暮らし

「コロナは怖い。だから人には近づくな!」という間違った認識を変えよう!

投稿日:19/08/2020 更新日:

今の日本は戦時下と同じです。
確かな情報ではなく、大本営発表を聞いてそれを守らない者は非国民扱いで村八分にされる。
そして、「新型コロナからみんなを守る鳥取県民宣言」「新型コロナウイルス感染症に関する倉吉市人権尊重宣言」などという「コロナ差別しない宣言」が出される。
「正しい情報と知識で冷静に行動」できなくなっているのは、大本営であり、各自治体ではないのか?
正しく認識して対処すればコロナなんて怖くはないのに、専門家、政府、自治体からは正しい情報と知識は出されない。
メディアも不安を煽る情報しか流さないで、データに基づく確かな情報は遮断される。
だから、「コロナは怖い。だから人には近づくな!」という認識だけしか残らない。
日本が完全にオカシイ、日本人は完全におかしくなっている。
今、最も警戒しなければならないのは、コロナではなく、公共ウイルス、メディアウイルス、テレビウイルス、最も怖いのがヒトウイルスだ。

このままだと永久にコロナの終息はやって来ない

自治体もメディアもいつまで不確かな情報を流し続けるつもりなのでしょうか?
新しい生活様式によって生きることができなくなった人たちが急増していますが、これからもずっと続けていくつもりなのでしょうか?
それが国民の不安ばかり煽ることに気づかないのでしょうか?
このままだと永久にコロナの終息はやって来ないと思います。
そして、これまでのような対策を続ければ続けるほどコロナ以外の死者が増えていきます。
さらに経済状況は悪化して、その結果医療崩壊を招きます。そして、死ななくてすむ人まで死なせることになります。
このままだと、国民を分断し差別意識だけが増大していきます。
コロナの終息判断は陽性者を減らすことが基準ではありません。検査をしたら陽性者は増えていきます。また、ワクチンの開発で終息もありません。
終息と判断するためにはコロナに対する意識や対処法を変えなければなりません。「コロナに負けるな」という考え方も変える必要があります。「ヒトウイルス」をなくさなければなりません。
今のようなコロナの見方や対処法や、報道の仕方を変えなければ終息は永久にやって来ません。
このたびの異常事態は明らかに国や自治体の対策が招いた「人災」ですが、誰も責任を取りません。それどころか今の政策が無効だという人たちは大手メディアから排除の対象になっています。本当に恐ろしいことだと思います。

COVID-19 Japan 新型コロナウイルス対策ダッシュボード

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-暮らし

執筆者:

関連記事

ハーモニィカレッジのヒロさん「できてもいいし、できなくてもいい」「それでいいんだよ」

児童文学作家の陣崎草子さんが、不登校の子や、障害を持っている子などを含め、小学生〜大学生まで、さまざまな年代の子どもたちや若者たちと共に活動するハーモニィカレッジの大堀貴士さん(シュート)に、「自分の …

コロナ騒ぎのお陰でよくなったこともあるんじゃないの

この度のコロナ騒ぎ、メディアは不安とマイナス面ばかり取り上げているけど、コロナのお陰でよくなったこともある。 中国が新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために打ち出した厳重な対策のおかげで、大気汚染が改 …

代替えテキスト

デモなんかでなく投票行動で自分の意志を表すべき

全国的にも県内でもデモ、デモって大さわぎしていますが、この中に前回の選挙で投票に行った人は何%いるのでしょうか? 「平和な国を作りたい」という願いを実現するためには何が必要で、どんな行動をすべきなのか …

今は「何もしない」ことが最高の行い「ひきこもる力」が必要なんです。

「こんなときなのに、自分にはなにもできなくて・・・」という人がいます。 今は「何もしない」ということが最高の行いなんです。 どこにも行かない、他人に会わないというのが最高の行いです。 その行いが、この …

いわた書店一万円選書 答えは自分の中にある

昨日テレビで一万円選書のことを取り上げていました。 「一万円選書」というのは、北海道砂川にある小さな書店「いわた書店」が行っている面白いサービスです。 最近読んだ本や職業・好みのジャンルはもちろん、家 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク