暮らし

「できない」ことを承知で作られた地方創生総合戦略

投稿日:06/11/2015 更新日:

鳥取県では「地方創生総合戦略」が出そろいました。

しかし、実践なきアイデアを出し合うだけの会議では意味がありません。

会議をすること自体が目的ではないのですから、感想を述べあう有識者会議などに予算をつけるのは無駄使いです。

きちんと実践し、それを検証し、評価できる成果に対して対価としての報酬を出すべきです。

できなかった場合の責任は誰がとるのかという点も明確にして実践を進めていくべきです。

特に倉吉の場合は「できるできない」なんか考えて作っていません。

というか、「できない」ことを承知で戦略に載せています。

5年後の到達目標も適当な数値です。

担当者とも話しましたが、「全部実行するのは無理です。」
とはっきり言いました。

こんな考え方で作っているのですから、もう、ガッカリですよ!
これはどう見てもおかしいでしょう。

5年間という限られた期間、限られた予算を具体的にどう配分していくか、市の総合戦略の中にどう位置付けているかという部分が書けています。

まさに「作って終わり」という形だけです。

さらにそのために市民の税金が使われていますので、それには納得ができません。

地方創生先行交付金はもらうことが目的ではありません。
それがどのように使われて、成果はあったのか、住民満足度の観点からきちんと検証する必要があります。

なので、まずは市民がこのような実態であることを知ることから始めなくてはいけないと思って、このように発信を続けています。

実践なき「アイデア合戦」が地方創生を潰す

http://toyokeizai.net/articles/-/91161

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-暮らし

執筆者:

関連記事

みんな好きなこと、ワクワクすることをして楽しく生きたほうがいいでしょ

どこの学校に所属するか、はじめに学校ありきではなく、自分が何をしたいかです。 学校は自分の必要性があれば利用したらいいし、必要なければ行く必要もありません。 必要なくなれば他のことをしたっていい。 そ …

競い合いから助け合い、敵視から共感の社会を目指して

「変わった人」「普通じゃない人」を避けたり排除しようとするのは一人ひとりの心の動き。 優劣や損得で人を決めるという潜在意識がそんな心を作っている。 その心の動きが社会性を構築している。 それが国のルー …

「してもらう支援」「してあげる支援」ではなくもっと自由に生きたらいい

いろいろな会に参加して思うのですが、なんだか、「させたい、させよう」支援が多いような気がします。 親や関係者が勝手に決めたゴールに向かわせているのではないか? なんとかして社会の一員に当てはめようとし …

認知症になる前より今の方が積極的になった

NHKテレビで認知症についての特集がはじまっています。 あなたは、認知症と聞くとマイナスイメージでとらえていませんか? 「認知症になったら何も分からなくなる、できなくなる」と恐怖を感じていませんか? …

これからの世代って年金っていくらもらえるのか?

消えた年金問題も発覚当初は騒がれましたが、今はうやむやにされ、問題もなかったことになっています。 結局、「分かりませんでした」で終わっています。 そもそも国民を騙してお金を奪い取ろうと考えている連中が …

スポンサーリンク

スポンサーリンク