社会問題

『コロナ・ウィルスから人類への手紙』ヴィヴィアン・リーチ

投稿日:

ヴィヴィアン・リーチ氏がコロナ・ウィルスの視点で発した私たち人類への手紙を書いています。
自由にコピーしてシェアしてください!との一文が添えられていましたので、和訳を載せています。

Feel free to copy and paste to share(自由にコピーしてシェアーしてください)

「コロナからの手紙」(和訳)

地球は囁きました、
でもあなたは耳を貸さなかった

地球は話しました、
でもあなたは聞かなかった

地球は叫びました、
でもあなたは耳を塞いだ

そして、私は生まれました・・・

私はあなたを罰するために
生まれたのではありません・・

私はあなたの目を覚ますために
生まれたのです・・

地球は助けを求めて叫びました・・・

大洪水、
でもあなたは聞かなかった

燃え盛る火事、
でもあなたは聞かなかった

猛烈なハリケーン、
でもあなたは聞かなかった

恐ろしい竜巻、
でもあなたは聞かなかった

汚染した水により海の生き物が死んで行く

警鐘を鳴らして氷山は溶けて行く、

厳しい干ばつ、

そんな時、
あなたは地球の声を聞こうとはしなかった

地球が
どれほど悲観的な危機にさらされていても
あなたは聞こうとしなかった

終わりのない戦争
終わりのない貪欲さ

あなたはただ、自分の生活を続けていた
どれだけの憎しみがそこにあろうと
毎日何人が殺されようと

地球があなたに話そうとしていることを
心配するより
最新のiPhoneを持つことの方が大切だった

でも今、私はここにいます

そして、私は世界のその軌道を止めました

ついにあなたに耳を傾けさせました

私はあなたに避難を余儀なくさせました

私はあなたに物質的な考えをやめさせました・・

今、あなたは地球のようになっています

あなたは
自分が生き残ることだけを考えています

どう感じますか?

地球を燃やして・・
私はあなたに熱を与えました

汚染された地球の空気・・
私はあなたに呼吸への課題を与えました

地球が毎日弱って行くように、
私はあなたに弱さを与えました

私はあなたから快適さを取り除きました
あなたの外出
あなたが以前は忘れていた地球とその痛み

そして私は世界を止めました

そして今・・・

中国の空気はきれいになり・・

工場は汚染を地球の空気に

吐き出さなくなり
空は澄み切った青色に

ベニスの水は透明になり
イルカを見ることができます。

なぜなら水を汚していた
ゴンドラを使ってないから

あなたには
自分の人生で大切なものは何かを
考える時間が出来ました

もう一度言います、
私はあなたを罰しているのではありません・・

私はあなたを
目覚めさせるためにここにいるのです

これが全て終わったら私は去ります・・

どうか、
これらの瞬間を覚えておいてください

地球の声を聞いてください
あなたの魂の声を聞いてください

地球を汚さないでください

争うことをやめてください

物質的なことに気を取られないでください

そして、

あなたの隣人を愛し始めてください

地球とその生き物たちを
大切にし始めてください

何故なら、この次、
私はもっと強力になって
帰って来るかもしれないから・・・

コロナ・ウイルスより

記事元には原文がありますが、和訳のみ転載しました。
note:『コロナ・ウィルスから人類への手紙』ヴィヴィアン・リーチ

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-社会問題

執筆者:

関連記事

いじめ解決のため、学校側に絶対させてはいけないこと

いじめはいじめているほうが悪いのです。 文科省も「いじめはいじめを受けた被害者がいじめだと感じたらいじめであり、学校はいじめ解決の努力をしなくてはならない」としていますし、いじめ防止対策推進法にも、そ …

上から目線の支配者側から勝手に決められた言葉をなくすには

これが正しい言い方です。 登園・登下校ではなく 通園・通学 上京ではなく 東京行き 上の子・下の子ではなく 1番目、2番目 嫁・家内・女房ではなく 妻 旦那・主人ではなく 夫 読み聞かせでなく 読み語 …

障害者を支援する事業で今、不正が相次いで発覚

ただ障害者を雇用すればいいというものではありません。 実質の利用日数、10日だったものを14日にしてとか、利用したことにしてとか、指示を受けていた。 午前中だけ全員来て、12時に帰るという感じ。 働い …

60代のひきこもりが増えているのは自己責任ではなく、社会の責任である

ひきこもりの解決は、就労して賃金をもらうというスタイルを思い浮かべる人が多いと思います。 だから、様々な方法でジョブトレーニング、職業訓練が行われています。 しかし、それだけではないプランも用意する必 …

「不登校からひきこもりになる」という表現も所属が前提なことが問題

ひきこもりが今さらのブームのように取り上げられています。 ひきこもりが注目されるのは悪いことではないと思いますが、メディアの報道は興味本意、そこに野次馬がたかる光景にしか見えません。 わけのわからない …

スポンサーリンク

スポンサーリンク