暮らし

「できない」ことを承知で作られた地方創生総合戦略

投稿日:06/11/2015 更新日:

鳥取県では「地方創生総合戦略」が出そろいました。

しかし、実践なきアイデアを出し合うだけの会議では意味がありません。

会議をすること自体が目的ではないのですから、感想を述べあう有識者会議などに予算をつけるのは無駄使いです。

きちんと実践し、それを検証し、評価できる成果に対して対価としての報酬を出すべきです。

できなかった場合の責任は誰がとるのかという点も明確にして実践を進めていくべきです。

特に倉吉の場合は「できるできない」なんか考えて作っていません。

というか、「できない」ことを承知で戦略に載せています。

5年後の到達目標も適当な数値です。

担当者とも話しましたが、「全部実行するのは無理です。」
とはっきり言いました。

こんな考え方で作っているのですから、もう、ガッカリですよ!
これはどう見てもおかしいでしょう。

5年間という限られた期間、限られた予算を具体的にどう配分していくか、市の総合戦略の中にどう位置付けているかという部分が書けています。

まさに「作って終わり」という形だけです。

さらにそのために市民の税金が使われていますので、それには納得ができません。

地方創生先行交付金はもらうことが目的ではありません。
それがどのように使われて、成果はあったのか、住民満足度の観点からきちんと検証する必要があります。

なので、まずは市民がこのような実態であることを知ることから始めなくてはいけないと思って、このように発信を続けています。

実践なき「アイデア合戦」が地方創生を潰す

http://toyokeizai.net/articles/-/91161

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-暮らし

執筆者:

関連記事

選挙のときに候補者が具体的な公約を掲げない理由とは?

倉吉市の選管からの選挙公報が公示から3日後に届きました。 遅すぎです。 さらに、その内容は何かのキャンペーンのキャッチフレーズのようで抽象的すぎて、任期中に何がやりたいのか全く見えない。 抽象的なスロ …

相撲界の問題は社会構造そのものが象徴的に出ている事案です

彼は弟子を守るために行動しただけで、何の落ち度もないですよ。 彼がこういう態度になったのは相撲協会の対応のせいでしょ。協会の対応に対する処罰はないの? 組織の対面を守るためによってたかって貴乃花をいじ …

オンライン当事者会でのつながりが目的やゴールでもいい

“ひきこもったまま”あらゆる人とつながることができるネットの力。 「自分のことを誰かが待っている」って、自己の存在を自覚できるとても大切な感覚です。 「一人でいるほうが気が楽だけど、どこかで人とのつな …

空気は読まない、がまんしない、そのままでいい

空気は読まない がまんしない 無理しない がんばらない いいかげんがいい ゆっくりでいい 気にしなくていい 他人に合わせなくていい もっと自分中心でいい そのままでいい それがいい。

希望のメッセージ「お母さん、ぼくが生まれてごめんなさい」 

希望にあふれたメッセージですね。 すべての人は輝いている。 すべての人が生きる価値がある。 「どうせ世の中変わらない」とあきらめないで。 まずは身近なところから、まずは自分自身が勇気を出して変わること …

スポンサーリンク

スポンサーリンク