社会問題

軽井沢スキーバス転落事故 徹底した行政処分を早急にしていくべき

投稿日:22/01/2016 更新日:

またまた本当に痛ましい事故が起こってしまいました。

自分の命は自分で守ることはもちろんですが、お父さんの「今回の事故について」のこちらのコメントにも注目して欲しいです。

”今回の事故は今の日本が抱える偏った労働力の不足や、過度な利益の追求、安全の軽視など、社会問題によって生じた、ひずみによって発生したように思えてなりません。

今回の事故については、警察によって原因と責任の追及がなされ、また、行政による旅行業者の問題の洗い出しや、改善が行われることを期待しておりますが、すぐによくなるものではないと思っております。

バス会社の責任追及はもちろんですし、様々な歪を生んでいるシステムも徹底的にチェック体制も見直して、今すぐに改善すべきは改善すべきです。

費用や手間ががいくらかかったとしても絶対にやっていかなければなりません。

ただ、社会問題として大きく捉えてしまうと責任の所在が明確化できないことにもなってしまいます。

また、「すぐにはよくならない」と考えるのではなく、労働力の確保を含め、企業の経営体質に厳しいメスを入れ、徹底した行政処分を早急にしていくべきです。

ことが起こってからの罰則を強化するだけでなく、営業停止、会社の廃業も含めた徹底的な安全重視の運営をしていくべきです。

それができていなかったため、このような事故が何度も繰り返されるのです。

身の回りでもこれに近いような安全無視、人間無視の企業体質、行政制度が存在していますし、それを「しかたがない」と諦めている人も少なくないような気がします。

それと同時に、何を一番大切にすべきかという人々の価値観の転換も必要なのではないでしょうか。

亡くならなくてもよかった命が亡くなってからの対応では遅すぎます!

「娘を信用しきって後悔…」バス事故で亡くなった女子大生の父の言葉が心に刺さる

http://spotlight-media.jp/article/239243735008344731?utm_source=facebook&utm_medium=social&utm_campaign=own_page

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-社会問題

執筆者:

関連記事

子どもへの向精神薬の投薬は危険しかありません!危険なものは摂取しない、させない

「我慢して、無理やり教室で授業を受けさせるために薬を飲ませるんですか?」にも書きましたが、子どもへの投薬は危険しかありません。 親や教員の都合で一時的に症状を押さえつけることが目的の服用は危ないです! …

なぜ清原のことを周りの人が何もできなかったのか?

清原は、2015年3月のNHKインタビューでこう話しています。 「清原和博という大きな名前が重すぎた。 9歳から野球にだけ没頭してきたので、野球を引退したら、他に何をすればよいか解らず、この世から野球 …

子どもへの抗精神病薬は危険!投薬ではなく環境整備と行動療法で対処すべき

またまた気になるニュース。 投薬ではなく、自傷行為や物を破壊するなどの行動の背景に何があるのかをつきとめ、環境整備と行動療法で対処すべきです。 精神科医は本気でこんなひどい処方をしているのか?信じられ …

精神疾患 うつ病など休職教員5045人 増えるのは当たり前

これもまた、生き残り競争に勝った者の論理です。 自己責任ではなく、社会や組織、制度に欠陥がありながら放置しているのですから、増えるのは当たり前です。 未来を創る子どもたちの教育に直接関わる教員の実態が …

「ひきこもりは犯罪率が低い集団」精神科医・斎藤環氏が過剰な報道に苦言

「家族内だけで何とかしようとせず、専門の相談機関を頼ってほしい」というが、安心して相談できるところがどこにあるのか? ちょっと探してみたけど、相談しようとは思わない。 「気軽に相談を」というが、それが …

スポンサーリンク

スポンサーリンク