社会問題

「コロナ騒ぎ」は造られた過剰対応。 「コロナだからしかたがない」をやめよう!

投稿日:25/03/2021 更新日:

なぜ、毎日毎日コロナコロナと大騒ぎするのか?
新型コロナについて本当のことを知らなければ、いつまでも終わりはありません。
本当のことを知ったら、今すぐ終わらせることができます。

コロナ騒ぎを終わらせる方法は簡単です。

1.無症状者のPCR検査を止めて、具合が悪くなったら”普通に”病院へ行く
2.陽性者を感染者といって毎日毎日発表するのをやめる。
3.自治体の長は陽性者が出ても謝らない。
4.テレビでうそのコロナ情報は流さない。
5.今すぐマスクを外す。

PCR検査数が増え続ければ、コロナ騒ぎは半永久的に収まらない。
無症状者が増えているだけなので「感染増大警戒情報」も「緊急事態宣言」も出す必要はない。
基礎疾患が悪化した人は、これまで通り「普通に」病院へ行ったらよい。
子どものころに「テレビを見ると馬鹿になる」と言われましたが、本当にその通りになっています。
政治家もテレビに出ている専門家もまともなことを言っている者はいない。
「コロナ騒ぎ」は造られた過剰対応。 「コロナだからしかたがない」をやめよう!
コロナ騒ぎは自分で終わらせることができるのです。

最善のコロナ対策「今こそ自然に還って免疫力を高めましょう!」

「コロナ騒ぎ」を終わらせるのは一人ひとりの行動にかかっている

この度の「コロナ騒ぎ」は明らかに造られた過剰対応です。
「コロナだからしかたがない」と思っていませんか?
「しょうがない」と諦めていませんか?
今回の異常事態は自然に発生したものではありません。人間(政府、自治体、マスメディア)が造り上げた「人災」です。
政府、自治体の愚策とメディアによる嘘と偏向報道によって恐怖を異常に煽っている。「専門家」から出てくる言葉は「我慢」「耐える」という精神論ばかりで、まともな意見は全く報道されない。
相変わらずなんの根拠も科学的検証もされていない、水でも陽性反応が出る、意味のないPCR検査で”感染者”(感染者ではない)をあぶり出して集中攻撃する。
報道で風評被害を拡散して誹謗中傷、人権侵害、廃業、失業者、自殺者、健康被害の増加。
自治体が”感染者”という差別レッテルを貼り、「差別はいけません」という矛盾。
それがいかにも「正義」かのような風潮は、どう考えても間違いです。
政府、自治体がOKというのを待っているつもりですか?
この異常事態は待っていてはいつまで経っても収まりませんが、行動を起こせば終わらせることができます。
「雰囲気」や「空気」に流されて「なんとなくそう思うから」「みんながそうしているから」ということほど危ないことはありません。
「コロナが落ち着けば・・・」という声が聞こえてきますが、「コロナを落ち着かせる」のは一人ひとりの行動にかかっています。
一刻も早く、このような無意味、不合理、理不尽な、疑問だらけのうっとうしい空気を払いのけましょう!

茶番を終わらせるための行動(保坂 浩輝さんのブログ)

茶番を終わらせるための行動 その2

茶番を終わらせるための行動 その3

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-社会問題

執筆者:

関連記事

障害のある人は個々の能力、優れた強みである「武器」を進化させてきた

発達障害のある人の「行動の理由」がわかれば、関わり方が変わります。 発達障害の凹凸によって困り感を抱えている人も多いのですが、障害は強みにもなります。障害は「武器」にもなります。 凹凸の幅が大きいため …

どうでもいいけど 気になる小保方さん

「見るに堪えない偏向番組」小保方氏はNスペ見ず。 NHKの偏った報道には問題があります。 今の世の中は情報は簡単に大量に手に入りますが、そのほとんどは恣意的なフィルターがかかっています。 きちんと情勢 …

障害者雇用の水増し、当事者はどう思ったのか?

障害者雇用「数の」水増し、私もやっぱりそうなのか、どうせまたそういことなんだろうなと思いました。 企業が法定雇用率を達成したいがために、「障害者手帳を持っている障害者」を取ろうとしていた。 特に彼女た …

相模原・障害者施設殺傷事件 「弱者を馬鹿にする」考え方とは?

世間にある「弱者を馬鹿にする」考え方、障害者を排除する社会。 さらに、「障害児は手がかかる」と考えている無理解な教員。 そんな社会や学校の中では、子どもたちは障害者に対する差別意識を持たせられたまま育 …

ひきこもり就労支援の前にやるべきことはゆ~るい関係をつなげる「人」を作ること

「まず外に出て事業所に来てもらうことが大事」というが、そこに至るまでには、大きな大きな壁があります。その壁を超えるためにはもっともっとスキルを高め、個々に寄り添った支援できる人材を育成していく必要があ …

スポンサーリンク

スポンサーリンク