「 投稿者アーカイブ:Editor 」 一覧

文科省は今必要な「不登校対策」についてまったく何もわかっていません

2020/11/25   -教育

文部科学省は9月29日、2021年度の概算要求を公表しました。 総額は5兆9118億円で、その中でいじめ対策や不登校支援にかかる予算として計上されたのは、「いじめ対策・不登校支援等総合推進事業」として …

新田サドベリースクールが大阪の小学校から「出席扱い」に認められました

2020/11/14   -教育

うれしい出来事がありました! 新田サドベリースクールが大阪の小学校から「出席扱い」になりました。 鳥取の学校は「出席扱い」を認めないのに、大阪の学校は認めたそうです。 「不登校」は「欠席」ではなく、「 …

令和元年度 低学年の不登校過去最多を更新、「早期支援を」というが?

2020/10/22   -教育

令和元年度 児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査 この調査を見るたびに、全く他人事だと考え、学校に行かないことを問題視していると感じます。 そもそも文科省は「問題行動・不登校調査 …

令和元年度 児童生徒の問題行動、学校でのいじめ過去最多!

2020/10/22   -教育

令和元年度 児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査が公開されました。文科省は「からかいなど初期段階を含めて積極的に認知するようになっている」と認知件数の増加を前向きに評価するという …

小泉零也さん著『僕は登校拒否児である』を注文しました

2020/10/22   -教育

『僕は登校拒否児である』を注文しました。 「不登校」なんてものはありません。 あるとしたら「登校拒否」または「通学拒否」です。 自分で「学校に行かない」「自由に学ぶ」という選択をしただけです。 ―「学 …

2016年10月21日に起きた鳥取県中部地震から4年、情報伝達の仕組みは?

2020/10/21   -地域情報

2016年10月21日に起きた鳥取県中部地震から4年経ちました。 当時、被災地にに住む当事者として痛切に感じたことが、「今すぐ知りたいこと」は入ってこないということでした。 4年経った今でも屋根にブル …

「元気があればなんでもできる!」でも、マスクがなければなんにもできない

2020/10/14   -暮らし

「元気があればなんでもできる!」 という名言があります。 でも・・・ 元気があっても・・・ マスクがなければなんにもできない。 マスクがなければどこにもいけない。 マスクが一番。マスクがあれば何でもで …

大阪市生野区が小学生向けe-スポーツ大会を開催する理由

2020/10/04   -ゲーム

大阪市生野区長、山口照美さんの記事です。 生野区も共催している小中学生向けゲーム大会があります。 「ゲームはダメ!」 「ゲームは禁止」 といって、ゲームに関しては規制の条例をつくる自治体がある一方で、 …

本田秀夫さんの講演会「改めて『発達障がい』とは何か考える」

2020/10/01   -暮らし

本田秀夫さんの講演会が一般公開されています。 ・社会は変わってきているのに、義務教育期間の小中学校は元の状態に戻そうとしている。 ・環境や子どもへの関わり方、対応を変えることが重要なのに、依然として子 …

PCR検査では何もわからないのに大騒ぎしているおかしさ

2020/09/24   -健康

何もわからないPCR検査で大騒ぎ。 無症状で元気ピンピンでも陽性になったら大病、死に至る病だと判断される。 陽性者に接触したら2週間も隔離される。 PCR検査で、症状のない人の検査をすることは、まった …

スポンサーリンク

スポンサーリンク