暮らし

「できない」ことを承知で作られた地方創生総合戦略

投稿日:06/11/2015 更新日:

鳥取県では「地方創生総合戦略」が出そろいました。

しかし、実践なきアイデアを出し合うだけの会議では意味がありません。

会議をすること自体が目的ではないのですから、感想を述べあう有識者会議などに予算をつけるのは無駄使いです。

きちんと実践し、それを検証し、評価できる成果に対して対価としての報酬を出すべきです。

できなかった場合の責任は誰がとるのかという点も明確にして実践を進めていくべきです。

特に倉吉の場合は「できるできない」なんか考えて作っていません。

というか、「できない」ことを承知で戦略に載せています。

5年後の到達目標も適当な数値です。

担当者とも話しましたが、「全部実行するのは無理です。」
とはっきり言いました。

こんな考え方で作っているのですから、もう、ガッカリですよ!
これはどう見てもおかしいでしょう。

5年間という限られた期間、限られた予算を具体的にどう配分していくか、市の総合戦略の中にどう位置付けているかという部分が書けています。

まさに「作って終わり」という形だけです。

さらにそのために市民の税金が使われていますので、それには納得ができません。

地方創生先行交付金はもらうことが目的ではありません。
それがどのように使われて、成果はあったのか、住民満足度の観点からきちんと検証する必要があります。

なので、まずは市民がこのような実態であることを知ることから始めなくてはいけないと思って、このように発信を続けています。

実践なき「アイデア合戦」が地方創生を潰す

http://toyokeizai.net/articles/-/91161

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-暮らし

執筆者:

関連記事

「できませんでした」が「頑張ります」に変わってきています

分からないから知りたくなるし、できないからできると楽しいんです。 もしも、できることばかりであったら人生はつまらないと思いますよ。 私は、疑問や分からないことなどの課題を見つけたらとてもワクワクします …

平成29年度版 鳥取市・倉吉市 こどもの発達支援のための社会支援ガイド

鳥取市こども発達・家庭支援センター発行「平成29年度版 こどもの発達支援のための社会支援ガイド」 各機関の一覧だけでなく、それぞれの役割や内容も載っているところ、親の会も掲載されているのがいいですね。 …

コミュニケーションの基本は、今も昔も何も変わってはいない

街中でも車や電車の中でも常に携帯画面を見ている人って、ほんとうに多くなりました。 どれだけ暇で無駄な時間を過ごしていると感じていないのでしょうか? メールを使うときに「すぐに返信できないことに焦りや後 …

はっちゃんの生き方に学ぶ、主体的とは自分で決めて実行することです

文科省がどうだとか、不登校がどうだとか、そんなことどうでもいい。 社会の制約にどれだけしばられたいの? 自分で自分を社会の枠に閉じ込めたいの? 文科省に従うこともないし、別に学校に行かなくたっていい。 …

書籍代を大幅削減「その本、図書館にあります。」

こんな機能があったらいいいなと前から思っていました。 欲しい本があるときは、まず地域の図書館のHPで検索し、あったら即予約 なければヤフオクで古本探し そして、どうしてもなければ書店で立ち読み 中身を …

スポンサーリンク

スポンサーリンク