暮らし

何故コロナだけをこんなに特別扱いしているのか、その科学的根拠が欠如している

投稿日:25/12/2020 更新日:

テレビなどの報道で「専門家といわれる人」が「正しい情報で正しい行動を」といっていますが、正しい情報を伝えない報道機関こそ問題があります。
政府、自治体の間違った対応がパンデミックをつくっています。
コロナはインフルや風邪などと同じなので終息することはありません。だから「感染症」の扱い方を変えるしかないのです。
このままでは、これからますます差別や分断は大きくなると思います。

世の中はコロナ第3波一色ですが、もういい加減にこの茶番劇に気づいて国民の側から終わらせましょう。
元々マスコミは事実を伝えてきませんでした。特定の利権、圧力団体の意向に沿った内容を伝えているに過ぎません。
偏向報道、情報統制著しい状況下では、テレビも新聞も見る価値はないどころが有害です。テレビは消しましょう。
メディアは連日感染者何人!と煽ってますが、公共電波を使うなら正確な表現をすべきです。PCR検査という当てにもならない検査で「陽性になった人」の数を、「感染者」とすり替えて虚偽報道していますが、これは犯罪です。
春先に外を歩くと花粉がピチピチとあちこちに付着します。花粉が付着しているというだけで、無症状の人に「あなたは花粉症です!すぐに薬を飲んでください!」なんて言いますか?
PCRというのは感染性のあるウイルスを検出している検査ではありません。ウイルスの遺伝子の1領域断片が付着していた、というだけのことです。
またPCR検査の際、ウイルス断片のコピー数を増幅回数により意図的に変えることができます。その増幅回数をCt値と言います。Ct値が10だとウイルス断片が1000万個ないと陽性になりません。Ct値20で10万個、Ct値30で1000個、Ct値40ではたったの10個でも陽性となります。
実際感染して発症するには10万個のウイルスが必要となります。
ところが現在日本のPCR検査はCt値40-45に設定してるので、とても感染など引き起こせっこない僅か10個のウイルス量でも陽性として引っかかってしまうのです。少なくともPCRで感染性を判断するというならCt値30以下にするべきです。(PCRは他にも当てにならない理由がありますが)
更に、本当にCt値30で陽性だったとしても、症状がない人を感染者とは言いません。こういう人はむしろ、集団免疫獲得者と言って喜んでもいいくらいです。
今までインフルエンザ流行時に街中の無症状者にも検査をしてきましたか?
何故コロナだけをこんなに特別扱いしているのか、その科学的根拠が欠如しています。
コロナのPCR陽性者を感染者だと言って、しょっぴいて隔離処置にし、職場にまでガサ入れする。これは重大な人権侵害、営業妨害です。
インフルエンザと比べても感染者数、死亡率ともに低いコロナをいつまでも指定感染症にしていることも社会の混乱を引き起こしている重大な要因です。
指定感染症でさえなくなれば、病院機能も即座に正常化するし、軽症・無症状者による無駄なベッド占有も解消されます。
本当に医療崩壊を避けたいとお考えなら、即解除にするのが責任ある政府のすべきことでしょう。
更に、コロナ感染のフェイクパンデミックより深刻なことが起こりました。
過剰な対策で国民生活を抑圧することで、歴史的な倒産・自殺パンデミックが引き起こされました。これを大問題として取り上げない政府とマスコミの姿勢には誠実さを感じません。
本当に命が大切なら、数の上から言ってもまずは自殺者を出さないことが先決でしょう。
その対策は簡単です。
無症状者に対するPCR検査をやめ、2類指定を解除すれば即解決することです。
マスクも感染を防御する効果は全くありません。マスクの目の大きさはウイルスの大きさの50倍以上ですから、防げるはずはありません。
事実、厚生省自体が「マスクは感染を防げません」とはっきり答弁しています。
効果がないだけならともかく、マスク長期着用は有害で危険なのです。
マスク長期着用は慢性的な低酸素血症を引き起こし、免疫力低下をもたらします。
さらにマスクに付着した細菌や真菌、ウイルスで逆に不潔で感染のリスクが高まります。
また、装着2時間後から記憶を司る海馬の細胞が死に始め、長期着用で認知症や子供の発達障害の危険が出てきます。
人の表情が読み取れないことから小児には重大な精神発達障害、コミュニケーション障害も懸念されます。
元々、マスクは咳やくしゃみなどの症状がある人が、唾しぶきを飛ばさないためにするものです。無症状の人はマスクを外しましょう。咳エチケットを守れば十分なのです。
過剰な手洗い、消毒も有害です。皮膚の常在菌はバイ菌ではありません。常在菌は病原菌から身を守ってくれている大事な存在です。常在菌を殺してしまったら本当の病原菌にやられてしまいます。だいたい有毒な消毒液で消毒しまくるのは環境汚染です。無菌培養室で生きようとでもいうのでしょうか?人類は有史以来ずっとウイルスなどの微生物と共存して生きてきたのです。少なくとも去年まで…
三密を避け、寄るな、触るな、こもってろ。
これも嘘です。
昔から、裸祭り、祇園祭など、古来からお祭りは疫病退散目的で行われてきました。裸で密着しながらお神輿を担いで唾やら汗を飛び散らして、一体何をしていたのでしょう?
これは集団免疫を獲得するための先人の知恵だったのです。
つまり、人間は人と触れ合うことで免疫を獲得し、生き延びてきたのです。
人に会うな、こもってろ、アクリル板越し、モニター越し、
これではせっかく獲得した免疫も逆に廃れてしまいます。
コロナもインフルエンザも日々モデルチェンジし続けています。人は孤立してると免疫のギャップを作り、感染時にかえって重症化をもたらすのです。
また、孤独ほど人間にとって残酷な仕打ちはありません。
今や入院してもお見舞いにも行けず、老人施設に入所したら何ヶ月も家族に会わせてもらえない、というまるで監獄のような有り様です。
老人も外出できなくなり、孫にも会えなくなり、寝たきりや認知症の増悪者が急増しています。
友達との交流によって育まれるはずの青少年の最も大事な営みも引き裂かれました。
コロナによってもたらされた若い女性の自殺急増も孤独が主因と思われます。
つまり、「新しい生活様式」とやらは、免疫を低下させ、さっさと死んでもらうための様式としか言えません。どこから見ても、国民を健康で幸せにする方法とは思えません。
本当に健康で免疫力をつけるには、マスクを外し、行きたいところへ行き、会いたい人に会ってください。
そして応援したい日本のお店でお金を落としてください。この騒動に加担している外資は避けましょう。
なるべく現金で払いましょう。カード会社は外資です。
便利だけど、外資の○ゾン、コンビニ、スタバ、マクドなどはやめましょう。日本でお金が回るようにしましょう。
このままでは、来年日本がなくなります。
コロナ騒動はあまりにも非科学的で馬鹿げているけれど、これは人類にとって大事なチャンスとも言えます。
今まで多くの人が気づかなかった、この世の間違った仕組みに気づくチャンスとなりました。マスコミ報道を鵜呑みにせず、真実を見極める目を持つことが大事です。
そして人間にとって本当に大切なことは何か、今一度問い直すチャンスでもあるのです。

2020年12月14日の小林 有希さんのFacebookより

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-暮らし

執筆者:

関連記事

私たちが今できることは、自宅で過ごすこと「#うちで過ごそう」

私たちが今できることは、自宅で過ごすことです。 自粛ストレスでしんどいという声も多いし、自粛要請が出ても相変わらず外出している人が多い。 私も初めはコロナを軽く見ていました。騒ぎすぎだと思っていました …

「令和」元号を否定はしませんが、この過熱ぶりには疲れるなあ

予想通りの大騒ぎが始まった。 ただでさえ新年度の大騒ぎの中、さらに拍車をかける加熱ぶりを競い会うメディア。 5月1日はもっとスゴいことになるだろう。 これが一年中続くと思うと恐ろしい。 このような加熱 …

「県外者と出会ったらコロナにかかる!」の広報が差別を生んでいる

これが県外者排除、県外者差別のもと、陽性者差別を生んでいるもとです。 「県外者と出会ったらコロナにかかる!」 このようなイメージを植え付けられたために、偏見や差別が起きています。 「県外者と接触したら …

競い合いから助け合い、敵視から共感の社会を目指して

「変わった人」「普通じゃない人」を避けたり排除しようとするのは一人ひとりの心の動き。 優劣や損得で人を決めるという潜在意識がそんな心を作っている。 その心の動きが社会性を構築している。 それが国のルー …

自立とは、助けを求める依存先をたくさん見つけることです

「自立」とは、たくさんの「依存先」を見つけること。他者に「依存」して生きること。 「自立」とは、「助けて!」って言える人とつながること。 ルフィ  「俺は剣術も使えねェんだコノヤロー  航海術も持って …

スポンサーリンク

スポンサーリンク