21世紀の松下村塾

自己実現のひとつ「21世紀の松下村塾」は5月1日で2周年になりました

投稿日:07/05/2019 更新日:

「スティーブ・ジョブズの最後の言葉」としてSNSで拡散していますが、他人が書いたといわれています。
しかし、彼の言葉ではなくても今の心境と重なり心に刺さる言葉です。

大型連休といっても休めるのは国民の半分ほどなのですが、ようやく終わり日常が帰ってきてほっとしています。
やはり、イレギュラーなイベントは苦手で、メディアから流れてくる情報の渦の中にいると何もしていなくても疲れます。
なので、しばらく一方的なメディアから遠ざかっていました。
そして、今年は長かった花粉症地獄からも解放されて一安心です。

この間また新たな発見や気づきがありましたが、今後の生き方を考える機会にもなりました。
教員を退職してから自分のやりたいことをやる生き方を選択して10年が経ちましたが、この春は個人としても大きな節目を迎え人生の後半になりました。
そして今後は今まで以上に他人のためになることをしていきたいと強く思うようになりました。
「人は誰もが誰かのため何かのためになるために生まれてきた」というのが私の信条ですが、今年は年頭にそれを一つひとつ形にしていく「実現の年」と決めました。その中でも不登校、ひきこもり、障害の理解と支援に関することに力を入れて活動を続けていきます。現在さまざまな企画を計画しているところで、自分を必要とする人がいるならそれに協力していきたいと考えています。
周りにいるすべての人の存在や活動が励みになり、自分も誰かに必要とされていることが生きるモチベーションになっていることは確かです。
私塾として始めた21世紀の松下村塾は5月1日で2周年になりました。この場も自己実現の行動の一つです。
自分のさらなる価値に気づきそれを表現し伝え続けていくと改めて決心しました。
みなさん、これからもどうぞよろしくお願いします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



-21世紀の松下村塾

執筆者:

関連記事

21世紀の松下村塾で「宿題やっつけ大作戦」を行います

基本的に宿題をしなくてもどうってことはないのですが、2学期が迫って不安な親御さんはありませんか? 自由研究はどうするの? 読書感想文を書いていないんだけど? 絵も描かなきゃ、工作はどうしよう・・・ と …

「不登校」の子どもたちは、世界を救う可能性を秘めている

僕らは、社会に合わせるために生きているんじゃない! 僕は僕であるからいいんだよ。 東大先端研ROCKET PROJECT・中邑賢龍先生 「社会不適合」といわれる不登校の子どもたちは、世界を救う可能性を …

21世紀の松下村塾でやってみたいことをいっしょに学びませんか

あなたのことを必要としている場や人は必ずある。 そう考えてこれまでいろいろな方たちと出会ってきました。 学校に合わない子、社会と上手くいかなくて困っている人、それを世間では「不登校」だとか「ひきこもり …

保護中: 学校は何をするところか?「SCHOOL CRYSIS CATALOGをつくる」パート1

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

21世紀の松下村塾は自分の強みに気づいて自分らしさを発揮できる秘密基地

誰もが自分のやりたいことを持っています。 誰もがよくなりたい、学びたいと思っています。 誰もが「自分の強み」を持っています。 それに気づいていないだけで、可能性は無限大です。 21世紀の松下村塾は、そ …

スポンサーリンク

スポンサーリンク