暮らし

「できない」ことを承知で作られた地方創生総合戦略

投稿日:06/11/2015 更新日:

鳥取県では「地方創生総合戦略」が出そろいました。

しかし、実践なきアイデアを出し合うだけの会議では意味がありません。

会議をすること自体が目的ではないのですから、感想を述べあう有識者会議などに予算をつけるのは無駄使いです。

きちんと実践し、それを検証し、評価できる成果に対して対価としての報酬を出すべきです。

できなかった場合の責任は誰がとるのかという点も明確にして実践を進めていくべきです。

特に倉吉の場合は「できるできない」なんか考えて作っていません。

というか、「できない」ことを承知で戦略に載せています。

5年後の到達目標も適当な数値です。

担当者とも話しましたが、「全部実行するのは無理です。」
とはっきり言いました。

こんな考え方で作っているのですから、もう、ガッカリですよ!
これはどう見てもおかしいでしょう。

5年間という限られた期間、限られた予算を具体的にどう配分していくか、市の総合戦略の中にどう位置付けているかという部分が書けています。

まさに「作って終わり」という形だけです。

さらにそのために市民の税金が使われていますので、それには納得ができません。

地方創生先行交付金はもらうことが目的ではありません。
それがどのように使われて、成果はあったのか、住民満足度の観点からきちんと検証する必要があります。

なので、まずは市民がこのような実態であることを知ることから始めなくてはいけないと思って、このように発信を続けています。

実践なき「アイデア合戦」が地方創生を潰す

http://toyokeizai.net/articles/-/91161

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-暮らし

執筆者:

関連記事

「令和」元号を否定はしませんが、この過熱ぶりには疲れるなあ

予想通りの大騒ぎが始まった。 ただでさえ新年度の大騒ぎの中、さらに拍車をかける加熱ぶりを競い会うメディア。 5月1日はもっとスゴいことになるだろう。 これが一年中続くと思うと恐ろしい。 このような加熱 …

サポステは失敗だった、気軽に立ち寄れる「居場所」に予算を!

田中さんと同感です。 ・ひきこもり本人が仮に意識が「外」に向き出したとしても、最初から諦めるケースが多い。 ・「スモールステップ」で「ゆっくり」と準備をするという「当たり前のこと」がこれまで無視されて …

2015年に支払った税金を取り戻す方法

毎年新年の仕事始めは確定申告の準備からスタートしています。 1年分の帳簿の整理から申告書の作成までがその仕事で、最も1年の区切りを感じることです。 国や行政はなにもしてくれないことの方が多いのですが、 …

すべきことは「ひきこもりからの脱出」ではなく、本人の苦痛や困り感を解消すること

内閣府は29日、40歳~64歳までを対象とした「ひきこもり」の実態調査の結果を公表。40歳以上のひきこもりは推計61.3万人とした。15歳~39歳までの「ひきこもり」は2015年の調査で推計54.1万 …

『不登校新聞』編集長に聞く挫折から始まる「私」の人生について

私もある意味挫折というか、残念なことを知ってしまったことが原因で今のスタイルに「転職」シフトしたのですが、この記事はストンと落ちて納得です。 「世の中のため」「人のため」は考えず、「私」が話を聞きたく …

スポンサーリンク

スポンサーリンク