地域情報

2018年3月の不登校・ひきこもり・発達障害に関するイベント情報

投稿日:24/02/2018 更新日:

平成30年3月3日(土)講演会

難波さん母子の話を聞いてきました。
寿和さんがお母さんにインタビューするような対話形式で子どものころから今に至るまでの振り返り。
途中で寿和さんのいきなりの指名でお父さんも一言。
家族っていいなと思いました。

「僕は発達障害だ」って言われても、相手にはなにがどうなのか伝わりません。
でも「○○タイプ」って聞くと、なんとなくなんとなくその子のことが分かるような気がする。
「診断名」じゃなくて、「その子、その人」を見ないとね。
と改めて感じた時間でした。

「大人の発達障がい者が生きやすく生きるために」~大人の発達障がいサバイバル術~
講師:山陰発達障害当事者会スモステの会代表
    難波 寿和氏 ほか
場所:倉吉交流プラザ 視聴覚ホール

チラシはこちら(PDF)

平成29年度『エール』主催研修予定

14歳からの発達障害サバイバルブック: 発達障害者&支援者として伝えたいこと(難波寿和 著)

3月5日(月)講演会

鳥取大学に斎藤環さんの「ひきこもりと対話」という講演会に行ってきました。
「対話」の目的は対話を続けること。
安心してひきこもる、これに尽きる。
これは、3日に難波さんの話にも出てきましたが、安心して帰れる場があること、安心して休むことができることが大事だということです。
斎藤さんの話を聞いてたくさんの気づきや取り入れたいことがあり、自分のやっていることに自信がもてました。
今回は「対話」がテーマだったので オープンダイアローグについての紹介もあり、もっと勉強したいと思いました。

斎藤環さん(筑波大学教授)が、「ひきこもりと対話」というテーマで講演されます。
斎藤さんは思春期・青年期を専門とされる精神科医で、ひきこもり問題についても著名な方です。
2部制で鳥取大学の井上雅彦さん、山口センター長との対談もあります。

何冊か著書を読みましたが、どれも共感、納得できるものばかりです。
今の私の考え方の基本には斎藤環さんの理論や実践があります。
学生支援センターのことは知っていましたが、いろいろな取り組みをしているんですね。
ただ、チラシだけでなくHPからPDFがダウンロードできたらいいのにな。

「オープンダイアローグ」という「魔法の鍵」

講演会のチラシはこちら

鳥取大学学生支援センター

平成30年3月21日(祝)講演会 講習会
平成29年度 困難を抱える若者に寄り添うフォーラム

ひきこもりに関する理解と県内における支援の流れ(20分)
・鳥取県立精神保健福祉センター所長        原田 豊さん
支援機関等の活動報告(40分)
・とっとりひきこもり生活支援センター代表     山本 恵子さん
・よなご若者サポートステーションキャリアコンサルタント 山田 香子さん
講演(90分)
テーマ「ひきこもりからの回復」
講師 ながおか心のクリニック院長・精神科医、NPO法人全国KHJひきこもり家族会連合会共同代表 中垣内 正和さん

日時:3月21日(水・祝)午後1時から午後3時50分(開場午後0時30分)
会場:米子市立図書館 多目的研修室(米子市中町8)
定員:140名
参加費:無料

チラシはこちら(PDF)

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-地域情報

執筆者:

関連記事

倉吉図書館では「戊辰戦争150年コーナ」で会津関連の本の特集

長州と会津、同時進行で読んでいます。 松陰先生と容保公とは関係ないけど、なんだか、今自分が生きていることに対してご先祖様の墓にお礼に行きたくなりました。かつて国のことを命をかけて本気で守ろうとした人た …

地域おこし協力隊の任期3年を問う問題点

鳥取県にも地域おこし協力隊の方たちが活躍しています。 しかし、良い意味でも悪い意味でも行政側の担当者の判断で事業の進み具合が大きく変わる場合があるようです。 隊員の研修など、自立に向けてやれることもあ …

鳥取県中部・倉吉市災害ボランティアセンターを開設

倉吉の町は地震発生から3夜空け、4日目の朝が始まりました。 いつもの月曜日と変わりなく、学校や職場に向かいます。 鳥取県中部で災害ボランティアの受付を開始しています。 今回の地震での作業は家屋のがれき …

鳥取県八頭町の旧隼小学校が公民複合型施設『隼lab』として11月下旬にオープン

鳥取県八頭町で今話題の廃校を活用した複合施設『隼lab』がオープンします。 2017年3月から廃校となった八頭町の隼小学校をリノベーションして、食べる(カフェ)、学ぶ(スクール)、集う(コワーキング) …

湯原温泉郷が鳥取中部地震で被災された方に温泉を開放

倉吉市上井地区、駅前通りのビルなどの壁が落ちたり、飲食店のびんや食器が散乱したり、道路が陥没していたりなどのひどい状況がテレビでも放映されていますが、住民はひとまず落ち着いた生活に戻っています。 しか …

スポンサーリンク

スポンサーリンク