教育

学習障害による困難さを疑似体験することができます

投稿日:

学習障害による困難さを疑似体験できるサイトをまとめました。
リンクをクリックすると詳しい情報を見ることができます。

●LD疑似体験:学習障害(LD)の中から”読む”ことのへ困難について

読む”ことのへ困難がある子どもが実際に文章がどのように見えているか体験ができます。
さらに、文字や文章が読めたからといって意味がわかるわけではありません。

●「読むことに困難のある人へのDAISYによる情報支援」セミナー

ディスレクシアの子ども、読字障害があると文字や絵図などを見るとどう見えるか、実際の見え方が分かります。
このように、学習障害、読み書き障害がある子は、学校で不思議な気持ち、緊張状態で1時間の授業を1日受けています。

同じ本や絵をみてもこのように見えています。

●ディスレクシアとマルチメディアDAISY

マルチメディアデイジー(DAISY)教科書について

日本障害者リハビリテーション協会 情報センター

●医学映像教育センター「聞く・話す・算数に困難のある子どもへの理解と支援」DVD

「読むこと・書くことに困難のある子どもへの理解と支援」

文字を識別したり、文字をまとまりとして読むことが難しかったりする例など、子どもの書くプロセス、読みのプロセスと読み・書きの困難をCGや実写などで説明し、その支援法や指導法について紹介してあります。

「算数に困難のある子どもへの理解と支援」

算数につまずきのある子どもの背景と支援・指導についての解説がしてあります。

●「ディスレクシアの見え方の例」
日本障害者リハビリテーション協会『「読める」ってたのしい。』(PDF)

このように、文字がにじむ、文字が歪む、逆さ文字に見える、文字がぼやけるなど、視覚としての捉え方が異なって見えるのです。文字がかすんだり、揺らいだり、鏡文字に見えてしまう人もいます。
「ディスレクシアの例」のように文字がかすんだり、揺らいだり、鏡文字に見えてしまう人もいます。

南雲明彦 僕がボクであるために

●啓発絵本「サトルの話」

井上賞子さんが作った、読み書きの困難さを理解してもらうための絵本動画です。

ナレーターは井上さんです。
個々の子どもがどんなことに困っていて、それにはどんな方法で学習したらいいのかがよく分かります。
この動画は、学校の保護者会や授業などでも使えますね。

魔法の啓発絵本

魔法のプロジェクト

Youtube 教材アイデアの部屋

●自閉症スペクトラム(ASD)児者の聞こえ方を疑似体験

定型発達の方が自閉症者の聞こえ方を疑似体験できるサンプル、そして自閉症の方が定型発達者の聞こえ方を疑似体験できるサンプルです。

詳しくはこちらのサイトを見てください。

もちろん、学習障害のある子がすべてこのように見えたり感じたりしているのではありません。
個々の状態によって見え方や感じ方は異なります。

しかし、だからといって、全く勉強ができないわけではなく、個々のつまずきや困り感に合った、目的に合った道具や教材があれば、意欲的に学習をしていくことができます。

個々の見え方、つまずきに合わせた適切な支援があれば、学習は進めていけます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

学校やその他の場所に行くのも行かないのも親ではなく子ども本人が決めること

「子どもをどこかへ行かせたい」 「なんとかして外出させたい」 「学校でなくてもいいから、フリースクールや適応指導教室に通ってほしい」 というのは、不登校の子どもを持つ多くの親の願いだと思います。 しか …

不登校対策やひここもり支援にしても本質の理解が欠けている

世間から「学校を休んだり、逃げたり、撤退するということへの否定的なまなざし」が強いのは確かです。 学校に行く行かないの自由は認められたとしても、現在不登校をしている子どもたちが「学校に行かなくても、何 …

鳥取県西部地区の親の会「つながろう会」の12月例会のお知らせ

鳥取県西部地区の不登校児童生徒、ひきこもり青年の親の会「つながろう会」の12月例会のお知らせです。 先日大山町で講演をしていただいた村本和孝さんも参加される予定です。 子どもさんが不登校になったとき、 …

「教員の常識は、社会の非常識」そうなるのも当たり前の世界が学校というところ

「教員の常識は、社会の非常識」まだまだあります。 怖いのは、それを本人たちが気づいていないこと、気づいていてもそれを変えようとしないこと。 変えようとしたら自分の立場が危ないので、流れにまかせて自分の …

アクティブラーニングとは課題設定と何を学ぶのかという目標を明確にすること

今アクティブラーニングが注目されていますが、私が中学生のときはすでに「それに近い」学習をしていました。 それを学校では「自主共同学習」と呼んでいて、多くの先生方が全国から視察に来ていました。 授業の終 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク