教育

日本の外国語教育で必要なのは「出川イングリッシュ」本当の勉強の仕方とは?

投稿日:15/10/2017 更新日:

日本の外国語教育で必要なのは「出川イングリッシュ」
・なぜ出川イングリッシュは通じるのか
・言葉より大事なのはコミュニケーション能力
・英会話は言葉じゃなく「魂」で話すことが近道

何年も英語を勉強しているのに、多くの日本人は英語が話せない、外国人とコミュニケーションができない。
外国語教育だけでなく、「出川イングリッシュ」から学ぶことはたくさんあります。
目的は上手に英語をしゃべることがではなく、コミュニケーションすること。
何よりも大事なことは行動です。
自己表現です。
これが日本の学校教育はできていません。
外国語の学習だけじゃない、日本の学校は本当の勉強の仕方を教えていないのです。
だから、多くの人が勉強嫌いになっているのです。

出川イングリッシュは、はじめてのおつかいで課されたミッションを見事クリアしています。
英単語も文法もままならないだけではなく、ヒヤリング能力も低いんですよね。なので、聞き間違いから、勘違いも多いです。

ではなぜ、出川イングリッシュは世界で通用し、ミッションをクリアすることが出来るのか。
出川さんはすごく難しい単語はわからないのですが、自分の知っている簡単な単語を並べて物事を伝えようとしています。
全然伝えたい単語や言葉が出てこない時は、歌や音などのイメージで相手に伝えようとしてます。
また相手から引き出した答えを出川さんはオウム返しします。何度も何度も繰り返すことで自分も覚えることが出来ますし、相手にも覚えようとしている熱心さが伝わります。
「英語が出来ないから話さない」ではなく、「話さなければ英語は出来ない」という思考の転換をしましょう!

本当の勉強の仕方

では、本当の勉強の仕方とは?

本当の勉強の仕方第一歩
与えられる課題ではなく、自分の問い、なぜ?を作る。

本当の勉強の仕方第二歩
「問い」や「なぜ?」を解決したときに、その答えを覚えることをやめる、暗記はしないこと。
それによって、自ら導く方法を考える力が身に付きます。

出川の英語が面白いのに凄い件!これぞ初心者が学ぶべき英会話!?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

発達障害の根本治療はできない、薬は百害あって一利なし

今日は鳥取市で行われた「困難を抱える若者に寄り添うフォーラム」に参加してきました。 福島学院大学 副学長・児童・思春期精神科医の星野仁彦さんの講演、というより勉強会でした。 テーマは「気づいて!心のS …

みんなの困ったを改善するために「鳥取県 子どもたちの明日を語る会」があります

鳥取県では、平成25年度より「特別な支援を必要とする子どもたちの明日を語る会」を、東中西部の各地区で年1回開催しています。 子どもに関係するいろいろな立場の人が一堂に集まって意見を述べ合う場は、年にこ …

鳥取市でも新型コロナウイルスの感染者が発生したが学校は継続

鳥取市でコロナウイルス感染者が発生したために鳥取県内、鳥取市内の学校開放施設の利用は中止になっていますが、現段階では学校は休校にはしないようですね。 鳥取市で発生したコロナウイルス感染症患者の濃厚接触 …

いかに親や学校が子どもの考える力を奪っているか休校騒ぎで明らかになった

いかに親や学校が子どもの考える力を奪っているか。この度の休校騒ぎでも明らかになったと思います。 「宿題はやったの?」 「子どもだけで出歩いちゃダメ!」 「漫画ばっかり読んで!」 「ゲームばっかりして! …

遊びながら図形力や論理力が身につくのは自由遊び以外にない

楽しく夢中になって遊んでいて、いつのまにか算数力が身につけばうれしい。 そんな「算数センスが磨かれる知育おもちゃ」があれば知りたい! そこで、ウェブサイト「数理女子」事務局に協力を得て、東京大学と慶應 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク