健康

新型コロナの「指定感染症」は過剰。インフルエンザと同じ「5類感染症」にすべき理由

投稿日:25/12/2020 更新日:

今私たちにできること
医療従事者を守るために
これ以上倒産、廃業事業者を増やさないために
私たちの命を守るために
経済を回すために
一日も早く正常な日常に戻すために
一刻も早く指定感染症を5類に変更して、重症化を防ぐことに医療資源を集中するべきです。

新型コロナの「指定感染症」は過剰。インフルエンザと同じ「5類感染症」に

インフルエンザは終息しない。
肺炎や風邪も当たり前のように年中罹患する。
コロナもいくら待っても終息はしない。PCR検査をすればするほど「陽性者」は増える。ただし、「陽性者」はコロナ感染者ではない。
コロナの終息まで「新しい生活」を続けるというのは暮らしを破綻させることになります。
だから、コロナも早く季節性インフルエンザと同等の扱いにすべきです。

新政権はまず新型コロナ「指定感染症」の解除を

保健所が厚労省に「2類指定を外して」 体制の見直しで医療逼迫は一気に解消へ

数字でみるインフルエンザ

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-健康

執筆者:

関連記事

ここ数年の「発達障害ブーム」にはとても違和感と怖さを感じる

内海聡さんの意見にまったく同感です。 なんでもない子が精神科医によって障害児にさせられている。 さらに、それをクスリで治療するなんて? 発達障害なんてこの世に存在しないのに、医者が勝手に作りあげている …

PCR検査ではコロナに感染しているのかどうかの正確な特定判断は出来ない

「PCR検査は、ウィルスの遺伝子(断片でも)を検出するものであり、感染性ウィルスの存在を証明するもではない。」 (国立感染症研究所) こんな不確かな検査を基準にしていることがそもそもの間違いです。 つ …

原発事故後の日本を生きるために何ができるか

小出裕章講演会 長野県松本市 2013/6/09 「原発事故後の日本を生きる未来を担う子ども達に今できること」 大気中の放射能だけで、広島原爆の168発分も存在している。 原発関連施設は、安全のため都 …

子どものうつ病も本人ではなく、周囲の環境が原因で引き起こされている

子どものうつ病も本人ではなく、周囲の環境が原因で引き起こされています。 医者のいうままに子どもに薬物を投与することは、大変危険です。 必要なことは薬物治療ではなく、子どもが無理して周りに合わせるのでも …

大阪大学元総長 平野俊夫氏「なぜCOVID-19はこれほど恐れられているか?」

大阪大学元総長・平野教授によるコロナウイルスの解説です。 「インフルエンザでさえ毎年60万人の人が世界で死亡しているのに、なぜ新型コロナウイルス感染症は恐れられているのか? 季節性インフルエンザとなに …

スポンサーリンク

スポンサーリンク