地域情報

大山町民と一体となって世界に通用する感動価値を共創

投稿日:30/11/2015 更新日:

大山町の総合戦略は独自性が明確に出ていて素晴らしいと思います。

問題はそれを実行できるかなんですが、このように若者を中心とした一般町民がプラン作りから参画でき、「計画」で終わらない実践というのがいいですね。

まさに、PDCAサイクルを回していくことで、より進化させていくことができると思います。

倉吉もこのような仕組みができることを期待しています。

鳥取県大山町で、観光に本気で挑みます。

地域おこし協力隊を中心に、多様性のある仲間が集まりました。

「計画」で終わらない、鳥取県大山町民と、県外のよそ者が共にトレーニングを受け、一体となって、世界に通用する感動価値を共創します。

http://mogdaisen.com/

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-地域情報

執筆者:

関連記事

新型コロナウイルス感染拡大によるコミック無料公開!

新型コロナウイルス感染拡大による休校によって多くの漫画コミックが無料公開されています。 少年ジャンプも読み放題! 地方は発売してから何週間も経ってから手に入り、雑誌が破れるまで回し読みしていた世代から …

学びとは自分で課題を見つけて解決していくこと、それは学校へ行かなくてもできる

「学校がないと勉強ができない」 なんだか、今、その方向になりつつあるような気がします。しかし、コロナ休校でそう考えるようになってしまうのはもったいないと思います。 オンライン授業競争をはじめとするここ …

我が家の畳と地震被災地への支援の形

このたび、リビングの置き畳を大山町の田宮畳店さんにお世話になって新調しました。 この置き畳、熊本県内のいぐさ生産者が大切に育てたいぐさで作った畳なので、家に入るとまるで新築したような空気とにおいがして …

鳥取県中部地震で北栄町に災害ボランティアに行って来た

現在鳥取県の各自治体では災害ボランティアを募集しています。 ボランティアに参加可能な人は、鳥取県内に在住の人であること。 住んでいる社会福祉協議会のボランティア保険(天災タイプ)に加入できる人(すでに …

2016年10月21日に起きた鳥取県中部地震から4年、情報伝達の仕組みは?

2016年10月21日に起きた鳥取県中部地震から4年経ちました。 当時、被災地にに住む当事者として痛切に感じたことが、「今すぐ知りたいこと」は入ってこないということでした。 4年経った今でも屋根にブル …

スポンサーリンク

スポンサーリンク