさーの倉吉マップってよく似てると思いませんか? 「うーさーのその日暮らし 夢幻編」もサイト化されていますが、知っている人はいるのでしょうか? 個人的にはコナミ監修の倉野川観光課だ …

平成28年度倉吉市未来いきいき総合戦略は市民の要望とは程遠い

平成28年度における倉吉市未来いきいき総合戦略の推進方針が発表されています。 しかし、総合戦略の先駆的事業は、市民の要望とはかけ離れています。 12月の市報にもモーリー君が登場してその概要を解説してい …

島根県雲南市の地域自主組織「三刀屋地区まちづくり協議会」の取り組みがスゴイ

先日のおっさんの飲み会で島根県雲南市の地域自主組織について知りました。 自分たちの町は自分たちで守る、町の未来は自分たちが創る。 自分たちの課題は、自分たちで解決する。 行政とおんぶと抱っこではない自 …

農業で大成功する直販・通販で稼ぐ! 年商1億円農家

最近興味のあることが1次産業、中でも農業です。 事業を0からスタートして生産、販売までできるのが強みです。 特に農作放置地が増えている地方では、農業で起業するというのもありです。 地方には、耕作放棄に …

不登校などにインターネットの自宅学習支援 鳥取県教委

鳥取県教育委員会はこのほど、不登校や引きこもりの子供らを対象に、インターネットを活用した自宅学習支援を始めることを決めた。6月補正予算案に盛り込み、今年度は9月から運用する方針。 対象者は、県内小中学 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク