教育

学校任せだと子供の才能が潰れる根本理由 “8つの知能”に応じた学び方が必要

投稿日:11/06/2019 更新日:

日本の学校ではこのような理論研究に基づいた学習はほとんど行われてきませんでした。
何十年もの間学習スタイルは変わっていません。
授業研究にしても一律的な一斉指導ばかりで児童生徒の学習能力を伸ばすことはできていません。
その結果、わかる子は授業がつまらない退屈な時間になり、わからない子は忍耐と我慢を強いられますます劣等意識を強める時間になっています。
教員もただ与えられた課題をこなすだけ、いかに効率的に知識を伝えるかに終止して学びの楽しさを感じることができません。毎年行われている研究会で意味のない誰も使わない、次につながらない研究記録を作って「授業研究をしたこと」にしているのです。学校というところはこういうことにも無駄な時間と労力を使っていますが、誰もやめようという者はいません。「やめよう」と言っても無駄だとわかっているからです。
学校が子どもの才能を潰している理由はここにあります。

知能はIQのような単一のものではなく、8つある

8つの知能の概要は次の通りだ。

<8つの知能>
言語的知能……文字や言語を処理する能力が高く、読み書きが得意
論理数学的知能……物事の筋道を考えたり、因果関係を見つけたりすることが得意
音楽的知能……リズム感や音感がよく、音程やハーモニーを理解することは得意
身体運動的知能……運動能力が高く、体をコントロールすることが得意
空間的知能……空間を的確に認識する能力が高い
対人的知能……他者の気持ちや感情を理解し、良好な関係を築く能力が高い
内省的知能……自分の内面に向き合い、思索したり、表現したりする能力が高い
博物的知能……自然について理解したり、識別したりする能力が高い
たとえば、言語的知能が高い子は「言葉による学習」が得意で、空間的知能が高い子は「絵や図などにビジュアル化すると理解しやすい」といった違いがある。これが学校で提供される指導方法とマッチしないと、結果的に勉強につまずいたり、自分に自信を持って能力を伸ばしたりすることができなくなる。

学校任せだと子供の才能が潰れる根本理由
“8つの知能”に応じた学び方が必要

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-教育

執筆者:

関連記事

不登校対策としてまずは教員の対応の仕方を含めた環境改善が必要

いろいろな会に参加したり、保護者の方と話をしていると、教育現場と保護者の考え方のズレを感じています。 そのズレを縮めるには両者が同じ場所で納得いくまで話し合いを続けるしかありません。 話し合いの目的は …

12月23日「不登校を話そう!おはなし会」と「倉吉トトロの会」に参加

昨日は「不登校を話そう!おはなし会」と「倉吉トトロの会」に参加しました。 おはなし会は不登校を経験した若者たちが初めて企画した会でしたが、たくさんの方が来られ、思い思いのことを話すことができたと思いま …

なぜ小学校の先生を退職してまでこのような活動をしているのか?

下村さん、全く同感です。 私のめざすところも同じです。 全国にはすでに、下村さんの向かおうとしている場を作っている人たちもいます。 彼らと全国的なネットワークを構築して、さらに発展させ、全国に広げてい …

学校の宿題なんかしなくたっていい むしろ害になります

ほとんどの学校の宿題は「苦行」でしかありません。 学校の授業でちゃんと学んでいれば宿題なんてやる必要ないんです。 重たいカバンを背負って教科書やノートも持ち帰る必要はありません。手ぶらで行って手ぶらで …

4月の早い時期に「支援会議」や「個別の支援計画」の相談をしておきましょう

いよいよ新学期が始まります。 新年度を迎えて、各学校では新しい教職員で新体制でのスタートが切られました。 どんなクラスになるのか、新しい担任は誰なのか、学校の雰囲気はわが子に合っているのだろうか? 親 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク