暮らし

「サルでもわかる新型コロナのウソ」に国民がどんどん洗脳されている

投稿日:20/12/2020 更新日:

私も内海さんと同じ意見です。
国民が正しい正確な情報を知らない。そのために恣意的に報道される情報のみで全体像だと考えてどんどん洗脳されています。
そもそもメディアに登場する専門家の科学的分析が不確かであること、正しい情報が国民に報道されないことがまずもって大きな問題です。
今の状況は、まさに政府、専門家、メディアによって作られたパンデミックだといえます。
あまりにも政府から発信される情報もメディア報道も偏り過ぎています。
今や政府も自治体も専門家も具体的な行動計画を示さず「精神論」ばかり言い出す始末で、なんの科学的根拠も示さないまま「根性で切り抜けよう」「国民一丸となって戦おう」と、まるで戦時下のよいな大号令まで発する始末です。
知事が考えていることは「キャッチフレーズ」や「新しいキャッチコピー」ばかりで具体的な行動計画はなし。だから、「勝負の3週間」は見事に惨敗。具体策がないのだから同然の計画です。
コロナに対してやるべきことは至ってシンプルです。これまでも、これからも、少なくともインフル同様の扱い方をすべきです。

サルでもわかる新型コロナのウソ
①それぞれの考察をする前に事実を確認できない人、テレビをうのみにする人、医学や免疫学の基礎がない人ばかりであり、そのような人がたちの悪い新興宗教を広めるような状況となっているため始末に負えない。まずは冷静に科学的に考察することが求められる。

②新型コロナは流行してパンデミックになっている、というウソ。多い多いと騒いでいる現在でさえ1000人以下だが、例えばインフルエンザは一日に万人を超えてカウントされる。他のウイルス性疾患と比べても明らかに人数が少ないのに、なぜ多いようにウソをつくのか考えなければならない。

③新型コロナは致死率が高いというウソ。
これも新型コロナの公式発表で死亡者数は一年で2000人前後。たとえばインフルエンザは冬季だけで3000人を超える。当初は検査数が少なく致死率が怖いように発表していたが、昨今は検査数が増え分母が増えて致死率が減るために、発表をしなくなってしまった。なぜ都合の悪い情報を隠すのか考えなければならない。

④PCR検査で新型コロナが分かるというウソ。
偽陽性、偽陰性だけでなく交差反応(他のウイルスでも反応するということ)の問題を説明しなくなってしまった。また、一番の問題はPCRは増幅法であり体内の増えたウイルスを同定しているのではないということ。鼻毛に新型コロナがくっついていても陽性になる。これらは医学の初歩であり、ウイルス感染の診断にPCR検査を信用してはならないのは、研修医ならだれでも習うことである。

⑤新型コロナ感染者数が増えているというウソ。
そもそも②に示したような今の数字さえウソである。④のように誤診が多い検査を使い検査数を増やしてしまうと、感染していない人も陽性になってしまう。テレビや政府は発症している人(体内でウイルスが増え病気になっている人)と陽性者(ウイルスが鼻毛や粘液についていただけで何の問題もない人)を混同している。

⑥自粛しなければいけないというウソ。
上記の数字のウソはもとより、以前の緊急事態宣言も減った一番の理由は検査数の減少であり、現在増えている理由も検査数の増加であって比例している。経済的苦痛のためか、前年度に比べて自殺者数が大幅に増え、倒産会社が激増しているが、社会全体で考えておらず過剰に煽って恐怖と管理ばかりしようとしている。政府の理屈に従えば毎年季節性インフルエンザで緊急事態宣言を出さないといけない。

⑦マスクがウイルスを防ぐというウソ。
ウイルスは小さくてマスクで防ぐことはできないし、つばなどの飛沫を防ぐためと言う人もいるが、感染していない(大量のウイルスを持っていない)人の飛沫を防いでも、効果はないという論文も存在している。マスクは酸素濃度を下げ二酸化炭素濃度を上げミトコンドリア活性を下げ免疫を下げる。マスクは表面に雑菌などの繁殖が見られ雑巾のようなもの。

