暮らし

何もしなくてボーっと生きていたらダメなのか?

投稿日:14/03/2020 更新日:

「一斉休校」で時間を持て余す子どもが増えている、子どもが一日中家にいて家庭内バトルも増えているという。
せっかくたっぷりと自由な時間ができたのに、何もすることがないという。
これこそいかにこれまで「学校という枠」に縛られ閉じ込められていたのかがわかります。
そして、これまでいかに自分で考え行動していなかったかもわかります。

さらに、その「持て余す時間」をなんとか埋めようとして必死に何かさせようとしている大人たちがいます。
子どもが時間を持て余すことを心配して、学校でも家庭でも、プリントやオンライン学習等どんどん子どもにやることを押し付けています。
これってなんなん?
人は何かを与えられないと何もできないのか?
決められたことをこなすことで時間が過ぎていただけなのか?
何もしなくてボーっと生きていたらダメなのか?
チコちゃんに叱られたっていいじゃないの!
って思うけどね。

こんなときだからこそ自分で考えて自分で行動するチャンスなのに。
もちろん「何もしなくてボーっとすごす」のもありです。
と思っていたら、今度はいきなり臨時休業措置の解除だそうな。
もう無茶苦茶だわ。

コロナ騒ぎも「同町圧力」と「ねばならない信仰」が元になっている

この度のコロナ騒ぎも「ねばならない信仰」に憑りつかれているんだなあってつくづく思います。
何も考えないでただぼーっとして時間だけが過ぎていく。
自分のやりたいことを今楽しむ。自分のだよ。
そのうちだれもコロナなんて言わなくなるから。
これでいいのだ。

はっきり言って過剰に騒ぎ過ぎだと思う。
たかがマスクでこの騒ぎ、ほんとどうにかなっちゃってるよね。
マスクがなければ別につけなくてもいい。
やりたくなければやらなきゃいい。
学校も休校にする必要もない。イベントも中止しなくてもいい。行きたくなければ行かなくていいだけのこと。
それが、あちこち閉館、中止って?
細かい規制を作って自分で自分の首しめてるんじゃないの?
たいしたことでもないのに、みんなで「緊急事態」にしちゃっている。どんどん他者に流されている。すでに正常な思考や判断力を失ってるよね。うんざりだわ。
ま、別にどうでもいいけど。
ただ、この騒ぎでいろいろ面白いサービスが出てきたので利用したらいい。楽しんだらいい。
自分が大丈夫だと思っていたらそれでOK。
なんだって自分次第なんだよね。

コロナよりも怖いのは「みんながやってるから信仰」「だれかがやってくれるだろう信仰」です。
ああだこうだ批判ばかりしないで選挙での投票行動で示そうよ。
「18才以上の国民には政治に直接意思を伝える方法も権利もあるんだから、投票率を上げたら国を変えられる。みんながそんな力を持っている。」
これが主権者教育です。
アホな政府の一言一言、こんなことくらいで「非常事態」だと思わされることがどんなに危ないか、よくよく考えてみなはれ。
いかに自由の頭で考えることが大切なのかよくよく考えてみなはれ。
「こんなときだから国民一丸となって」
「欲しがりません勝つまでは」
って、いつかどこかで聞いたよね。その結果どうなったか知ってる。
「ワンチーム」も、ヤバいよヤバいよ。

今こそ子ども自身が考えて自己判断ができるチャンス

とにかく親も教員も子どもを管理したいんだなあ。
学校があっても休みのときでも
「やれ○○はやっちゃダメ」
「やれ○○は何時までに」
「○○ばかりしちゃダメ」
「時間割りを作りましょう」
「生活のリズムを整えて」
「勉強は計画的に」
って、借金返済でもあるまいし。(笑)
しかも、親も教員もそうすることが正しい、子どものためだと信じて疑わない。これが最も怖い。
今こそ子ども自身が考えて自己判断ができるチャンスなのに、大人が決めたがるんだよね。そうやって子どもが自分で考えることをしなくなり、主体性が奪われていく。
大人も自分で決められないので、誰かの指示を待っている。
だから、自己判断もできないし、責任の取り方もわからないんだわ。
いつまで経ってもメディアから出る第一声は「今日は○○県で何名の感染者が出ました」
もうええわ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-暮らし

執筆者:

関連記事

鳥取県がヘルプマークを2月1日から無料配布、外見では分かりにくい障害に理解を

今日の日本海新聞にも記事が載っていました。 鳥取県でも「ヘルプマーク」の配布が2月1日より始まります。 「この人ヘルプマークをつけてるけど、どんな手助けをしたらいいの?」という人も多いと思います。 ス …

発達障がいのある人たちへの支援ポイント「虎の巻シリーズ」

札幌市が発達障害の人たちへの支援ポイント「虎の巻シリーズ」という冊子を作っています。 すべてイラスト入りで書いてあり、とても分かりやすいです。 この「虎の巻」、とても分かりやすいです。 発達障害の人が …

ドイツのメルケル首相の「コロナウイルス対策についての演説」を教材にして

ドイツのメルケル首相のコロナウイルス対策についての演説を改めて読んでみました。 国民に対するお願いからはじまります。 「市民の皆さんがこの課題を自分の課題として理解すれば、私たちはこれを乗り越えられる …

ユニバーサル社会セーフティネット政策には賛成

「はじめから消費増税ありき」で進められているのは、政府の怠慢です。 というか、「社会保障費の確保のためには消費増税しか方法がない」という裏には、国民にはいえない圧力や事情が隠されているのでしょうが。 …

みんな好きなこと、ワクワクすることをして楽しく生きたほうがいいでしょ

どこの学校に所属するか、はじめに学校ありきではなく、自分が何をしたいかです。 学校は自分の必要性があれば利用したらいいし、必要なければ行く必要もありません。 必要なくなれば他のことをしたっていい。 そ …

スポンサーリンク

スポンサーリンク