健康

このチェックリストに当てはまったらADHDなんですか?

投稿日:14/06/2017 更新日:

「発達障害児への投薬は危険!」にも書きましたが、この手のチェックリストが大流行しています。
このチェックリストに当てはまったらADHDなんですか?

この記事のインタビューに答えているのは、「脳神経外科」クリニックの院長です。病気と診断して薬を処方するのが仕事です。
この人もまた、ADHDに対して「治療」という表現を用いています。
発達障害に対して「有病率」とか「薬物治療」とか、不適切な表現です。
そもそも発達障害は個が持っている「障害」ではありません。
もちろん、「病気」でもありません。
「病気」と診断するから「薬物治療」が必要だ、となるのです。

「この種の『病気』では、腰を据えた『治療』が必要になります。そのうえで3カ月程度を目安に最初の『治療』が『効果』を示さなかった場合は、主治医と『治療方針』を再び相談しましょう。」
って、「ADHDは3カ月の治療によって治る」ということなのでしょうか?
そもそも「特性」が治るということなどあり得るのでしょうか?

確かに、自分自身がADHDについて理解し、自分の特性を知ることは重要なことです。
しかし、大切なことはそれとどのように向き合って付き合っていくかなんです。
そして、特性による「二次障害」を生んでいる周囲の環境のために本人が「治療する」のではなく、それを防ぐために、環境を変えることの方が優先すべきことです。

大切なことは、本人が困っているかどうか。
公的な支援を受ける場合は診断名も必要になってくるので、信頼できる人に診断してもらうのがいいです。
本人にとって必要を感じたら受診したらいいです。
診断名をつけるというのはゴールではありません。
診断名がつくことでホッとする場合もありますが、そこからどんな対応や環境調整をしていくかの方が大事です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-健康

執筆者:

関連記事

「発達障害の症状に薬は効果があるのか」児童精神科医・吉川徹

現在の医学の水準では、発達障害を薬で治療することはできません。 薬は具体的な個々の症状に対して「対症療法」として”症状を和らげるため”に投与されることはあっても、障害を治すため、根治をめざす投薬治療で …

熱中症で高齢者や幼い子どもが死亡、「暑さのせい」で終わらせてはいけない

愛知・豊田市の小学校で17日正午前、小学1年生の男の子が熱中症の疑いで救急搬送されたが、その後、死亡した。 17日の豊田市の最高気温は、37.3度だった。 東京・渋谷区の小学校では、体育の授業中に児童 …

原発事故後の日本を生きるために何ができるか

小出裕章講演会 長野県松本市 2013/6/09 「原発事故後の日本を生きる未来を担う子ども達に今できること」 大気中の放射能だけで、広島原爆の168発分も存在している。 原発関連施設は、安全のため都 …

不登校やひきこもりも「自分の人生を生きる」ための手段のひとつ

不登校やひきこもりも「自分の人生を生きる」ための手段のひとつだと考えたら分かりやすい。 「自分の人生を生きる」ということは、誰かと競ったり、自慢するためだったり、または誰かのために生きることではありま …

うつ状態の人にガンバレと言ってはいけない理由

実体験をもとに「うつ状態の人にガンバレと言ってはいけない理由」を考察した漫画に共感する人が続出しています。イラストレーターの汐街コナさんが、自身がうつっぽい状態に陥った経験から描いたものです。 むかー …

スポンサーリンク

スポンサーリンク