暮らし

コロナを終息させるには「指定感染症としてインフルと同等まで格下げする」ことしかない。

投稿日:16/09/2020 更新日:

今年の2月に日本でも「コロナ騒ぎ」が始まって半年が過ぎました。
さまざまな実データや分析が進んでいますが、相変わらず「コロナに負けるな」「みんなで乗り越えよう」「コロナ差別やめよう」キャンペーンが続き、社会には「マスク信者」が増えています。
当初言われていた2つの終息判断もすでに無意味となっていますが、相変わらず同じことの繰り返しをしています。

はっきりいえるのはこの2つ。
1.コロナの陽性者数が減るのを待っても収束とはならない。検査をすれば、これからも「陽性者」が出る。
2.ワクチンが開発されても収束にはならない。ワクチンの効果は不明で安全性の問題も大きく、開発には4~5年かかる。

では、なにをもって「終息」とするのか?
・コロナを終息させるには、「指定感染症としてインフルと同等まで格下げする」ことしかない。つまり「コロナも流行り風邪と同じである」とする。

それなのに、相変わらずPCR検査の「陽性者数」が報道されている。
「お金を医療(補償にも)に極力使いたくない」政治と、「視聴者を不安にさせ自粛させて視聴率を上げたい」テレビにその要因がある。
経済死を出したなら、政治の失策と煽り報道の責任である。すでに廃業や不当解雇者が出ているが、それは政治とメディアが生んだものである。
検査拡充し、陽性反応が出ても症状がない元気な若者で病院が占拠されれば、医療が逼迫するのは当たり前。それを政府、自治体が進んで行っていて、医療崩壊をさせている。
自治体発表、ワイドやニュース報道が感染者を責めて「感染=悪」のイメージを作り、感染者を名指しして大人同士の同調圧力を生んだのに、「感染者を責めるな宣言」を出すと言う矛盾。
それに気づいていても「新しい生活様式」への同調圧力に従っている国民。
まるで不安を煽っておかしなものを売り込もうとする詐欺商法そのものだと思います。
日本はどんどんおかしな方向へ向かっているとしか思えません。
というか、「これが日本という国と日本人」なのかもしれません。

コロナ煽り報道のテレビと無策の政治にやってほしい4つの対策アイデア【元芸人・作家の松野大介】

早急に新型コロナ「指定感染症」の解除をするべき

「コロナに負けない、乗り越える」って、具体的にどうなったらそう言えるのかわかりません。
コロナがなくなることをめざしているのか、感染者が出なくなることをめざしているのか?
もしそうだとしたら、永久になくならないと思います。

新政権がまず最初にすべきことは閣僚がマスクをつけないこと。
そして、早期の新型コロナ「指定感染症」の解除です。
新しい生活様式なんかやめて、早くコロナ前の日常に戻ろう!

新政権はまず新型コロナ「指定感染症」の解除を

現役医師「感染者ゼロを前提にすると、新型コロナは終わらない」

政府は「新型コロナの恐怖」政策を見直すべきだ

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-暮らし

執筆者:

関連記事

倉吉市の新年度当初予算案 大事なことはその中身

倉吉市の新年度当初予算案が出されました。 過去3番目規模とありますが、大事なことはその中身です。 予算の使われ方が大事です。 「子育て支援や雇用、まちづくりを重点に置いた予算配分となっている」というこ …

障害者が「障害を強みにして、それを売りにしている」ということについて

障害者としてではなくひとりの人間として付き合ってほしい 今日は琴浦町のまなびタウンとうはくであった「第13回 琴浦町差別をなくする町民のつどい」の南雲明彦さんの講演会に行ってきました。 演題は「ボク、 …

ザ!世界仰天ニュース『字が読めない子どもたちの苦悩』南雲明彦

2月3日(水)のザ!世界仰天ニュースを見ました。 『字が読めない子どもたちの苦悩』誰にも理解されない孤独な苦しみ 明彦と母は自宅から車で40分の場所にある病院の精神科を訪ねた。 医師の前で自分の今の気 …

40歳を過ぎたら、三日坊主でいい

「40歳を過ぎたら、三日坊主でいい。 新・ミドルエイジ論」 日本の40代以上のビジネスマンの9割は、仕事に全力を注ぐ必要はない。 私は心底そう思っている。 人間、仕事では芽が出なくても、人生のどこかで …

世間に根付く認知症のネガティブなイメージはメディアにも責任がある

昨日の22時からNHKで認知症キャンペーン特番 第6弾「わたしが伝えたいこと ~認知症の人からのメッセージ~」という番組を見ました。 このキャンペーン番組は継続して見ていますが、これまで伝えられている …

スポンサーリンク

スポンサーリンク