教育

「みんなちがったら都合が悪い」というのが、今の日本の学校教育

投稿日:27/02/2016 更新日:

私もときどき地域の学校の見学に行きますが、教室が静かですね。

すべての教室がそうではありませんが、子どもたちは黙って何かに耐えているような気がします。

小学校ではそうでもないのですが、中学生はいわれたままに教科書を開き、指示通りアンダーラインを引き、板書をノートに書き移すの繰り返しです。

これが、主体的な、生徒が主人公の勉強だとは思えません。

中には、個人の努力と勉強によって子どもの理解を深め、熱心に教育に当たっている教員もいますが、上から決められたことを決められたように、みんなが同じようなことをしていても、ちっとも楽しくないですよ。

教員も上から言われたことだけで、楽しくないことやっているのですから子どもが楽しいはずがないです。

「みんなちがったら都合が悪い」というのが、今の日本の学校教育です。

自己主張しない子を育てているのが、今の日本の学校教育です。

ものを言わないで黙って命令に従う子を育てているのが、今の日本の学校教育です。

子どもの「生きる力」「自ら切り開いていく力」「自立」を妨げているのが、今の日本の学校教育です。

となりのクラスと違うことをして目立ったら管理職や教育委員会から「教育的指導」を受けるのが、今の日本の学校です。

教員自身も矛盾を感じながらも、上から監視・管理されていますので、その多くは何もいえないのです。

これは、学校に責任を押し付けるだけでは、学校改革・授業改善はできません。

今の教職員の仕事量は半端ではありません。

一人ひとりのキャパシティーの限界をはるかに超えている仕事が山のようにあり、終わることがないほどいろいろな分掌を掛け持ちしています。

学校は教職員と保護者だけで作るものではありません。

もっと地域のプロフェッショナルも関わりながら学校作りを進めていくことで、教職員の負担をなくしていくことは可能だと思います。

やはり人の手が絶対的に足りていません。

それを改善するために一番早いのは、必要のない仕事をバッサリ切ってしまうことです。

民間の経営努力と効率化を見習って、子どもの教育とは関係のない余計な仕事はやめるべきです。

そうすれば、子どもや保護者と関わる時間は十分に確保できます。

あと、鳥取県や各自治体の来年度予算の目玉として「子育て・教育に重点配分」とありますが、問題なのはその中身です。

子どもの教育にあたって、きちんと執行されているかをしっかり見届けていくことが大切です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

天才的な人はみんな学校が嫌いだった その理由には納得です

18才のときに買った本。 天才的な人はみんな学校が嫌いだった。 その理由は規則で縛られて、みんなと同じことを強制され、授業も退屈で面白くなかったから。 だから、学校へは行っていない。 だから、授業も受 …

ようやく1980年代後半から広まった自閉症への理解

学校教育の基本が「指導」であることが勉強をつまらなくしています。 「学び合い」の形でなければなりません。 私も違和感を感じている一人です。 上辺だけカッコつけている人間は大嫌いです。 「子どものため」 …

小中学校で教員の数が足りないから誰でも臨時採用する理由

鳥取県も同じで、まったく教員の数が足りません。 これでは子どもたちに目が届くはずがありません。 あと1週間で2学期が始まりますが、教員の負担は増える一方で、自分で仕事を減らすしかありません。 元社会教 …

字の「とめ、はね」などの字体や書き順についてはどちらでもいい

漢字の「とめ、はね」などの字体や書き順について、「どちらでもいい」んだから「どちらでもいい」と教えたほうがいい。 そのほうが、教員と子どもの負担が減る。 この他にも学校には「どうでもいいこと」がたくさ …

学校に行かないで活躍している人はたくさんいる「事実」にもっと目を向けよう

今年もいろんな人に出会っていろんなことを話しました。 不登校や障害のある子どもたちや保護者の方たちとの関わりも続けています。 そして、今年から「自由な学びの場」である私塾も始めました。 教員を退職して …

スポンサーリンク

スポンサーリンク