教育

教員にとっての「いい子」国家にとって「都合のいい子」が評価される道徳教科に?

投稿日:27/08/2016 更新日:

新指導要領では道徳が「教科」化されて、担任が評価することになります。
どのような評価基準で評価するのかわかりませんが、担任の評価を気にする道徳の学習ではなんの意味もありません。
ちなみに、私たちが中学生のときは道徳の時間は卓球やソフトボールをしてたなあ。
このときに評価があったら、何点だったのでしょうか?

広島県教育委員会は、「『児童生徒の心に響く教材の活用・開発』研究報告集」として、「心の元気」という教材を作っている*1。その中に、「組体操 学校行事と関連付けた取組み」という教材がある*2。小学校5・6年生用の教材で、運動会の組体操での練習のストーリーが題材になっている。

教訓めいた押しつけの道徳の授業よりも、卓球やソフトボールをした方が仲間作り、お互いを思いやる気持ち、協力、創意工夫などが学べたのではないかと思います。
そのとき、担任の先生がいたかどうかすら記憶がありません。^^
今のシステムの中でのテストや評価は、競争意識を煽るだけなので、このまま道徳の評価がされるようになると、「いい評価をしてもらう」ための学習活動になる恐れがあります。
道徳の「答え」はみんな知っていますから、どんな教材が教科書に載せられるのか注目したいです。
なんでもかんでもやればいいというものではありません。

道徳を「教科」にする問題点はたくさんありますが、現在の道徳授業の問題点を放置したままで「教科化」するのは、さらに問題を大きくすることになります。
教員にとっての「いい子」国家にとって「都合のいい子」が評価されるようなことがあってはなりません!
・「何が道徳的に正しいのか」という道徳の内容や評価基準の決め方に問題がある。
・国民からの信頼がない、道徳を語る資格がない政治家主導の「国定教科書」の内容を誰が担当するのか。
・実際には道徳の評価は担任が行うが、国家が評価基準を決めることの危険性を含んでいる。
・「国にとって都合のいい人間」を高評価するようになると、子どもの人間性が損なわれる。裏と表の顔を今以上に持たせることにつながる。
・教員の主観による評価になるため、絶対的な評価は不可能。
・結果的に道徳を教科にすることは「非道徳的」な人間を育てることになる。
・教員の負担が増えることにより、今以上に子どもへ向き合う時間が少なくなる。

これは何かの冗談ですか? 小学校「道徳教育」の驚きの実態

ビートたけしが安倍政権の道徳教育を真っ向批判!
「道徳を守れないお前らが道徳を語るな」「日本の道徳観は単なる郷愁だ」

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

知恵も工夫もない学習計画表、休校中に家庭で学習するときの心得?

子どもを一瞬で勉強嫌いにする方法と好きになる方法を教えますにも書きましたが、休校になったために多くの学校では、とてもやりこなせないほどの「学習計画表」が配られています。 こんなのもありました。知恵も工 …

学校が楽しければ学校に行くし、給食が美味しかったら残さず食べる

食育って栄養のことだけではないでしょ。 給食だけじゃないけど、その時間が来るのが楽しみって思うかどうか。 病院食じゃないんだし、完璧な栄養バランスなんかできるはずないんだから、それよりも大事なのは「美 …

アメリカの自閉症児のお母さんが開発した自閉症児の生活を一変させたアプリ「Voice4u」

最近、使いやすいアプリを探しまくっています。 アメリカの自閉症児のお母さんが開発したという「自閉症児の生活を一変させたアプリ」のことを知りました。 自閉症や言葉の話せない子どものコミュニケーションのサ …

オンライン学習を国が開発へ、「カリキュラム・マネジメント」との関連は?

国がこれから開発するというオンライン学習と新学習指導要領の「カリキュラム・マネジメント」と矛盾していないのでしょうか? 文科省は、小中高校生の「家庭学習の充実」に向け、パソコンやタブレット端末を使って …

教育の目的は自立、「特別支援学級の子どものためのキャリア教育入門」

「特別支援学級の子どものためのキャリア教育入門」(明治図書)を読みました。 教育の目的は「自立」「生きる力をつけること」っていわれますが、それをどこまで分かって教育に関わっているでしょうか? 「自立」 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク