暮らし

「できない」ことを承知で作られた地方創生総合戦略

投稿日:06/11/2015 更新日:

鳥取県では「地方創生総合戦略」が出そろいました。

しかし、実践なきアイデアを出し合うだけの会議では意味がありません。

会議をすること自体が目的ではないのですから、感想を述べあう有識者会議などに予算をつけるのは無駄使いです。

きちんと実践し、それを検証し、評価できる成果に対して対価としての報酬を出すべきです。

できなかった場合の責任は誰がとるのかという点も明確にして実践を進めていくべきです。

特に倉吉の場合は「できるできない」なんか考えて作っていません。

というか、「できない」ことを承知で戦略に載せています。

5年後の到達目標も適当な数値です。

担当者とも話しましたが、「全部実行するのは無理です。」
とはっきり言いました。

こんな考え方で作っているのですから、もう、ガッカリですよ!
これはどう見てもおかしいでしょう。

5年間という限られた期間、限られた予算を具体的にどう配分していくか、市の総合戦略の中にどう位置付けているかという部分が書けています。

まさに「作って終わり」という形だけです。

さらにそのために市民の税金が使われていますので、それには納得ができません。

地方創生先行交付金はもらうことが目的ではありません。
それがどのように使われて、成果はあったのか、住民満足度の観点からきちんと検証する必要があります。

なので、まずは市民がこのような実態であることを知ることから始めなくてはいけないと思って、このように発信を続けています。

実践なき「アイデア合戦」が地方創生を潰す

http://toyokeizai.net/articles/-/91161

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-暮らし

執筆者:

関連記事

障害者のために”してあげる支援”という認識を変える必要があります

「障害は不幸」 「障害者は可哀想な人」 「”障害があるのに”頑張っている姿が素晴らしい」 だから「健常者」が助けてあげよう 障害者だから、みんなが配慮してあげよう という前提で番組が成り立っていること …

スマートフォンの普及とガムの販売数に関係があり?

スマートフォンの普及で、ガムが売れなくなっている。 米国でガムの売り上げが落ち込んでいる。 タブレット菓子やグミの売れ行きは好調だというのに、なぜガムが不振なのか。 ガムの売り上げが減少する一方で、タ …

倉吉市の新年度当初予算案 大事なことはその中身

倉吉市の新年度当初予算案が出されました。 過去3番目規模とありますが、大事なことはその中身です。 予算の使われ方が大事です。 「子育て支援や雇用、まちづくりを重点に置いた予算配分となっている」というこ …

今年も出演していた北斗の心情とは一体?

「今年は森三中の大島美幸が完走しましたが、昨年は北斗晶、それに夫・佐々木健介と2人の息子がランナーを務めました。 実は、北斗には表に出ていない裏話があるんです。 放送から約半年後、北斗がヒザの治療のた …

安さを売りにする場合は特売モデルが役に立つ

際立ったもので人を引きつける――特売モデル 特売モデルとは、文字通りスーパーなどの特売品で利益を上げるものです。 特売品は安く、利益が出ているとは到底思えないのになぜ利益が出るのか――。 特売モデルは …

スポンサーリンク

スポンサーリンク