⑧マスクが人に移すのを防ぐというウソ。
⑦にも重なるが、マスクをしていても人に移す移さないは変わらない。マスクに効果があるなら人類の99.9%以上がマスクしている現在、新型コロナは撲滅されていないといけない。集団発生や会社内発生もマスクを積極的に行っているところばかりであり、無効どころか逆効果も疑われる。そもそも院内感染を防ぐためにマスクうがい手洗いをしろ、と言ってきた対策が間違いであり、なにも院内感染など防げていないことは現場の人間なら知っている。

⑨新型コロナは後遺症が怖いというウソ。
そもそもどんなウイルスでも一定の割合で後遺症なり症状を残すものだが、ここも全体を無視して新型コロナだけが後遺症を残すように印象操作されている。また、後遺症と呼ばれるものが後遺症ではなく、医学処置による医原病である可能性が高い。これはアスピリンで多数の死者を出したスペイン風邪などと同じ構図であるが、誰もその目で見ていない。

⑩新型コロナは海外で感染者数が死亡者数が多いというウソ。
PCRに準拠している限りすべての数はウソとしか言えないが、海外の場合特に診断をゆがめているという現実がある。疑わしきはコロナ、コロナが死因でなくてもコロナ、そしてコロナ診断やコロナ死亡扱いにすれば補助金がたんまりもらえるというシステムを形成している。世界医師連盟やアメリカの多くの医師がこの問題点を指摘しており、金満でしかないと糾弾している。

⑪ワクチンが効くというウソ。
すべてのワクチンに効果がない免疫学的理由はたびたび述べてきたので割愛するが、仮に御用学者の理屈を借りるとしても、他のワクチンが長年の研究で奏効率50~60%前後であり、突貫で作ったコロナワクチンの効果が上がるとは思えない。報道されている90%以上の有効率は統計的詐欺の代表であり、材料は最悪であり、それを全世界的に強制しようとする流れはいったい何なのか考えなければいけない。

⑫政府やメディアそのものがウソ。
菅総理が8人でアクリル板なしで会食し、トランプ大統領がコロナは詐欺ばかりだと述べる理由は何か。今年のインフルエンザ患者数や死亡者数がほとんどゼロな理由は何か。マスクでインフルエンザが減ったならコロナも減らなければならず、インフルエンザが減った理由は医学的には全く別物であり、それは検査数の激減である。なぜこうまでしてテレビウイルスを広げ、経済を破壊し、超管理社会を作ろうとしているか考えなければいけない。

2020年12月19日の内海 聡さんのFacebookより

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-暮らし

執筆者:

関連記事

所属先や肩書きが知らず知らずのうちに人の意識の中に入り込んでいる

子どもの作品の展覧会やコンクールでは、作品には「鳥取市」「米子市」ではなく「○○小学校」「○○中学校」で、「金賞」「銀賞」ではなく「知事賞」「教育長賞」になっています。 学校の代表として出展しているの …

リニア新幹線を作る金があったら山陰新幹線を作れ!

リニア新幹線を作る金があったら山陰新幹線を作れ! って、山陰には新幹線は必要ないけど。 山陰に新幹線を通そうという動きが再燃している。 先ほど、松江市や鳥取市など関係自治体トップが集まって超高速鉄道の …

希望のメッセージ「お母さん、ぼくが生まれてごめんなさい」 

希望にあふれたメッセージですね。 すべての人は輝いている。 すべての人が生きる価値がある。 「どうせ世の中変わらない」とあきらめないで。 まずは身近なところから、まずは自分自身が勇気を出して変わること …

名前で薬の購買層が決まる!?驚きの薬の販売戦略を公開

薬の売上げは名前で決まる!? 薬名にこだわる開発者たち いろいろな名前の薬があると思いますが、「なんとなく、効きそうな名前だから」と、薬を選んだことはないでしょうか? 感覚的に効果が伝わるネーミングは …

発達障害は「得意と苦手との差、凸凹が大きい」という表現が正確です

このサイト、とても分かりやすくて勉強になります。 発達障害は「障害」というよりも、「得意と苦手との差、凸凹が大きい」という方が正確な表現です。 どうしたら生活しやすくなるの? 発達の凸凹は人それぞれな …

スポンサーリンク

スポンサーリンク