21世紀の松下村塾

子どもの学びを考える勉強会vol.3「SCHOOL CRYSIS CATALOGをつくる」のご案内

投稿日:23/01/2020 更新日:

今の時代は子どもたちからいろんなものを奪っています。
自分の頭で考える力、学ぶ力、最も罪なことが子どもたちから自由な時間と遊ぶ場所を奪っていることです。
今は学校に行くだけでなく塾に行くことが当たり前になっています。1日のスジュールがびっしり詰まっていて自由な時間がほとんどありません。しかもそれは子ども自身が選択したことではない場合が多いです。
学校に行きたくない子が増えている最も大きな要因は学校が楽しくないからです。だから大事なことは、「学校を楽しい場所」にすることです。
楽しい場所には自由な時間と自由な選択が必要です。
しかし、多くの大人はそれを諦めているような気がします、だから子どもも諦めてしまうのだと思います。

あなたはどんな学校なら行きたいと思いますか?
学校でどんなことをやりたいですか?
昨年学校の先生を対象にしたある研修会に参加しました。そこで参加している先生たちにこんな質問をしました。
「みなさんは学校に行くのが楽しいですか?月曜日の朝ワクワクして学校に行きますか?」
すると、全員が「楽しい」と答えました。その場では「それはよかった」と言いましたが、「それでは学校に行きたくない子どもの気持ちはわからないだろうな」と心の中で思いました。多分参加した先生の中には「楽しくない」「しんどい」と感じている人もあったのではないかと思います。
明後日1月25日の子どもの学びを考える勉強会では、みなさんで学校の存在意義をもう一度考えたいと思います。

子どもの参加も大歓迎です。
席に余裕がありますので当日参加もOKです。
あなたの参加をお待ちしています。

詳しい内容は子どもの学びを考える勉強会とは?をご覧ください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-21世紀の松下村塾

執筆者:

関連記事

子どもの学びを考える勉強会vol.2「SCHOOL CRYSIS CATALOGをつくる」開催

10月26日(土)に21世紀の松下村塾主催で、子どもの学びを考える勉強会vol.2「SCHOOL CRYSIS CATALOGをつくる」を開きます。 「学校が壊れる前に」 「子どもが壊れる前に」 「教 …

今週は21世紀の松下村塾でWordPressを使った集客の勉強会

21世紀の松下村塾、今週はWordPressを使った集客の勉強会でした。 私が行っているコンサルタントという仕事とも重なる部分が多いので、今回は少し専門的な知識や技術まで踏み込んだ内容になりました。 …

21世紀の松下村塾で「宿題やっつけ大作戦」を行います

基本的に宿題をしなくてもどうってことはないのですが、2学期が迫って不安な親御さんはありませんか? 自由研究はどうするの? 読書感想文を書いていないんだけど? 絵も描かなきゃ、工作はどうしよう・・・ と …

保護中: 子どもの学びを考える勉強会vol.1「子どもはなぜ学校に行くのか?」資料

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

「不登校」の子どもたちは、世界を救う可能性を秘めている

僕らは、社会に合わせるために生きているんじゃない! 僕は僕であるからいいんだよ。 東大先端研ROCKET PROJECT・中邑賢龍先生 「社会不適合」といわれる不登校の子どもたちは、世界を救う可能性を …

スポンサーリンク

スポンサーリンク