教育

ダメな人間などいません、ダメな指導者がいるだけなのです

投稿日:24/11/2015 更新日:

小学校4年生程度の学力しかない女子高生が、一気に偏差値を40も上げて慶應大学の受験に合格した! という実話を元にした映画『ビリギャル』。

「君はね、人間のクズだよ」。名古屋では有名な中高大エスカレーター式のお嬢様学校でさやかさんが中学3年の時、こんな言葉を校長から投げつけられた。髪を金色に染めてクルクルと巻き、スカートをたくしあげた格好でタバコをふかす。異性との交際も見つかっての無期停学を言い渡された際。「母を悲しませたことは反省したけど、あんたは関係ないだろ、クズと言われるほどのことか」と反発した。

さやかさんも「家に帰りたくなかった」。父と顔を会わせれば必ずけんか。夜中に、友人とのたまり場へ迎えに来た父を「くそじじい」と罵ったこともある。

高校2年の夏に、「ビリギャル」の著者である坪田氏が経営する学習塾に通い始めたことだ。内部進学も危うい学力だったことを心配した母が薦めた。「大人はみんな、私をダメなやつと見ている気がしていた」さやかさんに対し、坪田氏はちゃんとあいさつができることを「いい子だね」と褒めた。「褒められたことって、母以外にはなかった」

ダメな人間などいない!

「ダメな人間などいません、ダメな指導者がいるだけなのです。」

なんてカッコいい言葉なんでしょう。

「ダメな生徒などいません、ダメな先生がいるだけなのです。」

「ダメな社員などいません、ダメな経営者がいるだけなのです。」

「ダメな教員などいません、ダメな教委や文科省がいるだけなのです。」

「ダメな子どもなどいません、ダメな親がいるだけなのです。」

とも言い換えられませんかね?

「ビリギャル」というのも、狭い評価基準を元にした判定にすぎません。

さやかちゃん、なかなか鋭い社会を観る目を持っています。
偏差値30からケーオー(慶應)に受かったさやかちゃん、自暴自棄から立ち直った弟、不登校から上智に合格した妹。

これは、奇跡でもなんでもありません。
誰もがその可能性を持っていて、それをきちんと引き出すことができれば実現できるのだという証です。
運動会で一等にならなくても、テストで100点をとらなくてもいい。通知票に○がつかなくてもいい。あなたはあなたで頑張っているんだから。
「だめな子ども」なんて一人もいません。
「だめな人」も一人もいません。
いるとしたら、「だめ」って決めつけている人の方です。

さやかちゃんの受験の朝、お父さんがマイクロで受験会場まで送っていく途中で、高齢の夫婦の車が雪で立ち往生していたのを見て、「さやか、おまえはここで勉強してろ!」といってその車を雪から出そうと雪かきを始めます。
ああちゃん(お母さん)の教育方針の方が評価されていますが、お父さんの生き方もなかなかカッコいいです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

映画 ビリギャル スタンダード・エディション [ 有村架純 ]
価格:3575円(税込、送料無料) (2017/10/20時点)

ビリギャル公式サイト
『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』

慶応大に進学した“ビリギャル” その後の物語

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

算数嫌いになるのは、嫌いになるような指導をしているから

算数嫌いになるのは、嫌いになるような指導をしているからです。 一番ダメな指導が無理やり問題を解かせて算数を嫌いになってしまうことです。 その一番障害になっているのが学年別の一律のカリキュラムと評価制度 …

夢や希望は観念ではなく小さな行動の積み重ねによって自分で作っていくもの

思いを持つことは大事です。 思いがなくては何も始まりませんからね。 しかし、思いを持つだけでは夢は実現しません。 思い以上に大事なことが行動を始めること。それ以上に大事なことは行動を続けることです。 …

「ひきこもりからの回復」とはどのような姿をいうのか?

「ひきこもりからの回復」とはどのような姿をいうのか? 目を通してみると整理できると思います。 ・親が考え方、受け止め方を変えること ・一喜一憂しない、未来に希望を持つ ・第3者の存在の重要性 ・心身の …

自由創造ラボたんぽぽ発行の小冊子「ありのままで」が届きました

米澤 美法さん主宰のNPO法人自由創造ラボたんぽぽさんが発行した小冊子「ありのままで」が届きました。 私も保護者の方や教育関係者に渡そうと思って、20部ほど注文しました。 これは冊子発行と、配布のため …

「できる、できない」ではなく「学習するって楽しい」って感じることの方が大切

今の学校の勉強は、みんなに同じことをさせて勉強を嫌いになる子どもを育てているような気がします。 苦手なことを何度も何度もやらせることは、それができるようになるどころか、どんどん嫌いにさせていきます。 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク