「 月別アーカイブ:2018年02月 」 一覧

いじめの「学校調査」だけでは無理、「公平な第三者機関」が解消へ向けて活動をすべき

2018/02/28   -社会問題

女子生徒はすぐに担任に相談したが、「気のせいではないか?」と、やる気なくあしらわれ、助けを求める場もないと話し合って、学校に行くのをやめた。 教育委員会は「すでに相談済み」でなんの対応もなかったとのこ …

不登校の時間に旅をする選択 学校・教委も受け入れたある親子の教育法

2018/02/27   -教育

学びとは本人がどうしたいかで決めたらいいです。 学校も必要になったときに利用したらいいです。 駿くん 「今日は家で勉強したいので、学校を休みます。」 駿くんのお父さん 「学校のペースというのが駿に合わ …

日野 公三さんのいう「引きこもれる力」にまったく同感です

2018/02/27   -社会問題

日野公三さんの考えにまったく同感です。 ひきこもったっていいじゃない。 ひきこもりからの回復とか脱出とか、本人が求めていないのに、勝手に踏み込んでほしくない人だっているんです。 ほっといてほしい場合だ …

発達障害のある息子が1年間支援いらずだったA先生の話

2018/02/27   -教育

『発達障害&グレーゾーンの3兄妹を育てる母のどんな子もぐんぐん伸びる120の子育て法』著者・楽々かあさんこと、大場美鈴さんが、毎日当たり前のように、どんな子にも自然に行っていたA先生のスゴ腕の職人技を …

多様な学び実践研究フォーラムの理念を実現するために

2018/02/27   -教育

はあ~? 文科省が「不登校は問題行動ではない」といったら問題行動ではなくて、「問題行動である」といったら問題行動なんですか? それは文科省が決めることですか? はじめっから問題行動なんかじゃないよ。 …

学習指導要領って「国が子どもにさせたいこと」、ここが変だと思うけど

2018/02/26   -教育

2017年3月に改訂され、2018年度から移行が始まる小中学校の「学習指導要領」で、「小学校の外国語教育の教科化」のほか、全体として「主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニング)」を重視した学び …

2月の鳥取県議会でもハートフルスペースについての議題が取り上げられます

2018/02/26   -教育

鳥取県では今年度「不登校生徒等訪問支援、居場所づくり事業」として約3,000万円の予算が充てられています。 この事業は、鳥取県中・西部地区におけるハートフルスペース(教育支援センター)の立上げについて …

いじめ撲滅プロジェクト「BE A HERO」を知っていますか

2018/02/26   -教育

子どもの発達科学研究所がいじめ撲滅プロジェクト「BE A HERO」、いじめ予防プログラム「TRIPLE-CHANGE」というのをやっています。 対話型のデジタル教材「すらら」など、いろいろな取り組み …

学校の存在目的、存在価値とは何か?その理由を考えたことがありますか

2018/02/25   -教育

学校に行っている子は自分で何らかの理由を持っているのですが、理由がわからないけどなんとなく行っている子もいます。 「みんなが行くから」「親が行けというから」「それなりに楽しいから」「特に理由はないけど …

2019年4月に導入のデジタル教科書は自治体や保護者が費用を負担?

2018/02/24   -教育

視覚障害や識字障害などで紙の教科書を使った学習が困難な児童生徒は、全ての教育課程でデジタル教科書を使用できるようになります。 しかし、「デジタル教科書を正式な教科書と位置付ける」ことになりましたが、併 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク